日々の名残り~The Remains of the Days~

実在時間と体感時間

同じ一時間でも、退屈で何もすることがなく過ごすのと自分の好きなことに打ち込み過ごすのでは時間が過ぎるのが早かったり、遅く感じたりすると思います。
または、同じ30分でも朝の忙しい時間はアッというまで間でもっと時間が欲しいと感じるものの、あと30分で授業終了や仕事の退社時間または、何かを待っている間の時間(例えば電車や人)という時にはものすごく1分1分が長く感じることはないでしょうか?
このように実際は同じく流れる時間であっても実際の時間の経過と意識的または、体感的時間は異なることがほとんどです。
同じように、学生時代は長く感じたものの、社会人となり働きはじめた途端に時間の流れが速く感じるという方は、多いのではないでしょうか?
PPG_anteli-kunatokei-thumb-815xauto-13383.jpg
このような現象は実際19世紀フランスのポール・ジャネーという哲学者が「ジャネーの法則」として発案しています。
「ジャネーの法則」とは主観的に記憶される年月の長さは年少者にはより長く、年長者にはより短く評価されるという現象を心理学的に説明したものです。
分かりやすく言うと、生涯のある時期における時間の心理的長さは年齢の逆数に比例する(年齢に反比例する)という法則です。
例えば、50歳の人間にとって1年の長さは人生の50分の1ほどになります。
同じように5歳の人間にとっては5分の1に相当します。
よって、50歳の人間にとっての10年間は5歳の人間にとっての1年間に当たり、5歳の人間の1日が50歳の人間の10日に当たることになりますよね。
つまり、実際に体感する時間は若いころのほうが長く、年を追うごとに一年が短く感じますということです。
この法則以外にも毎日仕事の繰り返しや自分の時間がなく時間に追われて生きていると時間の経過が早くなるように感じます。
古来から、このように人は若いころの一年は長く、年を追うごとに1年が早く過ぎ去るように感じる体感時間で生きているというはご理解頂けましたでしょうか?
14110857verusaiyu2-thumb-autox600-18933.jpg
ですが、近年の高齢化によりこの法則に変化が起きているように感じます。
この法則が、提案された19世紀の平均寿命は世界的に60〜65歳でした。
定年まで働き、老後に数年生きて亡くなられる方が多く、法則通りの時間の流れを感じる方は多かったと思います。
しかし、高齢化により平均寿命は80歳を超え、健康寿命も70歳を超えます。
さらに、昔に比べると今の60代、70代の方は皆さん若々しく行動的な方が多いです。
それを証明するように観光地やスポーツジムにいらっしゃる方は高齢の方が多いです。
老後自由な時間を楽しむ方が増え、第二の青春を謳歌されていいます。
PAK95_sunadokei20141018123010-thumb-815xauto-17718_201509262242044ae.jpg
つまり、好きなことを楽しむ時間、自分だけの時間が増え、老後の体感時間が若いころのようにゆっくりとした流れに移り変わっているように感じます。それに合わせて、老後の人生設計はひと昔前よりも重要な位置付けへと変わっている気がします。
年々、高齢者の格差は広がっています。老後の設計は計画的に。
IMG_1816.jpg



秋田県ランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
↑1日1クリックで応援お願いします。



スポンサーサイト

Newest

Comment

Leave a comment

Designed by Akira.
Copyright © 日々の名残り~The Remains of the Days~ All Rights Reserved.