日々の名残り~The Remains of the Days~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

君の膵臓をたべたい~すい臓がんの恐怖~

IMG_3718.jpg
先日、全国32のがん専門病院で作る「全国がん(成人病)センター協議会」ががん患者の10年生存率のデータを発表しました。
今までは、5年生存率のみでそれががん患者にとって一つの目安とされてきました。
しかし、今回の発表で、肝臓がんや乳がんなど、がんの種類によっては、5年以降も生存率が下がることが初めて数字で裏付けられました。
がん全体の10年生存率は58・2%と思いのほか高い数値ではありますが、部位によりその差は大きいです。
PK2016012002100017_size0.jpg
画像URL
この表を見て最も驚くのは、すい臓がんの生存率です。
レベル1でも30%を切り、全体では5%と全部位で断トツのトップです。
がんの王様とも呼ばれるすい臓がんとはいったいどんなものなのでしょうか?
rrrffgg.jpg
すい臓という臓器
臓器の中でも比較、印象の薄い臓器であるすい臓。
なじみは少ないものの実は重要な臓器です。
胃の裏側、おなかの奥深いところに位置にあり、正面から見て左右約15cm、上下約3~5cmに厚さは2~3cmの細長い形をした臓器です。
体にとって重要な働きである栄養素を分解、血糖値を調整するという役割を果たしています。
しかし、デリケートで食生活やストレスの影響受けやすいデリケートな臓器でもあります。
hhhhhhhhhhh.png
すい臓の病気
●急性すい炎
 消化酵素の作用は本来は十二指腸に出てから働くようになっているのですが、何らかの原因で十二指腸に出る前にすい臓内で消化力を働かせてすい臓の細胞を壊してしまうことがあります。脂肪やアルコールのとりすぎ、胆石などが原因になりやすいとされています。みぞおちあたりに急激に起こる激しい痛みが特徴的です。重症化すると急激に死に至ることがあります。

●慢性すい炎
 すい臓の炎症が長期間にわたってくり返されると、組織が破壊されて硬くなり、すい臓の働きが少しずつ低下していきます。原因の多くはアルコールで、喫煙していると発生率はより高くなります。初期の頃は長く続く腹痛や背中の痛み、吐き気、倦怠感(けんたいかん)などが主な症状で、進行すると、消化吸収障害に伴う栄養不良や糖尿病が出現してきます。

●すい臓がん
 十二指腸に近い頭部にできやすく、周囲に大きな血管があるため周囲の臓器に転移しやすいがんで、特に多いのは肝臓への転移です。おなかの奥深くにあって初期の頃は自覚症状が出にくいため、早期発見が難しいとされています。
rtyuiuytr.jpg
すい臓がんという恐ろしい病
生労働省の統計でも日本において膵癌死亡者数は毎年約22,000人以上であり、癌死亡順位で男性で5位,女性で6位で年々増加傾向にあります。
早期の膵臓癌の自覚症状に特徴的な症状はありません。
膵臓がんの方が病院へ来られた理由を調べてみますと、最も多いのは胃のあたりや背中が重苦しいとか、何となくおなかの調子がよくないとか、食欲がないなどという漠然としたものです。このほかに、体重の減少などもよく起こります。
いずれもほかの病気にもよく見られ、ストレス社会の現代ではそこまで気に留めないことが多いのではないでしょうか?
さらに、吐き気や嘔吐、黄疸(皮膚や白目が黄変する)などの症状が出た場合は要注意。
また、糖尿病患者は健康な人に比較して、極めて高い確率で膵臓がんを発症しやすいことがわかっています。
また、がんを発症後に糖尿病が悪化する患者さんが8%程度いることも判明しています。
糖尿病の気がある方はすい臓にもご注意を!
IMG_3719.jpg
すい臓がんは、診断を受けた時点で、余命を宣告されることもある悪性度の高いがんです。
すい臓がんの余命を宣告される時には、一般的に1年以上の数字を言われることはほとんどないとされています。
つまり、多くが数ヶ月以内ということです。
再発率も90%と恐ろしい数字です。
生活習慣・食生活の改善ですい臓を労わるのが一番の対策になります。
IMG_3720.jpg





秋田県ランキングへ
↑1日1クリックで応援お願いします。

















スポンサーサイト

Newest

Comment

Leave a comment

Designed by Akira.
Copyright © 日々の名残り~The Remains of the Days~ All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。