日々の名残り~The Remains of the Days~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

君の骨はガラスじゃない。人生という壁にぶつかっても大丈夫だ。さあ、行きなさい。

IMG_2919.jpg
骨粗鬆症は、高齢者の病気と思われがちですが、若い女性でも骨密度が低い場合、将来骨粗しょう症になるリスクはあります。
若い女性でも、6人に1人は50歳代の骨であるそうです。
食生活が乱れがちな人、ダイエットし過ぎの人は要注意です。
YUKA150701598457-thumb-815xauto-19536.jpg
日本では、火葬がメインです。(ある程度の規定を守れば土葬も可能なそうです。)
亡くなって肉体が亡くなっても骨だけは骨壺に入れられ、死後も残ります。
つまり、骨とは一生涯以上の付き合いになります。
長い一生人生を楽しむためには、骨と歯は大切にしたいものです。
N811_gaikotu-thumb-autox1000-14664.jpg
骨粗鬆症とは、骨量が減って骨がスカスカ状態でもろくなり、痛みや骨折を引き起こす病気です。
日本医師会によると、日本の骨粗しょう症の患者は、約1000万人と推定され、今後高齢化社会に伴なって、ますます増加していく傾向にあるそうです。
DI_IMG_5783-thumb-1000xauto-17876.jpg
骨量が低下する原因は、加齢、運動不足、喫煙、過度のアルコール摂取、食生活の乱れ、ストレス、そして女性の場合は、女性ホルモンのエストロゲンが減少すると骨量が減少することが知られています。
骨粗鬆症は圧倒的に女に多い病気で、閉経を迎える50歳前後から骨量が急激に減少し、60歳代では2人に1人、 70歳以上になると10人に7人が骨粗鬆症といわれています。
さらに骨粗鬆症は寝たきりになる確率を1.83倍高めます。
2007年の厚生労働省「国民生活基礎調査」によると、介護が必要となった主な原因の9.4%が「骨折・転倒」によるものです。
fffgnhg.jpg
骨粗鬆症予防6つの法則
・バランスの良い食事
 カルシウムと、カルシウムの吸収を助けるビタミンDを多く含む食品をとることが大切。カルシウムは乳製品や大豆製品、小魚、緑黄野菜、海草などに多く含まれる。毎日の食事で、カルシウム200mg(牛乳1本分)を摂取することを心がける。

・ダイエットに注意
 ダイエットをして栄養が不足すると、必要なカルシウムの摂取量も減少する。若い女性が厳しいダイエットをすると、中年以降に骨量の減少が起こりやすい。必要な栄養素をしっかりととることが大切だ。

・骨を強くする運動
 骨を丈夫にするために、食事と同じくらい運動が大切になる。若いころに運動をしなかった人は、年齢が高くなると骨が弱くなり、骨折しやすいことが知られている。
 若い頃から、30分の運動を週に3~4回行うことを習慣にすると、骨粗鬆症を防げる。有酸素運動に筋力トレーニングを取り入れると、いっそう効果的だ。年齢とともに筋力トレーニングはますます重要になる。

・日光を浴びる
 ビタミンDはカルシウムの吸収を良くする、骨形成に欠かせない成分で、食事からだけではなく、日光浴により皮膚でもつくられる。夏なら木陰で30分、冬なら手や顔に1時間程度、日に当たることを心がける。

・喫煙とアルコールに注意
 喫煙と過度のアルコール摂取は、骨粗鬆症のリスクを高める。体重の少ないやせた女性ほど、アルコールの弊害を受けやすいので注意が必要だ。

・検査を定期的に受ける
 閉経後は、医師に骨の健康状態を評価してもらうことが必要となる。骨折リスク評価(FRAXなど)を依頼し、必要と診断された場合は骨密度検査を受ける。治療が必要と診断された場合は治療を開始する。現在は多くの種類の骨粗鬆症の治療薬が使用されている。

また、みかんなどの柑橘類に多く含まれ、動脈硬化や肝機能障害などの予防に役立つことが知られている「β(ベータ)-クリプトキサンチン」が閉経後の女性に多くみられる骨粗しょう症の原因となる骨密度の低下を予防する効果があるそうなので美容効果もあるみかんをいっぱい食べて健康生活と美を手にいっしょに手に入れましょう!
gggggg.jpg
骨は、お肌の細胞と同じように、「古い骨を壊し(骨吸収)、新しい骨(骨形成)に作り替える」という新陳代謝を繰り返すことで、強さやしなやかさをキープしています。
骨粗しょう症が怖いのは、自覚症状がほとんどないことで骨折や腰痛などが起きて初めて気付いたというケースが多い事です。
将来高齢になった時にできるだけ骨粗しょう症にならないようにするには、若いうち特に思春期に骨量をできるだけ多く蓄えておきましょう!


秋田県ランキングへ
↑1日1クリックで応援お願いします。










スポンサーサイト

Newest

Comment

Leave a comment

Designed by Akira.
Copyright © 日々の名残り~The Remains of the Days~ All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。