日々の名残り~The Remains of the Days~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今週の一冊~存在の耐えられないほどの軽さ~

ドブリー ヴェチェル!
IMG_2411.jpg
今週の一冊はこちら↓
IMG_2521.jpg
「存在の耐えられない軽さ」 ミラン・クンデラ著
チェコ出身でフランスに亡命した作家ミラン・グンデラが1984年に発表した小説です。
冷戦下に起こった「プラハの春」を題材とした恋愛小説でフランスでベストセラーとなりました。
20世紀最高の哲学的恋愛小説と呼ばれています。
確かに深いです。
作品に登場する思想や自答がものすごく深いです。
ストーリーよりも作者の考えを哲学的に楽しむ一冊です。
寝る前にゆっくりと読みたい作品ですね。
そして、気づいたら、辺りが薄明るくなり、鴉のと雀の奏でる音が聞こえてくるという場面が何度あったでしょう。
秋の夜長にどうぞ!
IMG_2166.jpg

秋田県ランキングへ
1日1クリックで応援お願いします。
スポンサーサイト

Newest

Comment

Leave a comment

Designed by Akira.
Copyright © 日々の名残り~The Remains of the Days~ All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。