日々の名残り~The Remains of the Days~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

梅は咲いたか、桜はまだかいな。

IMG_5014.jpg
ようやく秋田県内でもちらほらと桜が咲いてきている模様です。
IMG_5011.jpg
このペースでは、GW前に散ってしまうのでは・・・という懸念もあるそうです。
IMG_5009.jpg
観光関係者やイベント関係者からすると早すぎる春の訪れは、あまり喜ばしいことではないようですね。
IMG_5017.jpg
春といえば、旅立ちと別れそして出会いの季節ですよね。
今日は、旅立ちや出会いに関する映画をご紹介します。
無題
ストレートストーリー

あらすじ
実話を元に、デイヴィッド・リンチ監督ほか名スタッフや名優たちが集結し製作されたロードムービー。73歳のガンコな老人・アルヴィンは、長く仲違いをしていた兄に会うため、時速8kmのトラクターに乗って旅に出る。“ハッピー・ザ・ベスト!”。
「キネマ旬報社」データベースより

まったりと楽しめるロードムービーです。
心が疲れた時に見ると心温まる一作です。
同じような内容で「白い犬とワルツを」という小説もおすすめです。

ghgfd.png
僕を探しに

あらすじ
幼い頃に両親を失ったポールは、ショックで言葉を話すことができなくなった。そんなポールを育ててきたのは、風変わりな姉妹の伯母たち。二人はポールを世界一のピアニストに育てようと必死だった。ある日、ポールは同じアパルトマンに住むマダム・プルーストと出会い、不思議なハーブティーを勧められる。それは、失われた記憶を呼び覚ますための“魔法"。一口飲んだとたん、赤ん坊の頃の幸せな記憶が、奇妙な夢のように浮かび上がってくるのだった。その日から、ポールは伯母たちに隠れてマダムの秘密の部屋を訪れるようになり、固く閉ざされた心は少しずつ開放されていく。しかし、それは同時に、心の奥にしまった痛ましい記憶も蘇らせてしまい…。
「キネマ旬報社」データベースより

フランス映画の独特奇妙な雰囲気が楽しめます。
アメリみたいなおしゃれ感じと独特のファンタジー要素が楽しめる作品です。
有名ベストセラーと同じタイトルですが一切関係ありません。
fghyjhg.png
小説家を見つけたら

あらすじ
バスケットボールのプロ選手を目指す、ブロンクスに住む16歳の高校生ジャマール。
彼には隠れた文学の才能があった。
偶然か運命の導きか、彼が見つけたのは、40年前ピューリッツァー賞に輝いた処女作一作だけを残して文壇から消えた幻の大作家、フォレスターだった。
少年に文学の才能を見出した大作家は彼の導き手となると同時に、自らも、心閉ざして生きてきた人生に向き合うことになる・・・。
「キネマ旬報社」データベースより

「グッド・ウィル・ハンティング」が好きな人は絶対好きな映画です!
ショーン・コネリーがすごいいい味出してます。
1つの出会いによる無限の可能性や人生への影響力を教えてくれる一作です。
ghjkjhgfd.jpg
列車に乗った男

あらすじ
フランスの田舎町を舞台に、毎日平凡な生活をおくる孤独な教師マネスキエと、訳あって当てもなく列車の旅を続けるミランが出会い、そこで芽生えた2人の奇妙な友情を描いた作品。

主演二人の会話の掛け合いが個人的にすごく好きです。
まったく自分と正反対なタイプ人間との出会いこそ、得るものは大きいのかもしれませんそんなことを感じる作品です。
作中出てくるアラゴンの詩がすごい好きです。
ちなみに作中ほとんど列車は出てきません!

IMG_5022.jpg

秋田県ランキングへ 
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
↑1日1クリックで応援お願いします。













スポンサーサイト

Newest

Comment

Leave a comment

Designed by Akira.
Copyright © 日々の名残り~The Remains of the Days~ All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。