日々の名残り~The Remains of the Days~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今週の映画〜時系列トリック〜

ここ数日、日が暮れると肌寒いですね。
今年は暑くなるのが早かった事もあってか、残暑はあまり厳しくないのでしょうか。
秋の夜は涼しく家でゆっくりと読書やDVDを鑑賞するには打って付けですよね。
本日ご紹介するのは「時系列トリック」を楽しめる名作映画です。
通常の作品とは違い構成が複雑で、現在・過去・未来という時系列が入り乱れた内容の作品たちです。
わかりやすくいうと「起承転結」が「結承転起」のような流れになっている作品です。
一瞬目を離すと訳が分からんなることもある内容ですが、ハマる方はハマります!

yuu.png

メメント
あらすじ
前向性健忘(発症以前の記憶はあるものの、それ以降は数分前の出来事さえ忘れてしまう症状)という記憶障害に見舞われた男が、最愛の妻を殺した犯人を追う異色サスペンス。ロサンジェルスで保険の調査員をしていたレナード。ある日、何者かが家に侵入し、妻がレイプされたうえ殺害されてしまう。その光景を目撃してしまったレナードはショックで前向性健忘となってしまう。彼は記憶を消さないためポラロイドにメモを書き、体にタトゥーを刻みながら犯人の手掛かりを追っていく……。
私がこういった時系列トリックものにはまるきっかけになった作品です。
数年前に夜中に見ていたのですが、鑑賞してから大興奮でした。午前三時のことでした。

dfdfv.png
バンテージ・ポイント
あらすじ
シークレットサービスのトーマス・バーンズ(デニス・クエイド)は、同僚のケント・テイラー(マシュー・フォックス)とともに、スペインのサラマンカで開催される首脳会談に出席するアシュトン米大統領(ウィリアム・ハート)の警護にあたっていた。サラマンカ到着直後、大群衆を前に広場でテロ撲滅のスピーチを行うアシュトン大統領が突然、何者かに狙撃される。パニック状態に陥った広場の中で、狙撃の瞬間を目撃した8人は……。
登場人物8人それぞれの視点で物語が進んでいきます。
純粋にアクション映画としてもクオリティーが高いです。
gygopj.png
ミスター・ノーバディー
あらすじ
2092年、化学の進歩で不死が可能となった世界で、118歳のニモ(ジャレッド・レトー)は唯一の命に限りある人間だった。ニモは記憶をたどり昔のことを思い出す。かつて9歳の少年だったニモの人生は、母親について行くか父の元に残るかの選択によって決まったのだった。
人生には色々な分岐点があります。この作品は、もしあの時別の選択をしていたら。。。というような内容です。
映像美も見どころです。個人的好きな映画ベスト10に入っています。

4140SYE1VEL.jpg
オープン・ユア・アイズ
あらすじ
第11回東京国際映画祭でグランプリに輝いたサスペンス。ある男がたどる、夢と現実が曖昧になる恐怖をサスペンスフルな展開で描く。悪夢と現実の狭間の喪失感を表現したスタイリッシュな映像、そして疾走感溢れる謎めいたストーリーが秀逸。ハンサムで自由な恋愛を楽しみ、裕福な生活を送る青年セサル。しかし彼の人生は交通事故で一変。顔は醜く変貌し、恋人からも冷たくされる。そんな中、不可能とされた手術は成功し、全ては元の幸福な生活へと戻ったかに見えたが...。
この映画自体はスペイン映画なのですが、作品に惚れ込んだトム・クルーズが気に入り、
自分主演で「バニラ・スカイ」という名前でリメイクしています。(ペネロペ・クルスと共演するのが目的であったという疑惑も。。。)
個人的には元祖のほうが好きです。
ペネロペクルスが物凄く綺麗なので男性の方はその為だけに見ても損はないと思います。


気になる作品があればぜひご鑑賞してみてください。
IMG_1354.jpg


秋田県ランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
↑1日1クリックで応援お願いします。




スポンサーサイト

Newest

Comment

Leave a comment

Designed by Akira.
Copyright © 日々の名残り~The Remains of the Days~ All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。