日々の名残り~The Remains of the Days~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ペットの熱中症にご注意を!! 〜犬編〜

ここ数年今の時期は30度超えが当たり前になってきていますね。
連日、ニュースでは熱中症の話題が上がりっているので熱中症対策はバッチリという方は多いと思います。
今日の話題は「ペットの熱中症対策」です。
OOK85_dorageb220150201192214-thumb-1000xauto-18059.jpg
熱中症対策本部の図
今回紹介するのは犬と猫の熱中症対策ですので可愛い愛犬、愛猫のためにぜひチェックを!!

SSK_minatabokkowosururetoribar-thumb-815xauto-13921.jpg

犬の体には肉球の裏に汗腺があるだけで、人間のように大量に発汗して体温を下げることができません
呼吸だけで体温を下げるのは効率が悪く、間にはちょっと暑いかなと感じる程度でもかなりの負担となります。
これくらいなら大丈夫だろう、と人間の感覚基準で判断するのは危険なので注意が必要です。
特にパグ、フレンチブル、ブルドッグ、シーズー、ペキニーズなどの口吻(マズル)が短い犬種 は頭部の人為的な改良によって熱の発散効率が下がり、体が冷え難くなっています。
GAK_kainushi-thumb-815xauto-15381.jpg

熱中症の症状は?
呼吸の仕方が、浅く、速くなる。いわゆる、呼吸が緊迫しているような状態になる。
目が充血したり、耳の内側や口の粘膜の赤味が強くなる。
舌の色が赤黒くなっている。
・ヨダレを垂らしたり、泡を吹いたりする。
・筋肉の震えが起こっていたり痙攣をしている。
・悪心や嘔吐下痢をする。
・口が大きく開いて、舌が横から出ている。
※こんな状態になったら熱中症を疑ってください!!

N1146_kurumanomadodeneruinu-thumb-815xauto-14461.jpg

症状が出た場合の対処法
・とにかく冷やす
・涼しい場所に移動して、体に水をかけます。そして扇風機やうちわなどで風を送り、気化熱によって体温を下げます。
・少しずつ、ゆっくりと冷水を飲ませます。大量に飲ませたり、無理やり飲ませたりしない。
・冷却パック等を首や脇、肢の付け根などに当てながら冷やし、呼吸が落ち着き、耳を触って普段と同じくらいの温かさになるまで注意して観察する。
・応急処置が済んだら獣医さんの元へ連れて行きましょう。熱中症の症状が現れてから30~60分以内に適切な処置を施せば予後は良好です。

そうなる前に予防策を!

エアコンで部屋全体の温度を管理して、気温差が激しくならないよう飼育してください。(扇風機は×)
・散歩は「早朝」「夕方の遅い時間」「夜」に!!肉球の火傷に注意してください。
濡らしたタオルやアイスノンをタオルで巻いたものを首に巻いて散歩へ行くと効果的です。
はたっぷりと飲めるように十分な量を用意しておきましょう。※衛生管理上、1日に2回以上は取り替えるようにしましょう。
・気温ばかりに気をとられがちですが、実は犬達はどちらかというと湿気のほうが苦手。通気をよくしたり、除湿機を使用するなど、湿気対策もお忘れにならないように。
N825_wankoperori-thumb-815xauto-14795.jpg

愛犬を夏の暑さから守りましょう!!


秋田県ランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
↑1日1クリックで応援お願いします。
スポンサーサイト

Newest

Comment

Leave a comment

Designed by Akira.
Copyright © 日々の名残り~The Remains of the Days~ All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。