日々の名残り~The Remains of the Days~

高額療養費って?①


大きなけがや病気になった場合、入院費が大きな負担になりますよね。
あらかじめ、蓄えがあったり、備えがあればいいですが病気やケガはいつ自分の身に降りかかるかわかりませんよね。。。
本日は高額な医療費の負担を少なくなる制度のお話です。
IMG_0914.jpg

高額療養費制度とは?
1か月間で医療機関や窓口に支払った金額が一定額(自己負担限度額)を超えた場合、
その超えた金額高額療養費として給付してくれる制度です。

例えば、一か月の医療費が100万円かかり、病院で支払った金額が30万円だとすると
高額療養費として約21万円受け取ることができます。つまり、実際の負担額約8万7千円となります。

※協会けんぽの場合は自動的に還付されることはありませんのでもらいもれのないように!!

例:100万円の医療費で、自己負担(3割)が30万かかる場合
30万‐87,430円=212,570円
80,100円+(1,000,000円-267,000円)×1%=87,430円
212,570円が高額療養費として支払われるので自己負担額は87,430円となります。

支払われる額は?

年齢や所得に応じて支払われる上限が決まっています。
年齢は70歳以上か未満かを一つの目安となります。
所得については、上位所得者(標準報酬月額53万円以上)、一般所得者
低所得者(住民税非課税の方)と3段階に分かれています。

医療費の自己負担限度額(70歳未満の場合)

注意点
高額療養費の対象となるのは公的医療保険で受診した医療費に限られるということです。
以下のものが対象外となります。
・先進医療・入院時の食事代・差額ベッド代
しかも、個人ごとに、医療機関別、入院外来別で合計額を出します。
計算の対象となるのは1か月(1日から末日)単位で区切られます。
②に続きます。


秋田県ランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
↑1日1クリックで応援お願いします。

スポンサーサイト

Newest

Comment

Leave a comment

Designed by Akira.
Copyright © 日々の名残り~The Remains of the Days~ All Rights Reserved.