日々の名残り~The Remains of the Days~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

熊に関するあれやこれ

IMG_1529.jpg
秋田県では、熊被害や熊の目撃情報が連日ニュースで流れています。
ちなみにうちの近所の山にも熊います。
IMG_1525.jpg
今日は、熊に関するあれやこれを書いていきたいと思います。
現在、世界には8種類のクマがいます。
その8種類のうち、日本では、北海道に生息するヒグマと、本州以南に生息するツキノワグマの2種類のクマがいます。
IMG_1540.jpg
環境省の調査によると、北海道の約55%の地域はヒグマが、本州の約45%の地域にはツキノワグマが生息しているそうです。
本州以南に生息するツキノワグマは本州と四国の33都道府県に生息しています。
つまり、ほとんどの県に熊が生息していることになりますね。
そりゃ、ある日~♪森の中~♪熊さんに出会うわけです。
ちなみに熊本県に熊はいません。いるのは、くまモンだけです。
frghgf.png
クマの知能はイヌと霊長類の間とも言われ、知能が高く記憶力・類推能力に長けています。
人より早く走れる。泳ぎ・木登りが得意。(つまり出会ったら逃げられない!)
•朝夕の薄暗い時間帯がクマの採食時間と言われていて、クマは肉食獣の一種ととらえられがちだが、実はネコ科の雑食性で、しかもドングリ等の木の実を主食とする。
IMG_1542.jpg
知床の熊(ヒグマ)は、お土産として有名な木彫りの熊のようにイメージとは違い意外にサケを食べず、栄養源に占めるサケの貢献は5%程度に過ぎないそうです。
本州のツキノワグマは「共食い」を積極的にするほど食欲旺盛。
dsddfd.jpg
熊が人を襲う理由は、
1.食べる目的 2..戯れ苛立ちから襲う 3..人をその場所から排除するために襲う
の三つで、一度人の味を覚えた熊はまた人を襲うそうです。

無題
熊に遭遇して撃退したというエピソードがありますが、その大半は冬眠明けの春の熊で、体力が低下しているのでなんとか撃退できたというものが多く、夏や秋に遭遇するとジエンドです。
熊に出会いたくなかった山に近づかないというのが鉄則です。


熊の豆知識
無題
1.動物園のクマは冬眠しない!
熊が冬眠するのは、冬の寒さが厳しく、食糧が不足することから冬眠してエネルギーを保存して置く為です。
ですから、ある程度温度管理され、食料が確保された動物園では冬眠しません。
fg_201607202006513c4.jpg
2.熊は、本当に蜂蜜が好き!
「蜂蜜食べたいなぁ~!」と連呼する黄色い熊プーさんのイメージで熊=蜂蜜が好きが定着していますが、実際に熊は蜂蜜が大好きで蜂に刺されようが構わず蜂蜜を貪ります。
中国では縁起物として熊の手が食べられ、高級食材として珍重されています。
これは熊は手を使ってハチミツを食べることからクマの手はとても美味しいという噂が広まったものと言われています。
手に蜂蜜の味がしみこむほどに熊は蜂蜜が好きということですね。
dfdsdsdsdd.jpg
3.シロクマの毛は、白くなく実際は無色透明である。
ホッキョクグマの毛は透明で、泡状のたくさんの穴があり、毛の芯は空洞になっています。
この透明な毛を通過した光が黒い皮膚で反射され、反射光と太陽光がたくさんの穴と空洞に当たって乱反射することで「白く」見えているそうです。
kjhgfdshgfsf.jpg
4.日本の山にもシロクマがいる!?
岩手県の北上山地では、非常に珍しいツキノワグマのアルビノ種が数体見つかっているそうです。
専門家によると遺伝的劣化進んでいるせいではとのことです。
本当のシロクマは実は透明色だったので、この岩手で発見された熊こそ真のシロクマなのかもあしれません。
ees.png
5.テディベアの名前の由来
クマのぬいぐるみといえば、テディベアですよね。
長年世界中から愛されるテディベアの名前の由来にはこんなエピソードがあります。

1902年のこと、当時のアメリカ大統領であるルーズベルトは趣味のクマ狩りに出かけました。
その日は、あいにくクマを仕留めることができていなかったのですが、傷を追った子グマを猟犬が追い詰めていました。
従者は、大統領を呼びクマを仕留めるよう促しましたが、ルーズベルトはこれを拒否しました。
「瀕死のクマを撃つのはスポーツマン精神に反する」というのがその理由でした。

このエピソードが、新聞で紹介され、セオドア・ルーズベルトのニックネームである「テディ」の名を冠したクマのぬいぐるみが売りだされ、アメリカ中でブームが起こり現在まで続く人気となりました。
ここで終われば、美談なのですが、この話には続きがあって、確かにルーズベルトは瀕死の子グマを撃つことは拒否しましたが、同行していた記者たちに見えないところで、従者の一人に熊を撃つように命令していたそうです。
嘘をつかない政治家はいないのでしょうか?
無題
いかがでしたでしょうか?
熊の話題になったら是非ご活用ください!
最後にクマのプーさんの名言から一言。
「みんなが来るのを待ちながら、森の隅っこに居続けるわけにはいかない 。たまには、自分からみんなのところにいかなくちゃ。」
山から下りてくる熊もこんな心境なのかもしれないと思うと少し恐怖心も和らぐ・・・気がしますか?
私は微塵もしません!では!

kkkkkf.jpg

秋田県ランキングへ
↑1日1クリックで応援お願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
↑1日1クリックで応援お願いします。


スポンサーサイト

Newest

Comment

Leave a comment

Designed by Akira.
Copyright © 日々の名残り~The Remains of the Days~ All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。