日々の名残り~The Remains of the Days~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

煙草をやめるなんてとても簡単なことだ。私は百回以上も禁煙している。


IMG_2651.jpg
肺がんは現在、多くのがんのなかで男性では死亡原因の第1位、女性では第2位で、年間6万5000人もの方が亡くなっています
年々、喫煙者数は少なくなっているものの、肺がんの患者数、死亡数はなぜ増えているのでしょうか?
2158.gif
グラフ掲載元URL
こちらの図は、男女別の部位別がんの死亡率推移です。
図の通り、肺がんばかりが増え続けています。
では、続いて喫煙率のグラフをご覧ください。
pd090000.gif
グラフ掲載元URL
近年、禁煙ブームともいえるほど、喫煙者への風当たりは強く、タバコを吸わない人は年々増加しています。
小学校の頃、保健室の前にタバコを吸う人と吸わない人の肺の写真があり、そのイメージで喫煙=肺がんになると認識している方も多いと思いますが、それが本当ならば肺がんの推移と喫煙者の推移は比例しなければいけませんよね。
では、なぜタバコを吸わない人が増えているのに、肺がんは増加しているのでしょう?
PAK66_shibuyakubunenru-ru20140315-thumb-1000xauto-16823.jpg
その答えとして、3つの理由が挙げられます。

まず1つ目として、「肺がんには、喫煙の影響が非常に大きいタイプ(扁平上皮がんなど)と、影響はあるもののそれほど大きくないタイプ(肺腺がんなど)」とがあります。
喫煙者の減少により、扁平上皮がんは減りつつあります。しかし、反対に肺腺がんは増加し、すでに男性の肺がんの40%、女性の70%に及んでいます。
肺腺がんは初期症状がなく、あるときいきなり血痰が出て、驚いて検査を受けると、すでにかなり進行していたというケースが少なくありません。
その一方で、胸部レントゲン検査で見つかることもあるので、早期発見のためにはまず定期的に健康診断を受けることが大切です。
PAK15_bartabakohiwotukeru-thumb-1000xauto-15586.jpg
肺がんの種類が2種類あることを覚えていただいたところで、2つ目は、「喫煙の影響が現れるには20-30年程度のタイムラグをみる必要がある」という点です。
タバコを一本吸うと急に肺が汚れるわけではなく積み重なり徐々に影響が出てきます。
それと同じように、何年もタバコを吸い続けていた人がやめたところで、すぐに綺麗な肺に変わるわけではありません。
この理由を考慮すると年々喫煙率が低下していることで、将来的に肺がんの患者数、死亡数は減少していくということです。
少なくとも、扁平上皮がんは減りつつあります。
そして、今現在喫煙率が低下しているのに、肺がんが増えている理由の一つは過去の喫煙による影響がタイムラグによりようやくここ数年影響が出ていることが影響しているということです。
OOK86_kemutaiotoko315185526-thumb-1000xauto-18364.jpg
しかし、近年肺がんになる方は喫煙者、非喫煙者問わず増えています。
この話題になると皆さん副流煙が・・・!副流煙だろ!と親の仇のごとく副流煙という言葉を発しますが、まったく周りに喫煙者がいなくても肺がんになる方が多いのです。
まさか、副流煙が何1十キロ先まで届くわけがなく。(届いたら日本も中国のように光化学スモッグまみれです。)
PAK24_dencyutokumo1225-thumb-1000xauto-16322.jpg
それを説明するのが、3つ目の理由です。
つまり、タバコ以外の肺がんの原因です。
まず、たばこを全く吸っていないからといってまったく汚れのないきれいな肺というわけではありません。
以下のような要因で、日々肺は汚染されています。
・たばこを吸っている人の側にいることによる副流煙
・自動車などの排気ガス
・工場などから出てくる粉塵
・そのほかダイオキシンやアスベストの有害物質
kazu96_koujyounoshiruetto-thumb-1000xauto-17960.jpg
普段、生活していく中では中々避けられにものばかりです。
まして、大気汚染と有害物質による肺へのダメージは40年蓄積されるそうです。
それに合わせて、長生きすればするほどがんリスクは高まります。
禁煙もいいですが、こういったものが肺がんのリスクの要因となることを覚えておきましょう!
NS6012_otoomenosusume-thumb-1000xauto-14084.jpg
ところで、近年の肺がんの傾向として、女性の肺がん率が増加していることが特に問題視されています。
上で説明した理由ももちろん関係していますが、女性の場合は、女性特有のあるものが大きな原因とされています。
ELL14051229-thumb-1000xauto-19456_201511061714504a6.jpg
それは、「女性ホルモン」です。(最近、女子力高いとか言いますが、女性ホルモン多い人=女子力高いなのでしょうか?)
最近何かと持て囃されている女性ホルモンですが、良いところばかりではないんです。
近年のさまざまな調査研究から女性ホルモン(エストロゲン)については、月経期間の長い(初潮が早く、閉経が遅い)女性や、エストロゲン補充療法を受けた女性に、肺がんの発症率が高いことが以前から報告されていました。
このことからエストロゲンの影響についての研究が進められ、現在ではエストロゲンの体内合成にかかわる遺伝子と、肺がん(とくに肺腺がん)との関係や発症の仕組みが解明されつつあります。
月経期間の長い女性やエストロゲン補充療法を受けた(受けている)女性の場合は、エストロゲン濃度が高くなる機会が増え、量も多くなります。
そのため、肺腺がんのリスクも高くなることを忘れずに、女性ホルモンが多い方は定期的にCT検査を受けるようにしましょう!
あれ!私女子力高いという方も気を付けてください!
NAT84_igirisukizokunotukue-thumb-1000xauto-15568.jpg
このように近年の肺がんは、喫煙者、非喫煙者問わず誰にでも危険性のあるものだということです。
そのため定期的な検診、検査で早期発見を目指しましょう!
実は、最近のタバコのパッケージがある時期から肺がん云々の注意書きでなく、肺気腫や脳梗塞であることが多くなっていることをご存知でしたか?
IMG_2653.jpg
タバコの肺がんリスクについては何とも言えないのが最近の見解らしいのですが、肺気腫・脳梗塞のリスクは確実にあるので、喫煙者の私が言うのはなんですが、健康のためには吸わないに越したことはないです
しかし、吸わないことでストレスを貯めるよりは、吸い過ぎない程度に吸うのが健康にいいかもしれません
人に迷惑をかけずくれぐれもマナーを守って喫煙ましょう!                    
秋田県ランキングへ           
1日1クリックで応援お願いします。



スポンサーサイト

Newest

Comment

Leave a comment

Designed by Akira.
Copyright © 日々の名残り~The Remains of the Days~ All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。