日々の名残り~The Remains of the Days~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

もし、火事で隣の家からもらい火をされたら・・・・。

実は、隣の家が火事になり、もらい火になった場合相手に損害賠償請求ができないことをご存知でしたか?
kazu96_kagaribi-thumb-autox600-17961.jpg
故意または過失によって火事を起こして他人に損害を与えた場合、本来であれば民法第709条に規定する不法行為に基づく損害賠償責任を負うことになります。
しかし、昔から日本では木造の建物が多かったため、類焼の危険性があること、また失火者自身も通常、自己の建物を焼失し損害を受けており、損害賠償責任を負わせるのは酷であるという考え方から、「失火ノ責任ニ関スル法律(失火責任法)」が定められ、失火者の責任が緩和されています。
つまり、自分の家が燃えてしまっただけでも悲惨なのにそれに損害賠償請求までされたら可哀想なのでそこは謝罪だけで許してあげてください。ということです。
AL202syazai520140830164224-thumb-815xauto-17578.jpg
ですから、自分の家は自分の火災保険でしっかりと守らなければいけません。
忘れがちな火災保険の見直しを!!
※火災保険10月に大幅値上げするのでその前に!!
N745_sentakumonogahosaretaminka-thumb-815xauto-14614.jpg
アパートも同様です。
アパートの場合は、入居時に強制加入させれることがほとんどですが、「火事なんて起こさないし、お金がもったいないと」途中解約、契約更新をしない方が案外多いです・・・・。
大家さんに言われるがまま入った保険は補償が小さかったり、保険料が高い場合もありますので見直しする事で固定費を浮かすことが可能かもしれません。

IMG_1243.jpg

秋田県ランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
↑1日1クリックで応援お願いします。
スポンサーサイト

Newest

Comment

Leave a comment

Designed by Akira.
Copyright © 日々の名残り~The Remains of the Days~ All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。