日々の名残り~The Remains of the Days~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジェネリック医薬品を紐解く

最近、病院に行くと昔は言われなかったこんなセリフを必ず言われます。
ジェネリックにしますか?」
「ああ、特許が切れて普通よりも安くて同じ成分の薬のことでしょ?」ぐらいの知識は皆さんお持ちだと思います。
本日はより掘り下りげてジェネリック医薬品の話をしていきたいと思います。
ELL89_inochikanjiru-thumb-815xauto-15108.jpg
先発医薬品と後発医薬品
薬には大きく分けると先発医薬品と後発医薬品とがあります。
先発医薬品とは、最初に開発・承認・発売された、従来になかった薬効成分を持つ医薬品のことで「新薬」とも呼ばれます。
新薬を開発した企業には、医薬品そのものやその製造方法に20~25年の特許権が与えられ、その薬を独占的に製造・販売することができます。
利益率が高い商品ですが同時に開発に時間とお金がかかるため、大手の医薬品メーカーに限られるケースがほとんどです。

一方で後発医薬品とは、特許期間が満了した新薬を厚生労働省の承認のもと、ほかの医薬品メーカーが作った同一の成分で同じ効果のある薬のことを指します。
これがつまり本日のテーマのジェネリックです。名前は薬の有効成分名を指す一般名(generic name)に由来しています。
PAK75_karutemitenayamu20141025131412-thumb-815xauto-18291.jpg
ジェネリックが安い理由は?
先に述べた研究開発費の関係もありますが、それを考慮した国の規定があるというのが大きなポイントです。
※医薬品の薬の価格は国が決めています。
ジェネリック医薬品の薬の価格は、基本的には以下の方法で算定されています。
①新しくジェネリック医薬品が発売になる場合⇒新薬の7割の価格

②これまで発売されたジェネリック医薬品が合計で20品目以下の場合 ⇒一番安いジェネリック医薬品と同一価格

③これまで発売されたジェネリック医薬品が20品目を超える場合 →原則として一番安いジェネリック医薬品の9割の価格

また、発売後は、2年に一度の診療報酬見直しの際、薬の価格も同じように改定されるので、徐々に価格は安くなっていきます
改定後の価格は、取引されている卸売価格に合わせる形でどんどん下がって行きます
つまり、同じ成分、同じ効果の薬が増えるほど、薬の価格は下がるということです。
OZPA87_shinsatusuruisya20140321-thumb-815xauto-17132.jpg
メリットとデメリット

メリット
とにかく安い!!ただでさえ抑える医療費の中で対節約効果が最も高い。
さらに、利用者だけではの問題ではなく、高齢化により上がり続けている国民医療費の抑制にも繋がります。
そのため、近年、厚生労働省はジェネリック普及に力を入れています

デメリット
全く同じ薬ではない!主成分は一緒でも添加剤などが違います。
そのため、全く同じ効果が得られるとは限らない
・ジェネリックが普及することでリスクのある新薬開発をする企業が減り、確実に利益の上がるジェネリック開発する会社ばかりが増える
・ジェネリック開発には安全性の試験がないため、品質に差がある事も。
そのため、厳密なコントロールの必要な抗てんかん薬や基剤の違いのある軟膏・クリーム類などは効力に差が出る可能性がある。
PAK86_kusaikonohito20131223-thumb-815xauto-17149.jpg

処方箋をよく見るとジェネリックに変えないほうがいい薬を医師が表記していますのでチェックしてみてください。
ここまで話してきましたが、薬というものはすべての人間に平等な効果のあるものではないので既存の薬が合う方もいれば、
ジェネリックが合うという方もいるので医師の勧める差し支えないものに当たっては一度ジェネリックに変えてみるのもいいかもしれません。


IMG_1355.jpg


秋田県ランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
↑1日1クリックで応援お願いします。






スポンサーサイト

Newest

Comment

Leave a comment

Designed by Akira.
Copyright © 日々の名残り~The Remains of the Days~ All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。