日々の名残り~The Remains of the Days~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ミニマリストについての考察


昨年、ニュースやテレビ、新聞でよく耳にした「ミニマリスト」という言葉。
昨年の流行語大賞にノミネートされるほど話題になりましたが、今年はまったく聞きませんね。
IMG_8042.jpg
そもそも、ミニマリストとは、最低限度の要求を掲げる社会主義のことを指すそうです。

私がメディアで見たミニマリストは、洋服なら同じシャツ、パンツ、ジャケットのセットを3セットしか持たない。
家の中に、テーブル一つだけしか置かない。
そして、その他の物は、必要ないから捨てたと言う自称ミニマリストたちでした。

物が溢れた時代に、あえて必要最低限のものしか置かない。
それがまるで素晴らしいことであるかのように、メディアは取り上げていましたが、私は違和感しか覚えませんでした。
しかし、世の中には、そんなメディアの情報操作に踊らされ、ミニマリストの仲間入りをした人も少なくないのが事実です。
そして、自分たちの生き方こそ正しいと主張し、ミニマリストでない人を意識の低い人間と蔑み、仲間を増やし、メディアもそれに同調していました。
IMG_8038.jpg

消費をしないミニマリストが世間に浸透したら、経済に悪影響を与えることは間違いないはずであるのに、なぜメディアはミニマリストをまるで素晴らしいもののように、取り上げたのでしょうか?

これは、私なりの解釈になりますが、不景気で、物が売れない時代である現代社会において、どんなに素晴らしい新商品があっても、今現在使っているものが壊れてしまわない限り、無駄な消費と考え、新しいものを買いません。
そして、多くの家庭では、一通りの家財、家電を買ってしまえば、そこから消費は少なくなります。
IMG_8043.jpg

ならば、物が溢れた状態をリセットしてしまえばいい。
そうすれば、便利なものに慣れてしまった現代人は、物がない不便さに耐えられず、新たに買い直すだろう。
そのために、利用されたのが、「物を持たない暮らしが素晴らしい」と唄うミニマリストという生き方です。
おそらく、メディアに踊らされ、ミニマリストになった方の多くは、もう既に、物のない不便さに耐え切れず、捨てた物と同量、または、それより多い消費を重ねていることでしょう。
そして、「なくなって初めて、◯◯◯の便利さに気づいたよ。」なんて言いながら自分がまんまと踊らされたことに気づいてか、気づかずか、笑っていることでしょう。

ちなみに、画像の部屋は引っ越し途中の私の部屋です。


秋田県ランキングへ
 ↑1日1クリックで応援お願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
↑1日1クリックで応援お願いします。
スポンサーサイト

Newest

Comment

Leave a comment

Designed by Akira.
Copyright © 日々の名残り~The Remains of the Days~ All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。