日々の名残り~The Remains of the Days~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

はだかの王様

奇譚童話「はだかの王様」
IMG_2902.jpg
ある国にとてもおしゃれにうるさい王様がいました。
tyuilkjhf.jpg
その王様は、全身をハイブランドで固め、他国の王様に○ラダを着た王様と言われたり、近所のコンビニ行くだけなのに髪型と服装バッチリで出かけたり、王様のクラッチバックをセカンドバックと言った民を島流しへ。
いまだに腰パンをしている若者を市中引き回しにしたりと、ことおしゃれに対しては大変厳しい王様でした。
hjkjhjjj.jpg
ありとあらえるファッションを試した王様は、最近マンネリを感じていました。
「最近どのブランドも同じようなテイストばかりで飽き飽きだ!!まだ誰も着たことのないような洋服が来たい!!」
「私もファッショニスタと呼ばれたい!ベストジーニスト取りたい!」
王様がそんなことを思っていたところ、ある日お城に自分たちは異国から来た仕立て屋だと名乗る二人組が現れました。
「私たちは非常に珍しい生地を扱っております。それは、世にも珍しい馬鹿には見えない生地でございます。」と見えない生地を見せるそぶりをします。
rtyuiee.jpg
止せばいいのに馬鹿だと思われたくない王様は、「なんと素晴らしい生地だ!!」と生地を褒めたたえます。
ほかの従事者も、もしかして自分だけ見えてないのかと思われたくなく次々に感想を述べます。止せばいいのに。
仕立屋は織り機を借りて服を仕立て上げたふりをして、なにもないのに「服が出来た」と王様に見せます。
周りが美しいと言うので王様も(自分には見えないが、きっと美しい服なのだろう)とそれを大金で買い取ります。
dfghuytre.jpg
王様は触れた感触もないその服を着て、城下町を練り歩きました。(カルバンクライのパンツ一丁で街を練り歩くというセルフ罰ゲームを実施)
『馬鹿には見えない服』の存在は町の人々も聞いており、見えもしないのに馬鹿だと思われたくないために、裸の王様を次々と賛美しました。止せばいいのに。
王様は気を良くして胸を張って歩き、慣れないポージングまで決めます。止せばいいのに。
fghjiuouyjht.jpg
しかし、そんな事を知らない子供たちが王様を見て笑い 「王様が裸(カルバンクライのパンツ1丁)で歩いているぞ!!」「裸の王様だ!」「なんてだらしない体だ!!」「へぇ~!王様の名前ってカルビンクレインって言うの?」と口々に叫びます。
その言葉を聞いた大人たちも徐々に王様が裸であると言い始め、すぐに全員が「裸の王様」と笑い始めた。
ショックを受けた王様は、顔を真っ赤にして走ってお城に逃げ込みました。
dfty.jpg
それから数か月王様は、自室に籠り出てきません。
国民たちも自分たちのせいで、王様が公の場に出てこなくなったことを悲しみました。
自室に引きこもり、ドアの隙間から食事だけを受け取るのみだった王様がある日従事者に数か月ぶりに命令をしました。
「あの馬鹿には見えない服を出してこい!!明日、再びパレードを行うぞ!!」
従事者は皆驚きました。中には、王様はついに気がふれてしまったのだとむせび泣く者もいます。
しかし、数か月ぶりに姿を現した王様の姿を見て全ての従事者は唖然とし、すぐにパレードの準備にかかりました。
IMG_2908.jpg
国民たちは、王様が再び馬鹿には見えない服を着て、街を練り歩く話を聞き、自分たちは笑っていいのか、王様が服を着ているのが見えるふりをすればいいのかと悩みました。
なかには、これはお笑いでいうフリだから絶対笑ったほうがいいと言い張る人もいました。

パレードの当日、国民たちは異様な緊張に包まれ、王様が登場するのを固唾を飲んで見守りました。
皆が注目する中、王様が姿を現しました。
王様の姿を見た人々は驚きのあまりはじめ、誰もが声も出せませんでした。

もちろん馬鹿に見えない服など存在しないので、以前と変わらず王様はカルバンクライのパンツ一丁です。
しかし、数か月前と違うのは、その肉体です。
数か月に及ぶ自らの限界を超え続ける鍛錬の成果として、王様の体は見違えるように変わりました。
yyyyyyyy.jpg
まったく無駄がなくしなやかに鍛え上げられた肉体をして、頭に輝く王冠乗せた男が時折ポージングを決めながら群衆の中を闊歩していく様はまさに男の中の男。王の中の王。と呼ぶにふさわしい堂々した姿です。
以前と同じパンツ一丁の姿でも誰一人笑うものはおらず。
男は皆、王様の努力とその肉体に畏敬の念を抱き、女性は皆、王様の鍛え抜かれた肉体美を恍惚の表情で眺め、あんなに馬鹿にしていた子供たちは、王様こそ俺たちにヒーローだと連呼し群衆の中を進む王様に続けと王様とともに街を練り歩きました。
drftygrgh.png
その後、王様が馬鹿には見えない服以外の衣類を着ることはなく、天命を全うするまで日々鍛錬を怠らず、カルバンクライのパンツ一丁で国民のために働き、国を発展させました。
男は皆、王様に憧れ思春期になると母親が買ってきたキャラクターもののトランクスから友達数人でAMAZONから注文したカルバンクライのボクサーパンツに履き替えました。
中には、しゃがんだときカルバンクライのロゴが見えやすいように腰パンをして市中引き回されるものもいました。
fyuuuuuu.jpg
王様の死後、街の真ん中には、鍛える前のだらしない体型の銅像と鍛え上げられた体型の銅像が並んで建てられ、その銅像を国のシンボルとし長らく勤勉な国として栄えました。

めでたしめでたし。


秋田県ランキングへ
↑1日1クリックで応援お願いします。








スポンサーサイト

Newest

Comment

Leave a comment

Designed by Akira.
Copyright © 日々の名残り~The Remains of the Days~ All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。