日々の名残り~The Remains of the Days~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人は怪しい老婆にもらったリンゴを齧るのか?

IMG_2770.jpg

近年、昔は子供の病気と言われていた麻疹、風疹、手足唇病などのウィルス性の感染症の成人患者数が増えています。
その多くは、子供が罹った場合に比べて症状が重くなるケースが多いです。
本日、お話しする伝染性紅斑 (通称;リンゴ病)も近年、成人患者数の増えている感染症の一つです。
PED_teninosetaringo-thumb-autox1000-13286.jpg
伝染性紅斑(でんせんせいこうはん)とは、ヒトパルボウイルスB19による感染症です。
ほっぺたがリンゴの様に真っ赤になることからこの名が付きました。
主な症状は風邪と見分けがつかない程度の咳・鼻水・微熱などです。
その後、潜伏期間が1週間ほどあり、その後両頬が一面に赤くなります。手足にも同じような発疹が出ることもあります。
発疹が出る1週間~10日位前に,発熱,筋肉痛,倦怠感がみられることがあります。
風邪に似た症状なので風邪と勘違いする人が多いです。
PAK85_lalamaskatamaitai20140321-thumb-1000xauto-16895.jpg
りんご病の症状は、先ず頬の赤い発疹が特徴です。
頬が鮮やかなりんご色になって発疹がポツポツ出ます。
最初は発疹もまだらですが、1~2日でレース状に腕、ふともも、おしり、おなかに広がっていきます
このとき、はじめてリンゴ病と気づく人が多いです。
OZPA_948820141025151610-thumb-1000xauto-12505.jpg
その後、発疹は1~2週間続き、一旦消えかけても入浴、日光、寒冷などの刺激で再び出てくることがあります。
大人の場合は、発疹が出たあと関節痛、手指の痛みやこわばりが出ることがあります。
感染しやすい時期の症状がとても軽いので気づかないまま通常の生活をしていてどんどん感染を広げてしまいます。
りんご病の治療は決まった薬はなく、対処療法が中心です。特に頬の痒みに対する処置ではかゆみ止めが出ますが、それ以外は処方されないこともあります。
基本的に症状に合わせた対処治療ですので、初期は安静にすることくらいしかできません。
重症例には、ウイルスを中和させる「γ-グロブリン製剤」という薬の投与が有効なことがありますが、通常は発疹や熱が自然に引くのを待つのみです。
sdfghjuikuytre.jpg
成人が感染した場合、頬の赤みがマスクで隠せないほどで外出にも支障が出ます。赤みは太ももや腕のほうが発症しやすく、同時に筋肉痛になることもあるので、生活自体が大変になります。
YOU86_ninpusan-thumb-1000xauto-16106.jpg
妊婦さんがリンゴ病にかかってしまった時は注意が必要です。
お腹の胎児が危険にさらされて胎児の組織などに水分がたまる「胎児水腫」や最悪の場合、死産、流産の原因となります。
リンゴ病に妊娠中を患い、胎児に感染した女性が2011年に69人確認され、うち約7割の49人が死産していたことが厚生労働省の全国調査で分かっています。
非常に高い確率ですね。
rtyuio.jpg
妊婦さんのリンゴ病に対する抗体保有率は40%未満といわれています。
意外と抗体を持たない人が多いですよね。
風疹ほどリスクはないもの、風疹と違い予防接種で未然に防ぐなどのすべがありません。
自分自身で感染しないように日常生活を過ごすとともに、身近な人々にも気を付けてもらい感染を未然に防ぐしかありません。
リンゴ病なんて可愛らしい病名ですが、リンゴはリンゴでも妊婦さんにとっては、毒リンゴのような危険なリンゴであるので気を付けましょう!
IMG_2771.jpg

秋田県ランキングへ
↑1日1クリックで応援お願いします。














スポンサーサイト

Newest

Comment

Leave a comment

Designed by Akira.
Copyright © 日々の名残り~The Remains of the Days~ All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。