日々の名残り~The Remains of the Days~

今週の映画~民衆が好まない事柄は革新である。 オスカー・ワイルド~

IMG_2864.jpg

昨日は、女性化する男性の話でしたが、本日は、同性愛者の話です。
ちなみに、ゲイとホモとニューハーフの違いをご存知ですか?
諸説ありますが、
ゲイ:身体が男性であることを許容し、精神的にも男性であり、同種の男性を好むケース
ホモ:身体が男性であることを許容するが、精神的にはどちらか片方が女性としての役割と受け持つケース
オカマ(ニューハーフ):身体的にも精神的にも女性であることを望むケース
として使い分けされるそうです。
fgukujrhe.jpg
日本では、毎日TVにたくさんのおねえタレントが出ていますし、海外では、セレブがカミングアウトしたり、同性婚が認められる国が増加しているなど昔に比べて、風当たりが弱く、寛容になってきています。
そもそも、日本においては、戦国時代は男色一筋のほうが武士として偉いとまで言われていたり、江戸時代になると、男色が町人たちの間でも大流行したなど今では考えられないほど男性同士の愛が当たり前であったそうです。
drgtht.jpg
徳川三代目将軍 徳川家光が男性好きで跡継ぎの問題を危惧し、乳母・春日局によって組織的な整備がなされていき、現在TVや映画で知られる形の大奥に整えられていったそうです。
その後、家光は大奥の影響で女性に目覚め無事跡取りも誕生し、徳川家は安泰でした。
前置きが長くなりましたが、本日は、同性愛者の方々を描いた映画のご紹介です。
dftyuhg.jpg
「チョコレートドーナツ」
あらすじ
1979年、カリフォルニア。
シンガーを夢見ながらもショーダンサーで日銭を稼ぐルディ。
正義を信じながらも、ゲイであることを隠して生きる弁護士のポール。
母の愛情を受けずに育ったダウン症の少年・マルコ。
世界の片隅で3人は出会った。
そして、ルディとポールは愛し合い、マルコとともに幸せな家庭を築き始める。
ポールがルディのために購入した録音機でデモテープを作り、ナイトクラブへ送るルディ。
学校の手続きをし、初めて友達とともに学ぶマルコ。夢は叶うかに見えた。
しかし、幸福な時間は長くは続かなかった。
ゲイであるがゆえに法と好奇の目にさらされ、ルディとポールはマルコと引き離されてしまう……。
血はつながらなくても、法が許さなくても、奇跡的に出会い深い愛情で結ばれる3人。
見返りを求めず、ただ愛する人を守るために奮闘する彼らの姿に我々は本物の愛を目撃する。~Amazn商品紹介より~
家族は決められた形でなければ、家族とは呼べないのでしょうか?
誰が家族の定義を決めるのでしょうか?
そんな疑問を抱かせる実話を元にした感動作です。

hjkilr.jpg
「MILK」
あらすじ
1970年代アメリカ、同性愛者であることを公表してアメリカで初の公職に就いたハーヴィー・ミル
クの波乱に満ちた短い人生を感動的に描く。
1972年ニューヨーク、ミルクは20歳年下のスコット・スミスと恋に落ちる。2人はサンフランシス
コに移り住み、自由な空気のカストロ地区で小さなカメラ店を開く。やがてミルクは同性愛者、有色
人種、シニア層など社会の弱者の
“声”を伝えるべく政治の世界へと飛び込む。そして1977年、4度目の出馬でサンフランシスコの市
政執行委員選に見事当選し、マイノリティを支援する条例を実現するための行動を推し進める。しか
し、翌1978年11月27日、彼は志なかば敵対する市政執行委員の凶弾に倒れた。
彼の人生最後の8年間、いったい何があったのか・・・。~Amazn商品紹介より~
たびたび映画化されている実在の政治家の話です。
ラストが衝撃的です。これほんとに実話かよ!!って思います。
見終わった後、本人のウィキペディアを見てみるとより深く楽しめます。
無題
「シングルマン」
あらすじ
その日はジョージにとって特別な一日だった。16年間共に暮らしたパートナーが、交通事故で亡くなってから8ヵ月。「愛する者がいない人生に意味はあるのか?」日に日に深くなる悲しみを自らの手で終わらせようと決意したのだ。
ところが今日が人生最後の日だと決めて世界を眺めると、ほんの少しずつ違って見える。英文学を教えるLAの大学の授業では、いつになく自らの信条を熱く語り、鬱陶しいはずの隣の娘との会話で幸せを感じ、かつての恋人で今は親友のチャーリーを訪ねると、やはり孤独な彼女に胸を痛めると同時に慰められる。そして、一日の終わりには、彼の決意を見抜いていた教え子のケニーの思いがけない行動に心を揺さぶられる。
過去に生きていたジョージの瞳に、“今”が輝きだした運命の一日。果たしてその幕切れは―。~Amazn商品紹介より~
カリスマ・ファッションデザイナー トム・フォードが描くセンスに溢れた美しい映像を楽しめる作品です。
ちなみに監督のトムもゲイであるそうです。
劇中でコリン・ファースがかけているトム・フォードの眼鏡欲しいです。
khyth.jpg
「ブロークバックマウンテン」
あらすじ
美しいワイオミング州の山々。ふたりのカウボーイが羊を放牧している。ワイルドで牧歌的な風景に奏でられるのは、彼らの愛の物語。男同士の関係を描きながら、これほどまでに万人を感動させる映画は、過去になかったかもしれない。イニスとジャックは、ブロークバック・マウンテンで燃え上がった愛を、その後、失うことはなかった。ともに妻を迎え、子どもを授かっても…。
物語は1963年に始まり、舞台は保守的な中西部なので、当然、厳しい現実が待っている。そして、妻たちの悲しみもある。アン・リー監督は、それらすべてを過不足なく描き、主人公ふたりの愛を際立たせていく。何より、演技がすばらしい。イニス役のヒース・レジャーは、素顔の本人とは別の、絞り出すような低音の声で男くささを前面に出しつつ、内に燃えたぎるジャックへの愛を表現する。ふたりの再会シーンでは、衝撃的なまでに激しい愛がぶつかり合うのだ。
誰かを真剣に愛し、その愛を長い間、心に育んだ経験のある人なら、本作の愛に打ちのめされるはず。静かだが、あまりにも切ないラストシーンは目に焼き付いて離れない~Amazn商品紹介より~
同性愛の話ですが、内容は完全に普通の純粋な恋愛映画である作品です。
心が洗われるような山の風景いいですね。
キャンプしたくなります。

気になるものがあれば、ぜひご覧になってみてください。
私はまったく男色の毛はありませんが、過去二回男性にナンパされたことがあります。(怖い)
人に迷惑をかけない範囲であれば好きなことをしたらいいんではないでしょうか?
ちなみに異常に同性愛者を嫌悪する人間は潜在的に同性愛の気がある方だそうです。
また、他人の人生にばかり口出す人間は自分の人生をあきらめている人間であるそうです。


秋田県ランキングへ
↑1日1クリックで応援お願いします。











スポンサーサイト

Newest

Comment

Leave a comment

Designed by Akira.
Copyright © 日々の名残り~The Remains of the Days~ All Rights Reserved.