日々の名残り~The Remains of the Days~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

残クレってお得なの?

最近、新しい車の購入方法として定着しつつある「残価設定クレジット」通称残クレですが、残クレの仕組みについて皆さん本当に理解できているでしょうか?
なんだか車のディーラーさんがお得と言ってるからや月々の支払いが少ないから絶対お得と思っているととんだ落とし穴があるかもしれません。
VER88_keitaimachiuke15150305-thumb-815xauto-17300.jpg

まずは残クレとは?
残クレ(残価設定型クレジット)は車の購入代金から、3年~5年後の下取り価格をあらかじめ差し引いた金額でローンを組む仕組みです。
残クレはいわゆるローンの一種で、一定の期間車を借りるリース契約とあまり変わりがありません。
この「残価」とは分割支払いが終了した時点の車の残っている価値のことです。
例えば、3年のクレジットを組んだ場合、「残価」は3年後の買取価格を意味しているわけです。
3年後の残価率設定はおよそ40~50%です。
つまり、3年後の買取りを前提として先に買い取り価格を割引した金額が支払総額になるので総支払額が少なくなる分月々の支払いももちろん安くなるということです。
家で例えると普通のローンがマイホーム購入、残クレが賃貸といった感じです。
payment_zanka_01.pngトヨタ自動車出典

残クレができた背景
消費者目線では車に対する意識が大きく変わったのが一番の要因です。車ってお金がかかるから必要ないという方が増えたり、若者を中心に車の必要性の少ない都市部への移住が増えたこと、さらに、不況の影響もあり若者が車を買うのを控えている状況だったり、買いたくても買えないという現実があるからです。

一方、企業目線では若者でも車に乗る敷居を下げることができ新車購入が増え、さらに数年後には優良な下取り車が必ずディーラーに入るという一連の流れができるという大きなメリットがあります。
PP_kurumahead-thumb-815xauto-12645.jpg
では、残クレのメリット・デメリットとは?
メリット
・毎月の出費を軽減できる
・ライフスタイルに合わせて車を乗り換えできる
・購入時にまとまったお金が必要ない
・.次々と新しい車に乗れる
・中古車買取相場ニーズなどに影響されず、数年後の下取り額は保証されている


デメリット
・乗り続ける場合は結局支払いが続く(買い取る場合、トータルで損をする)
・返却時の車両状態によってはペナルティが付く(距離数や車体の傷によって)
・分割支払い終了後は車の返却、乗り換え、乗り続ける場合は支払いの3択を決められた時期までに決めなければいけない
・結局借り物なので気を使う
・乗り続ける場合にしても途中解約にしても支払いは永遠に続く

PAK42_amenohinokuruma20130915_TP_V1.jpg

まとめ
何かしらの計画や目的(例えば、3決まった期間しか車を必要としない、ワンランク上の車が欲しいが月々の出費を抑えたい)があるなら、現実的に月々の支払いは安くなるのでお得と言えます。
ただし、銀行でローンを組める方や10年以上など長く乗りたい方などは普通にローンを組んだほうがトータルで安くなりますのであまりオススメはしません。
また、本当に出費を抑えたければ中古車を買う手もあります。
車を買う際は、短期間の支払いのことよりも長期的な支払総額を考えることが大事かと思います。
IMG_0867.jpg


秋田県ランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
↑1日1クリックで応援お願いします。


スポンサーサイト

Newest

Comment

Leave a comment

Designed by Akira.
Copyright © 日々の名残り~The Remains of the Days~ All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。