日々の名残り~The Remains of the Days~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ラストシーンが印象的な映画~.最後の一滴は器を溢れさせる一滴だ~

イアオラーナ!
終わり良ければすべて良し」という言葉があるように、どんなに素晴らしい作品でもラストシーンが悪いと台無しになります。
逆にどんなにひどい作品でも最後がきれいにまとまっていれば見終わった後に不思議と良い作品だったと感じます。
同じように、人の一生もどれだけ素晴らしい生涯を送ったとしても晩年が悲惨であれば、本人の満足度はともかく他人からの評価は、著しく低下します。
それだけ、人にとってある対象の最後の印象がその対象全体の印象を決める上で大きいということです。
それでは、本日は、ラストシーンが素晴らしい映画たちをご紹介していきます。
51fvaI3hDDL.jpg
善き人のためのソナタ
あらすじ
舞台は、ベルリンの壁崩壊前の東ドイツ。
シュタージ(国家保安省)の局員ヴィースラー(ウルリッヒ・ミューエ)は、劇作家のドライマン(セバスチャン・コッホ)と恋人で舞台女優のクリスタ(マルティナ・ゲデック)が反体制的であるという証拠をつかむよう命じられる。ヴィースラーは盗聴器を通して彼らの監視を始めるが、自由な思想を持つ彼らに次第に魅せられ……。 。~シネマトゥディ~

この映画数ある中で最も好きです。
ラストの展開が素晴らしく、特にラストシーンのセリフのセンスにはゾワッとしました。
ぜひとも御覧なってみてください

51BHMMY1RSL.jpg
ビックフィッシュ
あらすじ
ジャーナリストのウィル(ビリー・クラダップ)とジョセフィーン(マリオン・コティヤール)の結婚式で、ウィルの父親エドワード(アルバート・フィニー)がウィルの生まれた日に釣った巨大魚の話を始めるのだが……。~シネマトゥディ~

ティム・バートン監督作品では、この作品とスリーピー・ホロウが好きです。
全体の雰囲気も絵本のようなファンタジー要素のある作品でラストシーンは綺麗にまとまっていて、良いラストの手本のような仕上がりです。
ティム・バートン最新作のビック・アイズも早く鑑賞したいです。

51FkM3S3SxL.jpg
アメリカン・ビューティー
あらすじ
郊外住宅地で妻と高校生になる娘と平和に暮らすレスター。ところがある日、勤めていた広告代理店からリストラ宣告を受けてしまう。これをきっかけに、一見幸せに思えた彼の日常の歯車が少しずつ狂い始め…。 ~allcinema ONLINE~

ブラックユーモアたっぷりの作品ネタバレなしでお楽しみください。
アカデミー賞5部門獲得しているだけある出来です。
見る方により感情移入する登場人物が変わる作品です。
51RWZFT6EJL.jpg
バタフライ・エフェクト
あらすじ
幼い頃、ケイリー(エイミー・スマート)のもとを去るとき、エヴァン(アシュトン・カッチャー)は、「君を迎えに来る」と約束した。だが時は流れ、ケイリーとエヴァンは全く別の道を歩んでいた。 ~シネマトゥディ~

好きな映画に挙げる方の多い名作です。
私も大好きな作品です。
DVDのボーナストラックに別パターンのラストシーンも収録していますのでそちらもご一緒にご鑑賞ください。
続編に2と3がありますが、そちらはなかなかにひどい出来なのでおすすすめしません。
IMG_2528.jpg
秋の夜長にぜひお試ししてみてください。

秋田県ランキングへ
1日1クリックで応援お願いします。















スポンサーサイト

Newest

Comment

Leave a comment

Designed by Akira.
Copyright © 日々の名残り~The Remains of the Days~ All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。