日々の名残り~The Remains of the Days~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

少額訴訟をご存知ですか?

昨日に引き続き、訴訟の話です。
訴訟というと敷居が高くて手続きがめんどくさいかったり、費用が掛かるからと敬遠する方が多いと思います。
少額負担、短期間で訴訟できる訴訟制度をご存知ですか?
少額訴訟」という60万円以下の比較的少額のお金を回収するために設けられた制度があるんです。
本日、ご紹介するのは通常の裁判より簡単にそして負担額が少なく利用することができる制度「少額訴訟」の説明です。
PAK86_hanrasenkaidanjinsei-thumb-815xauto-15904.jpg
少額訴訟とは?
60万円以下の請求に限って裁判所を利用することを可能にする制度で、通常の裁判より簡単に、かつ面倒な手続きが少なくすぐに終わります。
少額訴訟という制度が設けられた趣旨は、少額の債権を回収する場合、通常の裁判では時間も費用もかかってしまい訴訟を起こす方の負担が大きいため、少額のお金の回収に限り、簡単で費用をおさえつつかつすぐにお金を回収することを可能にする為です。
その為、弁護士に依頼する必要がなく法律知識がなくても訴状を簡単に作成できます。
さらに、簡易裁判所で裁判官や書記官が進め方をアドバイスしてくれるので、迷わずに手続きを進めることができます。
費用も5000円〜7000円ほどで仮に強制執行(差し押さえ)したとしても、1〜2万円程度しかかかりません。
時間も訴訟を裁判所に提出する申立てから審理をして判決が出るまで2ヶ月ほどと比較的短期間で済みます。
PAK86_kusaikonohito20131223-thumb-815xauto-17149.jpg
では、少額訴訟はどんな場合に使えるのか?
・業務委託契約をしたのに業務委託料を支払ってくれない場合
・広告掲載契約をしたのに広告費を支払ってくれない場合
・.お金を貸したのに返してくれない場合
・商品を販売したのに代金を支払ってくれない場合
・.敷金を返してくれない場合
・勤務しているのに会社が給料を支払ってくれない場合
・交通事故に遭った場合に物損について損害を賠償してくれない場合
・そのほか、労働問題や離婚問題にも使えます。

上記のような場合に、ご活用ください。
PAK82_syoruinidamedashijyoushi20140125_TP_V.jpg
少額訴訟に必要な書類
訴状(パソコンで雛形をダウンロードできるので記載例を参考にして簡単に書けます。)
登記事項証明書(相手が法人のときのみ)法務局で500円ほどで発行できます。
訴状副本(訴状のコピーです。)訴訟する相手の数だけ必要になります。
証拠資料(•契約書•請求書•見積書•領収書•メール文のコピー•電話の録音)
少額訴訟で勝訴して証拠がないとお金を回収することが難しくなるかもしれません。

少額訴訟の流れ
①訴状の提出

②期日の連絡

③事前聴取

④答弁書を受け取る

⑤法廷で審理が行われる

⑥判決

もし支払ってくれなければ差し押さえ(少額訴訟債権執行)!
OZP88_jojopose01-thumb-autox600-15992.jpg

少額訴訟債権執とは?
判決が出た時点で支払ってくれればいいのですが、相手が支払わない可能性があります!!
その場合、少額訴訟判決(もしくは和解)をした簡易裁判所の裁判所書記官に申し立てると相手の銀行口座等を差し押さえることができます。

最後に少額訴訟の注意点
・少額訴訟は年間10回しかできない、という回数制限があります。
・少額訴訟は請求先が通常訴訟を希望すれば通常訴訟へ移行してしまうリスクがあります。
難しい案件を少額訴訟すると一回で終わらず、長期化する恐れがあります。
・証拠が少なかったり、言い分がはっきりしないような勝ち目の薄い事件を少額訴訟に持ち込んではいけません。

万が一、自分が被害を被った際は、こういった制度がある事を思い出して頂けると幸いです。


IMG_0932.jpg

秋田県ランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
↑1日1クリックで応援お願いします。
スポンサーサイト

Newest

Comment

Leave a comment

Designed by Akira.
Copyright © 日々の名残り~The Remains of the Days~ All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。