日々の名残り~The Remains of the Days~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

色彩は、それ自体が、何かを表現している。

IMG_5373.jpg
本日は、なかいちエリアから秋田駅前をブラブラしてきました。
ジュンク堂に行き、秋田市立千秋美術館に行ってきました。
ジュンク堂は秋田県内の本屋さんの中でおそらく一番の品ぞろえがあり、専門書も充実しているので一日居ても飽きません。
本日は、この3冊を購入。
GGGGH_20160430200152a4a.jpg
千秋美術館では、「もうひとつの輝き 最後の印象派」という企画展が開催していました。
GGHHGG.jpg
印象派とは、19世紀に広まった絵画で、写実的に描くのではなく画家が受けた印象を表現し、画家それぞれの個性を色濃く映し出した画風です。
代表的な作家は、ルノアールやモネ、ゴッホセザールなどです。
uuu_20160430200150f2b.jpg
UYT.jpg
今回の企画展では、印象派の影響を大きく受けつつ、親しみやすく、自然の色鮮やかさを美しく描いた20世紀初頭パリで活躍した画家たちの作品展です。
IMG_5411.jpg
柔らかい色合いの作品や自然の美しさを描いた作品が多数でした。
あまり、美術や絵画に明るくない私でもわかるくらいに。
帰りにポストカードを購入
本の栞に使います。
IMG_5415.jpg
皆さんご存知「ゴッホのひまわり」
IMG_5414.jpg
今回の企画展の作品の中で私が一番気に入ったエミリー・クラウス「リス川の夕陽」と「霞に煙るリス川」
5月29日まで開催していますので、皆さんもぜひ行ってみてください。

IMG_5408.jpg
ちなみにすぐ近くの秋田県立美術館では、「平野政吉コレクション展」を開催しております。
IMG_5371.jpg


秋田県ランキングへ 
↑1日1クリックで応援お願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
↑1日1クリックで応援お願いします。






スポンサーサイト

Newest

Comment

Leave a comment

Designed by Akira.
Copyright © 日々の名残り~The Remains of the Days~ All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。