日々の名残り~The Remains of the Days~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今週の一冊~彼女はまだあの夜の中にいる。~

道端で出会ったノラさん
20170128_025331000_iOS 1
「夜行」 森見登美彦
完読しました。
20170128_023810000_iOS.jpg

あらすじ
僕らは誰も彼女のことを忘れられなかった。

私たち六人は、京都で学生時代を過ごした仲間だった。
十年前、鞍馬の火祭りを訪れた私たちの前から、長谷川さんは突然姿を消した。
十年ぶりに鞍馬に集まったのは、おそらく皆、もう一度彼女に会いたかったからだ。
夜が更けるなか、それぞれが旅先で出会った不思議な体験を語り出す。
私たちは全員、岸田道生という画家が描いた「夜行」という絵と出会っていた。
旅の夜の怪談に、青春小説、ファンタジーの要素を織り込んだ最高傑作!
「夜はどこにでも通じているの。世界はつねに夜なのよ」
(「BOOK」データベースより)


残念ながら直木賞は逃してしまいましたが、まさに森見登美彦の集大成といえる作品に仕上がっています。
ゾワゾワするホラー要素と謎めいたストーリー展開。
読者の想像力にゆだねるような深みのある作品です。
夜中に読む際はお気をつけて・・・。
深い夜の闇に取り込まれるかもしれません・・・。
一気読みしたくなるタイプの小説です!
好きな人は好き、嫌いな人は嫌いな独特の森見節は控えめですがファンタジー要素のホラー小説という感じなので好みは分かれそうです。


秋田県ランキングへ
↑1日1クリックで応援お願いします。

にほんブログ村
↑1日1クリックで応援お願いします。


スポンサーサイト

Newest

Comment

Leave a comment

Designed by Akira.
Copyright © 日々の名残り~The Remains of the Days~ All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。