日々の名残り~The Remains of the Days~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

高額療養費って?②


①で高額療養費の基本的な仕組みは理解いただけたでしょうか?
http://twelve1200.blog.fc2.com/blog-entry-7.html

②では上手く高額療養費頂けるよう細かな仕組みを説明していきます。

一人だとあと少しで対象金額に届かない場合には。。。。

家族で合算できる仕組みもあります!!
一人だけでは対象にならなくても、家族で1か月にかかった医療費を合算できる
仕組みがあります。これを「世帯合算」といいます。
同じ健康保険に加入していることが条件ですが、病院の窓口などで、家族がそれぞれ
支払った金額
70歳未満の場合2,1万円以上あれば、世帯で合算することができます。

例:佐々木さん家族 7月の医療費
佐々木 太郎さん(被保険者)
入院の自己負担60,000円(医療費200,000円)対象○
外科の自己負担額24,000円(医療費50,000円)対象○
妻の佐々木 花子さん(被扶養者)
歯科クリニックの自己負担額 30,000円(医療費100,000円)対象○
眼科の自己負担額 15,000円(医療費50,000円)対象× 21,000円未満
世帯合算すると
 ↓
60,000円+24,000円+30,000円 
         ↓
高額療養費の対象となる金額114,000円
※つまり、高額療養費として貰える金額は32,770円となります。

長期入院通院毎月高額な医療費がかかってしまうそんな場合には。。。

多数該当者について負担を減らす仕組み
直近の12か月間に、三回以上高額療養費の支給を受けた場合、4回目からその月の
負担の上限額がさらに引き下がります

最後に注意点!!
※高額療養費は払い戻しのシステムなので一度窓口で自己負担額を支払い
申請を行い、その後口座に振り込まれるまで2,3か月かかります。


あらかじめ入院するのがわかっている場合は事前に「健康保険限度額適用認定証」を発行してもらうと健康保険証と一緒に入院先の医療機関に提出すると、高額療養費の前払いと同じ扱いになります。
つまり、入院の際にまとまった金額を準備にしなくて済みます。

IMG_0852.jpg
事前申請の制度を賢く利用してください。


秋田県ランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
↑1日1クリックで応援お願いします。
スポンサーサイト

Newest

Comment

Leave a comment

Designed by Akira.
Copyright © 日々の名残り~The Remains of the Days~ All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。