日々の名残り~The Remains of the Days~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

知らない間に誰かに悲劇を与える前に風疹の予防接種を受けましょう!

IMG_2681.jpg
「予防に勝る医療なし」と昔から言いますが、本当にその通りですよね。
かかってしまうリスクがわかっているまたは、可能性は高いものに対して未然にそれを防ぐために予防をするのは当たり前のことです。
少しの出費や怠惰でそれを怠ってしまうことは実に危険なことです。
PPG_tachiirikinshi-thumb-1000xauto-13387.jpg
皆さん「風疹」という病気をご存知ですか?
昔は、小さい子がかかる病気だとされてきましたが、最近では20~40代の男性に多く患者の8割を占めているそうです。
出産・子育てのカテゴリーですが、今回の記事は、成人男性の皆さんにこそ見ていただきたいです。決して他人事ではありません。
OOK75_sekikomumasknodansei20141221140642-thumb-1000xauto-18032.jpg
風疹は、ウイルス感染症の一種で、風疹ウイルスによる急性熱性発疹性疾患。
一般に日本では三日はしかと呼ばれており、英語では「German measles(ドイツはしか)」とも呼ばれている。
伝染力は水痘(水疱瘡)、麻疹(はしか)より弱く、小学生の患者が多い感染症とされてきました。
効果的な治療法は無く、症状に応じた対処療法をとることとなります。
150705280827-thumb-1000xauto-19117.jpg
ワクチンによる予防が最も重要で妊娠初期に妊婦が感染した場合、お腹の赤ちゃんにも影響を与える先天性風疹症候群」という先天性心疾患、難聴、白内障といった障害を患い、赤ちゃんが生まれながらに盲目や難聴となってしまうリスクの多き病気です。
sdfgh_2015111221223317d.jpg
もし、妊娠7週目に風疹に罹ってしまった場合、その赤ちゃんが先天性風疹症候群になる確率は80%です。
1万円の注射一本を打たないことで負うにはあまりにも大きすぎるリスクですよね。
YOU_DSC_0834-thumb-1000xauto-12458.jpg
風疹の予防注射は、妊娠中だけ打つことができません。(産後や授乳期は問題ありません。)
子供の頃に風疹を患った、予防接種を受けたという方でも年数が経つごとに抗体は減少してしまいます。
日本では、風疹の予防接種を行っていなかった空白期間もあります。
PAK75_shibuyaaruku20141018113735-thumb-1000xauto-18288.jpg
風疹は、自覚症状のない方が多く、どこで誰に移され、移すかわからないものです。
あなたが予防接種をしなかったことにより、元気に生まれてくるはずだった未来のある子どもに足枷を与えてしまうことになります。
自分の意志や自分が知らなずとも他人を傷つけたいですか?
dfghj_2015111221223699c.jpg
特に20代~40代男性は、バンバン予防接種を打ってください。
個人個人の意識だけでは、全ての国民が予防接種をし、リスクを完全になくすことは難しいです。
国が義務化する、企業の協力で社員に強制化するなど社会全体で取り組むことが必要ではないでしょうか?
tyu.jpg
最近、綾野剛主演でドラマ化した人気コミック「コウノドリ」でこの話題を知り今回記事にしました。
気になる方は、コミックまたは、ドラマをご覧になってみてください。(泣けます。)
そして、風疹の予防注射を受けに行きましょう!!!(5分もかからないそうです。)


秋田県ランキングへ
1日1クリックで応援お願いします。









スポンサーサイト

Newest

Comment

Leave a comment

Designed by Akira.
Copyright © 日々の名残り~The Remains of the Days~ All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。