日々の名残り~The Remains of the Days~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

色彩は、それ自体が、何かを表現している。

IMG_5373.jpg
本日は、なかいちエリアから秋田駅前をブラブラしてきました。
ジュンク堂に行き、秋田市立千秋美術館に行ってきました。
ジュンク堂は秋田県内の本屋さんの中でおそらく一番の品ぞろえがあり、専門書も充実しているので一日居ても飽きません。
本日は、この3冊を購入。
GGGGH_20160430200152a4a.jpg
千秋美術館では、「もうひとつの輝き 最後の印象派」という企画展が開催していました。
GGHHGG.jpg
印象派とは、19世紀に広まった絵画で、写実的に描くのではなく画家が受けた印象を表現し、画家それぞれの個性を色濃く映し出した画風です。
代表的な作家は、ルノアールやモネ、ゴッホセザールなどです。
uuu_20160430200150f2b.jpg
UYT.jpg
今回の企画展では、印象派の影響を大きく受けつつ、親しみやすく、自然の色鮮やかさを美しく描いた20世紀初頭パリで活躍した画家たちの作品展です。
IMG_5411.jpg
柔らかい色合いの作品や自然の美しさを描いた作品が多数でした。
あまり、美術や絵画に明るくない私でもわかるくらいに。
帰りにポストカードを購入
本の栞に使います。
IMG_5415.jpg
皆さんご存知「ゴッホのひまわり」
IMG_5414.jpg
今回の企画展の作品の中で私が一番気に入ったエミリー・クラウス「リス川の夕陽」と「霞に煙るリス川」
5月29日まで開催していますので、皆さんもぜひ行ってみてください。

IMG_5408.jpg
ちなみにすぐ近くの秋田県立美術館では、「平野政吉コレクション展」を開催しております。
IMG_5371.jpg


秋田県ランキングへ 
↑1日1クリックで応援お願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
↑1日1クリックで応援お願いします。






スポンサーサイト

成せば成る、洗えば食える何物も!

IMG_5349.jpg
「じゃじゃ丸 ピッコロ ポロリ」知らない世代の人には下ネタにしか聞こえない言葉ではないでしょうか?
それとも私の心が年齢を重ねるごとに汚れてしまっただけでしょうか?
yyyy.jpg
本日は、ひき肉が余っていたのでハンバーグとピーマンの肉詰めを作りました。
FullSizeRender_20160427213117c6b.jpg
df.jpg
FullSizeRender_20160427213140291.jpg
ハンバーグ綺麗に焼けました。
肉詰めは具を詰める前にピーマンを袋に小麦粉と入れて全体にまぶすorオーブンで焼くとピーマンが剥がれずきれいにできます。
子供たちの大好きなハンバーグですが、同じ具材をピーマンに詰めただけのピーマンの肉詰めが好きという子供は少ないのではないでしょうか?
子供の嫌いな野菜ランキング不動の一位「ピーマン」子供たちに取っては食卓に現れる天敵扱いです。
uuu_201604272131145e0.jpg
嫌いな野菜と聞かれ、全体の3割の子供がピーマンと答えるほどの嫌われ者ピーマンですが、高血圧、疲労回復、動脈硬化、美肌、風邪予防など免疫力を高める野菜です。
ちなみにピーマンの胎座と呼ばれる種を支えてる部分はハゲに効くそうです。
hkjhg.jpg
免疫力の弱い子供たちにこそ取ってほしい野菜なのですが、あの特有の苦みが子供たちにはすこぶる不評です。
いろいろと調べてみたところ、ピーマンの中にある、白い部分を全部とると苦みが減るという話がありました。
ピーマンが嫌いなお子さんがいる方はお試ししてみてはいかがでしょう?
そして、お父さんにはハゲに効くと言って白い部分と胎座を食べさせてみてはどうでしょう?
無題
クレヨンしんちゃんがピーマン嫌いで有名ですが、それを見てピーマン=美味しくないものと思う子供って一定数いる気がします。
そういえば、ピッコロもピーマンと同じ緑色だな・・・。
IMG_5345.jpg

秋田県ランキングへ  
↑1日1クリックで応援お願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
↑1日1クリックで応援お願いします。


ビックフィッシュ

PAK85_suizokukannettaigyo_TP_V.jpg
水槽を覗くと色鮮やかな魚たちが優雅に泳ぎ回っている。
この小さく美しい生き物たちは、何を想い何のために生きているのだろう・・・。

きっとこの世の中には、赤い糸や神様の贈り物と言った目には見えない何か大きな力があると私は思う。
多くの人はそんなことあるわけないと思い私のこの幼稚な考えを話すときっと笑うだろう。
何も私だって生まれながらに無条件で他人から嘲笑されるような幼稚なことを真剣に思っていたわけではない。
私がそんなことを本気で信じたのは、私の身に、いや、私と彼女の身に起こったある奇譚な出来事が原因だ。
私と彼女の身に起こった出来事と同じ体験を経験したら、誰しもが私と同じ考えを持つと私は自信を持って言える。
愛する家族以外ならなんだって賭けれるほどの自信を持ってね。

だが、きっとこれから私が話す内容を聞くと多くの人はその内容に驚嘆、困惑、嘲笑の入り混じった目で僕を愚弄するか、頭のねじの足りないやつだと蔑むだろう。
それでもいいと私は思っている。寧ろ、私自身、自分の身に起こったことを今でも信じられないでいる。
だが、私と彼女の愛する子供たちである君たちにはどうしても話しておきたい。
君たちは、十分一人前になった。
これから自分の家族を持ち自分だけの幸せの形を育んでいくだろう。
だが、君たちの身にもしも、私たちと同じあの奇妙な出来事が起こらないという保証はない。それだけが心配だ。

だから、もしあの時と同じ状況に君たちの内の誰かが直面したときこの話を思い出して少しでも不安を拭えたらと思う。
この話を信じるか信じないかは君たちの自由だ。
できる事なら、私たちに起こった出来事に遭遇することなく、私のこれから話す話をただのくだらない冗談だと思い一生を終えてくれることを私は願っている。
すまない。あまりにも、前置きが長くなってしまったね。

まず、あの恐ろしい出来事を語る上で、私と彼女つまり、君たちの父さん母さんの出会いから話していこう。
私と彼女には、私たちを含めた五人の男女からなる幼馴染がいた。
私たち五人は小さい頃から一緒に育ち当たり前のように一緒に過ごしてきた。
その頃の幼い私たちに恋愛感情なんてものは存在しなかった。
それがある日、彼女と私はまるで何かに突き動かされ惹かれあうようにお互いを愛した。
お互いがお互いの美しさに魅了され、それはまるで、内に潜む何かに操られ、まるで自分自身が相手を愛するために産まれてきたかのように。
それからの私たちの関係はすぐに深まり、永遠にお互いを愛し合うことを誓い立て婚礼の儀を行った。
私は、今でもそのとき永遠の契りを交わした時と変わらぬ永遠の愛情を彼女に持ち続けている。
これは、私の愛する人とその家族を賭けても誓える。

住み慣れた土地を離れ、二人だけの新居を持ち幸せいっぱいだった私たちだったが、その幸せで平穏な日々は長く続かなかった。
しばらくして幼馴染の男の一人が私の留守中に彼女が一人残る我が家へ頻繁に訪れ、彼女を誘惑するようになった。
時には、私の前でも同じ行動を取り始めた。
私と彼は何度もそのことについて争った。
彼女が私だけのものであること。彼女も私だけを愛していることを伝えても彼の彼女に対する執着は消えなかった。
彼もまるで内なる何かに操られるように盲目的に彼女を愛し、そして自分のものにしようと彼女に執着した。
徐々に私たち夫婦は疲弊していったが最後には私たちの愛の巣を守り抜くことができた。

ようやく、彼の脅威が落ち着いた頃、私の前にも二人の永遠の愛を邪魔する存在が現れた。
それは、五人のうちの一人である女だった。
その女もあの男のように必要に私に執着し、私を自分だけのものにしようと企てた。
だが、私は永遠の愛を彼女に誓い、その女に見向きもしなかったことはもちろん、私の愛する彼女も狂ったようにその女を攻撃し私に寄せ付けなかった。
私はその女が少し哀れに思ったが私は妻を愛していたので何も言わなかった。

ようやく、私たちに安息が訪れた。
あの二人がくっつき、婚礼の契りを交わしたのだ。
私たちは、自分たちの新居を建てた日と同じ安息を取り戻した。
それから少し経ち、私達は多くの子供たちを授かった。
その頃、時を同じくしてあの二人も私たちと同じように子供たちを授かっていた・・・。

私達が取り戻した安息は長くは続かなかった・・・。
ある朝、目が覚めると住み慣れた自分の家に違和感を覚えた。
いつもと変わらず愛する子供たちを世話する永遠の愛を誓ったはずの彼女があの哀れな女に変わっていたのだ。
幸せな私の日常がまるで大きな何かの力で歪まされたような感覚に陥った。
悪い夢でも見ているのかと思ったが、その夢は醒めることはなかった。
当たり前のようにまるで自分がお腹を痛めて生んだ子供のように私と彼女の愛する子供たちの世話をするその女に腹が立った。
私はその女にこの不条理な状況のすべての怒りをぶつけ、攻め立て、必要に攻撃した。
あのとき、感じた哀れさなど微塵も感じず彼女が瀕死の状態になるまで。
だが、もう瀕死の状態に彼女がなるとまるで神の手に救われたかのように消え、数日すると元気な姿で私の前に当然のように現れるのだ。醒めない悪夢でも見ているようだ。
私は自分の運命を呪い。失ってしまった本来そこにいるはずの彼女の事を想った。

ある朝、僕が目覚めるとそこには、僕の望み叶わなかった光景が広がっていた。
僕が愛してやまず、決して手に入れることができなかった彼女が僕の家で僕の子供たちの世話をしていた。
彼女を諦めた後、僕は違う女と結婚し子供と家庭を気づいた。
彼女ははじめ、なぜこのような状態に自分が置かれているのかわからないようで混乱していたが、目の前の子供たちを放っておけず考えてもどうしようもないということは考えないといった風に目の前の生活の事だけを考え始めた。
緊急時、女性のほうが男性よりも落ち着いてどうにでもなれと開き直るというがまさにその通りだと思った。
諦めて負け犬になり下がった僕にも幸運が訪れたことに、あのとき恨んだ神に今は頭を垂れ感謝の意を伝えたいと思った。
神は本当に要るのかもしれない。だって願い続けた夢が叶ったのだから・・・。


「教授、すごいですね。本当に宝石魚っていうのは自分のつがいの相手を認識しているのですね。」
実験室にある色鮮やかな魚の入った二つの水槽の様子を覗き、私は教授に言った。
「『刷り込み』理論を提唱し、動物行動学をうちたてた功績でノーベル賞を受賞したローレンツ博士の著書『ソロモンの指環』という著書に同じ実験をした内容が載っていてね。今回はこれを真似てみたんだ。」教授は得意げにまるで自分がノーベル賞を受賞したことがあるかのように答えた。

宝石魚は、夫と妻が生殖行為を終えた後、さらには子育てを終えた後でさえも結びつきを保っている。実際に結婚とよんでもさしつかえない状態に至る唯一の魚である。
今回の実験では、つがいを個体として認識しているのか確かめる為に、まったく同じ成長過程の宝石魚を五匹水槽に入れ、成熟した夫婦を2組作り、その配偶者を途中で交換する実験を行った。
最初の夫婦ができ、順調かと思うと後から遅れて成熟期になったオスとメスが既存の夫婦のオスメスにそれぞれ執着したのは焦ったが、別の水槽に移したら上手く夫婦の契りを交わしてくれて助かった。
それからお互いのメスだけ交換したところ、それぞれが交換されたメスに気づいた様子だった。
一方のオスは、自分の妻でないメスを執拗に攻撃し、一方は自分の妻以上にスキンシップを取っていた。
宝石魚が本当に自分の妻を認識していたらなんて残酷な事だろうと心の中で思った。
「魚の世界にもドラマチックな愛憎劇があったりして~。」横にいた須藤が笑いながら話す。
「これからまた交換したメスを戻すぞ!」教授の声に反応し、私たちは作業を始めた。
「神の手入ります~!」須藤のふざけた声が隣から聞こえた。
もし、自分がこの鮮やかな魚のオスであったら自分の身に起こった出来事をどう思うのだろう。
自分の愛した妻が突然別人に変わる・・・。
恐ろしいことだが、それから妻が戻り変わらぬ日常が戻ってきたら、きっと誰かに話したくなるかもしれない。
たとえ、誰からも信じてもらえないとしても・・・。


秋田県ランキングへ
↑1日1クリックで応援お願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村  
↑1日1クリックで応援お願いします。


さくらと犬とジャガイモ

uuuu_20160424211452cac.png
今日はお花見三昧でした。
今日の内容は写真三昧です。
カップルや家族連れの多い
中、犬と二人で行ってきました。
犬を連れた人が多かったのですが、えむは小型犬に吠えられまくっていました。
場所は神宮寺の中川原公園、中仙八乙女公園、中仙道の駅です。
IMG_5235.png
IMG_5295.png
IMG_5302.png
uuuuuuu.png
ライオンキングっぽい!
uuuujh.png
uytg.png
gghhh_2016042421183135c.png
中川原公園
uuuuuu.png
地元の寺「宝蔵寺」
IMG_5230.png
八乙女に向かう途中!
IMG_5234.png
IMG_5233.png
kkkkk.png
八乙女公園
uuu_20160424212813c02.png
IMG_5226.png
hhh.png
中仙の道の駅はこまち・桜・橋が並ぶ数少ないスポットで撮り鉄やカメラマンに人気があるそうです。
こんなに写真を撮る人たちが・・・。皆さんこまち待ちです!
その横でスマホでパシャリ!
hhhh_20160424212816346.png
中仙の道の駅
IMG_5219.png
道の駅のバニラソフトを購入
IMG_5220.png
米粉の入ったソフトもあるそうです。
IMG_5221.png
IMG_5218.png
ソフトを狙うやつ!
hh.png
ジャガイモのポタージュを作りました。
ふかしたジャガイモと牛乳をミキサーにかけたものを鍋に移し、コンソメを入れお好みで水、胡椒、塩、砂糖、水を加えると簡単にできます。
サツマイモやほうれん草でも美味しいですよ!
h.png
朝食につけパンして食べてもおすすめです。
寒い日は温かく、これからの時期は冷やしても美味しく食べられます。
お試ししてみてください!

秋田県ランキングへ
↑1日1クリックで応援お願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村  
↑1日1クリックで応援お願いします。
IMG_5303.png
お出かけ前にえむとツーショット!

結婚は悲しみを半分に、喜びを二倍に、そして生活費を四倍にする。

kjhgfd.jpg
「ジューンブライド」という言葉がありますが、実は結婚式が一番多い月は6月じゃないんです。
無題
「ゼクシー」の調査によると「5月」が最も多く、次いで「4月」その後は、「10月」、「11月」の順に多いそうです。
「6月」はというと月別に見て、5番目という結果であったそうです。
なんだか意外ですね!
GAK96_tesuriniokaretahanataba_TP_V.jpg
そもそも「ジューンブライド」とはどんな意味なのでしょうか?
ジューンブライド(june bride)を直訳すると6月の花嫁、6月の結婚です。
欧米では古くから6月に結婚すると生涯幸せな結婚生活ができるという言い伝えがあります。
その由来は、以下の3説です。
C824_shirobaratoribon_TP_V_201604232203248b1.jpg
女神「JUNO」説
6月の月名である「JUNE」は、ローマ神話で結婚をつかさどる女神である「JUNO」(ユピテル)に由来しており、6月は結婚や女性の権利を守護する「JUNO」の月。この月に結婚する花嫁はきっと幸せになるだろう、という言い伝えです。

気候・季節説
ヨーロッパの6月は1年の中で最も雨が少ない月で、気候なども適しています。また、「復活祭」が行われる月でもあるため、ヨーロッパ全体がお祝いムードとなるので、多くの人から祝福される6月の花嫁は幸せになるだろう、という言い伝えです。
日本の6月は梅雨真っ盛りです。

結婚解禁説
農作業の妨げとなることから、ヨーロッパでは3月、4月、5月の3ヶ月間は結婚が禁じられていました。そのため、結婚が解禁となる6月に結婚式を挙げるカップルが多く、その分祝福も多かったため、多くの人から祝福される6月の花嫁は幸せになれるだろう、という言い伝えです。
これは、昔の日本にも該当しそうです。
CDS_weddings_TP_V.jpg
なんで、日本で「ジューンブライド」が有名になったのか?
ジューンブライドがまだ浸透する前の日本では梅雨真っ盛りの6月は、雨や悪天候、梅雨特有の蒸し暑さを理由に多くのカップルが6月の結婚式を敬遠していました。
そのため、6月の式場は閑散とした状態でした。
困ったのはホテルの支配人や経営者たちです。
そこでヨーロッパの言い伝えに目をつけ、幸せいっぱいのカップルたちが食いつきそうなロマンテックな理由を付け広めたという企業戦略に由来するわけです。
バレンタインや恵方巻と同じノリです!
経済はこうやって回っていくのですね。
MMK_settingsaretacake-thumb-autox1500-13729.jpg
ところで、結婚式といえば、入退場や各場面で多くの曲を流しますよね。
結婚式の準備の際、曲選びに悩む方も多いと思います。
また、独身の方でも自分の結婚式のときに曲を流すとしたこれ!なんて決めている方もいると思います。
歌詞の意味が解る邦楽が無難ですが、洋楽のほうがおしゃれだし、雰囲気出ていいよね!なんても思いますよね。
ということで、その曲結婚式で流して大丈夫?という洋楽のご紹介です。
ghkhgfd.jpg
call me maybe/ carly rae (カーリー・レイ・ジェプセン)
カナダの歌姫・カーリー・レイ・ジェプセンのヒット曲で、最近の結婚式でよく流れる曲の一つです。
某結婚式場のCMソングとしても流れています。
曲の和訳を見ると一目惚れした男の子に自分の電話番号を渡す恋する女の子の片思いの歌で、「あなたが恋しいの!だから電話してね!」的な歌詞で終わります。
淡い片思いと勇気を出して電話番号を渡した内容なので特に問題ないのではと思うのですが、じつはこのMVのラスト、片思いをしていた意中の彼は実はゲイで主役の女の子の男友達に電話番号を渡して終わります。オ~!バットエンド!
dddd.png
My Heart Will Go On /Celine Dion (セリーヌ・ディオン)
タイタニックの曲と言えば皆さんわかると思いますが、この曲タイタニック=沈没のイメージがあるだけでなく、亡くなってしまった愛しい人を想い歌った曲なので結婚式にはNGです。
gggh.jpg
I Will Always Love You/Whitney Houston (ホイットニー・ヒューストン)
映画ボディーガードの曲です。個人的にケーキ入刀で使われるイメージがあります。
「エンダ~♪イヤ~♪ジャスフォ~エ~♪」といえば皆さんわかるでしょうか?
なぜこの曲がNGかというとこの曲別れの曲なんです。
歌詞に「さよなら あなた」や「どちらにも分かっているはず私はあなたの必要なものではないってことを」なんて歌詞が入っているので絶対流してはダメです。

持ってる英語のTシャツがじつは物凄い恥ずかしい意味だったような感覚に襲われますよ!気を付けましょう!

秋田県ランキングへ
↑1日1クリックで応援お願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
↑1日1クリックで応援お願いします。



桜があんなに潔く散るのは来年も咲くのがわかってるからだよ。

今週に入って暖かい日が続いたため、桜が満開となりましたね。
今週末はお花見に行くという方も多いのではないでしょうか?
IMG_5123.png
週の初めは、五分咲程度でしたね。
gghhh.png
gggg.png
こちらは、週初めの中仙・八乙女です。
tttt.png
yyyy.png
昨日あたりから一気に満開になっていました。
rff.png
こちらは昨日の市役所前の様子です。
IMG_5144.png
fffff.png
ffff.png
先週末まで五分咲だった地元神宮寺も。
ffff.jpg
jkkhgg.png
満開となっていました。
このペースだとGWまで散ってそうな気がします・・・。
IMG_5153.png
桜舞い散る中に忘れた記憶と君の声が戻ってくる~♪
IMG_5151.png
吹き止まない春の風 あの頃のままで~♪
IMG_5150.png
君が風に舞う髪かき分けた時の 淡い香り戻ってくる~♪ 
二人約束した あの頃のままで~♪
IMG_5154.png
ヒュルリーラ~♪ヒュルリーラ~♪
花びら舞い散る~♪記憶舞い戻る~♪

中学高校時代、ケツメイシの桜のMVに出ている鈴木えみが可愛くてカラオケに行くと絶対入れていた記憶が舞い戻ってきました。
呼んだら飼い主の元に来るなんて賢い犬になったなと思ったら、このあと、平然と私の横を通り過ぎていきました。

秋田県ランキングへ  
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
↑1日1クリックで応援お願いします。


今週の一冊~正義って何なんでしょう?偽善の何がいけないのでしょう?~

熊本の地震まだ余震が続いていますね。
ここ数日朝起きてアイフォンを開くとニュースアプリが熊本の余震を通知します。
テレビのニュースでは、被災地の不安が続く状況を伝えています。
被災地の方々はまだまだ大変な思いで過ごされていると思います。
地震後、友人の自衛隊員に連絡を取ったところ、現地で頑張っている様子でした。
また、多くのボランティアの方々が現地で頑張っている様子がニュースで伝えられています。
このような大きな震災があると必ずあげられる言葉が「偽善」「売名」という言葉です。
実際、義援金詐欺や現地で邪魔になってしまう、迷惑を掛ける方はいると思いますが、大半の方は被災地の方々に感謝されたり、励ましになっています。
そんな人たちも前者と同じように批判されるのはなぜでしょう?
「やらない善よりやる偽善」その言葉通り「偽善」であろうと人々の役に立つことの何がいけないのでしょう?
批判する人間は、実際どんな素晴らしいことを実行したのでしょうか?
IMG_5142.png

今日ご紹介するのは、「正義」と「偽善」について考えさせられる書籍です。
IMG_5100.jpg
これから「正義」の話をしよう  マイケル・サンデル

「1人を殺せば5人が助かる。あなたはその1人を殺すべきか?」正解のない究極の難問に挑み続ける、ハーバード大学の超人気哲学講義“JUSTICE”。経済危機から大災害にいたるまで、現代を覆う苦難の根底には、つねに「正義」をめぐる哲学の問題が潜んでいる。サンデル教授の問いに取り組むことで見えてくる、よりよい社会の姿とは?NHK『ハーバード白熱教室』とともに社会現象を巻き起こした大ベストセラー。
「BOOK」データベースより
『ハーバード白熱教室』というNHK教育テレビの番組の内容を書籍化した作品です。
ハーバード大学史上最多の履修生数をほこる超人気哲学講義を一冊にまとめています。
今後の人生において得るものの多い作品です。

IMG_5099.jpg
「火星に住むつもりかい?」  伊坂幸太郎

住人が相互に監視し、密告する。危険人物とされた人間はギロチンにかけられる―身に覚えがなくとも。交代制の「安全地区」と、そこに配置される「平和警察」。この制度が出来て以降、犯罪件数が減っているというが…。今年安全地区に選ばれた仙台でも、危険人物とされた人間が、ついに刑に処された。こんな暴挙が許されるのか?そのとき!全身黒ずくめで、謎の武器を操る「正義の味方」が、平和警察の前に立ちはだかる!
「BOOK」データベースより
「正義」と「偽善」の違いは何かというテーマの作品。
伊坂作品の中でもバイオレンス要素が多い作品ですが、警句じみたセリフ、練られてストーリー、ラストにすっきりとピースがはまるようなストーリー展開と読み応えのある一冊です。



気になりましたら是非お試ししてみてください。
  

秋田県ランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
↑1日1クリックで応援お願いします。

 

誰かをさがすために

きょうもあなたは

何をさがしにとぼとぼ歩いているのです、

まだ逢ったこともない人なんですが

その人にもしかしたら

きょう逢えるかと尋ねて歩いているのです、

逢ったこともない人を

どうしてあなたは尋ね出せるのです、

顔だって見たことのない他人でしょう、

それがどうして見つかるとお思いなんです、

いや まだ逢ったことがないから

その人を是非尋ね出したいのです、

逢ったことのある人には

わたくしは逢いたくないのです、

あなたは変った方ですね、

はじめて逢うために人を捜しているのが

そんなに変に見えるのでしょうか、

人間はみなそんな捜し方をしているのではないか、

そして人間はきっと誰かを一人ずつ、

捜しあてているのではないか。

誰かをさがすために 中原中也
KAZ20141025-PA250087_TP_V.jpg
もうすぐまた一つ年を取る・・・。
いつからだろう。自分の生まれた日を素直に喜べなくなったのは。
少なくとも10代の頃は素直に喜べていた。それどころか、その日を迎えただけでその前日とは違う大人な私になった気分に浸ることができた。
そうゆう意味では、4月生まれの私はクラスの誰よりも早く大人に近づけていたのだろう。
昔はそれが誇らしかった。だが大人になった今では、同級生の誰よりも早く30代を迎える、40代を迎える、還暦を迎えると考えてると何の罪もない両親にいわれのない不満をぶつけたくなる。

誰かが言っていた「年齢なんて名前の後ろに付くただの記号でしかない。」と確かにそうかもしれない。
それでも、多くの人はそのただの記号で人を判断する。
男性に至っては、賢い主婦が一日でも賞味期限が先の食材を求めるように少しでもその後ろに付く記号が小さい女性を選び抜こうとする。
実際、私もその選考に漏れた一人なのかもしれない。

私には学生時代から付き合っている彼がいた。
付き合った当初は、どこにでもいるほかの10代のカップルのようにその相手に恋してるのではなく、恋というもの自体に恋していたのかもしれない。
恋愛ドラマや少女漫画のヒロインに自分を重ね合わせる10代の自分が記憶の断片に蘇る。
彼との些細なすれ違いや喧嘩で人生そのものに絶望や悲嘆を感じたり、彼の些細な優しさや私を思う言動、二人で刻んだ思い出を一生の宝物のように大事にしていた。
思い出とはいいものだ。その思い出が月日を重ねるごとにどんどん鮮やかになっていく。
人は失ったときに本当の価値を知り、それを惜しむという。
はじめは、恋に恋していた私達だったが二人で過ごす月日を重ねるごとに思い出を積み上げ、お互いにかけがえのない存在へと変わっていった気がする。
それがいつからか自分が捧げた月日を惜しむかのように、その関係をただ持続させ続けていたのかもしれない。
それでも、私達の関係はお互いに無理やすれ違いをしていてもなんとか続いていた。
だが、そんな取り繕った関係も一瞬で、そして、一つの些細な出来事で終わりを迎える。

付き合って10年目の記念日ともなるとお互いに気怠い学校行事をこなすような感覚に変わっていた。
その前の年の春、彼は仕事の関係で隣の市に引っ越すことになった。
このとき、今の仕事を辞めて私が彼に付いていったら今も彼との関係は続いていたのかもしれない。
あるいは、彼との関係だけでなく、仕事も一緒に失っていたのかもしれない。
お互い仕事が忙しいこともあり、その前から少しづつすれ違いお互いに相手の存在が希薄になっていた。
このままではいけないと私は慣れないサプライズを考え、友達に相談し、実行に移した。
結果は散々だ・・・。
その日の仕事終わりに彼のアパートを訪れるとまだ部屋に明かりがついておらず、私は彼の好きな料理を作り、買ってきたケーキを冷蔵庫に冷やして彼の帰りを待った。
しかし、時計が次の日を告げても彼は帰ってこなかった。
携帯への連絡も返ってこない。
待つことを諦めた私は、沈んだ気持ちのまま料理にラップをかけ、メモを残し彼のアパートを出た。
彼のアパートの階段を下りているとアパートの前に見慣れた車が見えた。
沈んだ私の気持ちが一瞬でなくなった。
眩しいライトが消え、車内の様子が外の街灯の光ではっきりと見えた。
私が見慣れたはずの車には、私の見たことのない女が乗っていた。
明らかに私よりも若いまだ幼い面影のある女の子と女性との狭間にいるような女が・・・。
彼と目が合う。
今思うと罪を犯した人間が逃げ場をなくし、その罪を自白するようなあるいは、小さい子供が親に悪戯がバレたときのような表情だった。
そこからの記憶はあまりはっきりと覚えていない・・・・。
今思うと、私がもうこの関係はだめかもしれないと思うよりももっと前に彼の気持ちは冷めていたのかもしれない。
それから、彼には会っていない。何度も携帯に着信や留守電、メールが入っていたが無視した。
そのどれもは、まるで、浮気した男の謝罪文というテンプレートがあるような聴き慣れた陳腐な言葉やこれまた陳腐な愛の言葉が並ぶ内容だった。
共通の友人に事の次第を話し、別れを告げ、私達の10年間の関係は終わりを告げた。

私を心配して友人たちが頻繁に飲み会に誘ってくれたり、男性を紹介してくれた。
以前よりもたくさんの男性に会う機会が増えた。その中でいいなと思う人もいたが、彼の呪縛にまだ憑りつかれているのか、まだ会ったことのない誰かを求めているのか、どの男性とも関係を築くことはなかった。
陳腐な言葉だが運命を感じる相手とは思えなかった。
それは、きっと友達が無理やりセッティングした飲み会の席という無理やりに作られた出会いの場で、これがまた違う場所、タイミングであれば運命的なドラマチックな気持ちを感じ、自分はその人と恋に落ちていたのかもしれないと思ったりした。
このとき、私は自分が悲劇のヒロインとでも思っていたのかもしれない。

ふと、会社の30代後半の先輩を思い出した。
若い頃はすごく美人でモテたのだろうなという女性だ。
数年前から婚活に力を入れていた。一度、結婚相手の条件についての話をしているのを聞いたことがあるが「日本にそんな人は何人いるのだろうか?」と誰もが思うような厳しい条件だった。
私が心のどこかに持っている「白馬の王子様がいつかきっと私を迎えに来てくれる」というプリンセス思考をこの人も持ち合わせていることに同族嫌悪のようなものを感じつつ、このままでは、自分も数年後には同じような女になるのではないかと不安駆られた。
人は失ったときに本当の価値を知り、それを惜しむ。そして、次は失ったもの以上のものを得ようとするものだ。
きっと、この人は私よりも大きな何かを過去に失ったのだろうと思った。

友人たちの私の傷心を癒すキャンペーンが終わると少し気持ちが楽になった気がする。
今は無理に出会いを求めなくても良い気がした。
友人たちのキャンペーンでは、自分の求める形の出会いはない気がしたし、独り身の期間を設けるいいのかもしれないと思った。
それに、私はまだ彼の呪縛から逃れられていない気もした。
それから、もう少し白馬の王子様を待ってみるのもいいかもしれないと思った。

それから、休日や仕事終わりは自分の好きなように過ごした。
友人と食べ歩きや旅行に出かけたり、一人でカフェで過ごしたり、フラワーアレンジメントやヨガ教室に通ったりもした。
誰にも縛られず心地良さを感じることが多かったが、たまにふと物凄く孤独な気持ちになることがあった。
何の予定もない仕事帰りや休日一人で過ごしているとき、朝起きたとき、夜寝る前突然その気持ちが溢れ出してくることがあった。
彼と出会ったときも唐突に物凄く孤独な気持ちに苛まれているときだった。
もちろん白馬には乗っていなかったが運命のような何かを感じた。
それは仕事帰りのある日、雨の中私と同じように道の隅で孤独に震えていた彼がいた。
彼と目が合うと私を呼んで泣いているような気がした。
彼を連れて家に帰り、冷え切った体を温めてあげた。
彼がタオルを積み上げた上で安心しきった顔をして寝息を立てている間で、近くのコンビニできっと起きた時にはお腹を空かしているだろうと彼のご飯を買った。
コンビニの袋を持ち私がドアを開けると眠っていたはずの彼は私を出迎えてくれた。
心にぽっかりと開いた穴が少し塞がった気がした。
それからは、以前のように物凄く孤独な気持ちに苛まれることが少なくなった気がする。
何気ない日常が前よりも楽しく感じた。
仕事であった嫌な事や愚痴を彼は静かに隣で聴いてくれた。
仕事帰りに家にまっすぐ帰ることが増え、休日も家で過ごすことが増えてた。
出会った頃はあんなに小さく弱弱しかった面影はもはやなく、彼は立派な愛らしい猫へと成長していた。
日に日に彼への愛情は増していった。

彼と過ごし始めて、一年が経とうとしていた。
毎日が充実していたことは変われなかったが、またあの気持ちに苛まれるときが増えた気がする。
このままは猫と二人気ままに生きていくのもいいかもしれないと思いつつ、猫には埋められない心の隙間があることも自分でわかっていた。
こんなことを考えるのは、誕生日が近づいているからだと思う。
そんなことを思いつつ、彼のご飯のストックがあまりないことを思い出す。
仕事帰りに近くのコンビニに立ち寄る。
レジに自分の夕ご飯のサラダとキャットフードを持ち向かう途中後ろから声を掛けられた。
「あの~。もしかして」声に反応して後ろを振り返る。
人の好さそうな爽やかな笑顔をしたスーツの男性が照れくさと不安が入り混じった笑顔を私に向けていた。
なんだか見覚えのあるその笑顔を思い出すため、私は自分の記憶を遡った。
友達たちが企てた私のための傷心キャンペーン期間の飲み会にいた人だと気づく。
そして、その柔らかな笑顔に自分が好印象を持ったことも一緒に思い出す。
「以前、飲み会で会った・・・。」
私が覚えていたことに彼はすごく嬉しそうなまるで親に褒められた子供のような笑顔を向けた。
そして、嬉しそうな彼の手には私の手の中にあるものと同じキャットフードがあった。

家で待つ彼と出会ったときに感じたような気持ちが自分の中から沸き上がってくるのを感じた。
全ての出会いは、どこかで繋がっているのかもしれない。
その年からずっと誕生日を迎える私の隣にはあの日出会った笑顔の彼が寄り添っていた。
二匹の猫とともに・・・・。


秋田県ランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 

↑1日1クリックで応援お願いします。

悪役の哲学~ひとつ、人の世の生き血を啜り 、ふたつ、不埒な悪行三昧、みっつ、醜い浮き世の鬼を、退治てくれよう~

IMG_1242_20160418202312f1b.jpg
悪役の哲学。
光あるところに影あり。古今東西各ジャンルにおいてメインの主人公がいれば、必ず悪役がセットでいます。
また、フィクションだけでなく、歴史上や実生活においても必ず悪役と呼ばれる存在が居続けています。
あなたの人生を振り返ってみても、悪役とは言わなくてもあなたに敵対する人物、またはあなたの人生の妨げになる人物はいませんでしたか?
悪役の哲学では、悪役たちの性格、趣味嗜好や考え方、その生き方などを考察していきたいと思います。

HIRO92_tukinomieruoka-thumb-1000xauto-18044_2016041823054534c.jpg
昔々あるところに、おじいさんとおばあさんが住んでいました。
おじいさんは、山へ芝刈りに、おばあさんは川へ洗濯へ。
おばさんが川で洗濯しているとドンブラコ、ドンブラコと大きな大きな桃が流れてきました・・・。

hhg.jpg
日本人なら誰もが知っている昔話「桃太郎」
今日はそんな桃太郎についてです。
日本人が誰でも知っている昔話を代表するヒーロー桃太郎は本当に正義の味方なのでしょうか?
皆さん、桃太郎のストーリーはご存知だと思いますが、一応ストーリーを箇条書きでざっくりと。
昔々、子供のいないおじいさんおばあさんが二人暮らしをしていました。
おじいさんが山へ芝刈りに行っている間、おばさんが川で洗濯していると川から大きい桃が流れてくる。

おばあさん、桃を持ち帰る。

家に帰り、桃を割ると中から男の子が生まれる。桃太郎という安易な名前を付ける。

桃太郎すくすく育つ。

大きくなった桃太郎は、鬼ヶ島に悪い鬼を退治しに行くと言う。
育ててくれたおじいさんの芝刈りを手伝ったほうが親孝行ではないかな?

おばあさんは遠足に行く子供にお弁当を渡す感覚で岡山名物きび団子を旅立つ息子に渡す。
桃太郎が「えっ!これだけ・・・。日帰り旅行じゃねえんだぞ。」と思ったかは定かではない。

道端で、動物にきび団子で餌付けをし犬、猿、雉を仲間にする。岡山には現在も野生の猿が住んでるそうです。
現在の契約社員のようなもので、福利厚生皆無、報酬は全てきび団子で支払われ、命の保証はなく、労働者には大変過酷な労働環境である。ブラック企業の先駆けである。
「きび団子一つで鬼退治」これはブラック企業を揶揄する言葉である。

無事。鬼ヶ島に着き、問答無用で鬼を退治。宝を奪う。女子供も関係ないぜ!どっちが鬼だ!

お供を連れ村人が奪われた宝を持ち帰り、幸せに暮らしました。めでたし。めでたし。
「川から桃太郎」とは「棚から牡丹餅」と同じ意味で用入れられる。

etttt.jpg
鬼が悪役で、桃太郎が正義の味方というのが一般的な解釈ですが、桃太郎という昔話は実は賛否両論な意見が昔からあります。
芥川龍之介や福沢諭吉もTHE昔話のヒーロー「桃太郎」を批判しています。
福沢諭吉「桃太郎が鬼ヶ島に行ったのは宝を獲りに行くためだ。けしからん事ではないか。宝は鬼が大事にして、しまっておいた物で、宝の持ち主は鬼である。持ち主のある宝を理由もなく獲りに行くとは、桃太郎は盗人と言うべき悪者である。」
では、そんな桃太郎について検証していきましょう。
ttttg.jpg
知られざる桃太郎のあれやこれや。
IMG_1243_20160418202311f84.jpg
桃から生まれたわけではない。
「桃から生まれた桃太郎」という有名なセリフがありますが、それは子供向けのアレンジで桃太郎は桃から生まれたのではなく(そうだったら、おばあさんに包丁で真っ二つにされています。)おじいさんとおばあさんが桃を食べて、若返り毎晩ハッスルハッスルマッスルマッスルして子供が生まれたというのがオリジナルです。
この話はご存知の方も多いと思います。
これは昔から桃というのは、不老長寿を象徴しているもので、弥生時代より中国の影響を受け,神聖なものとして扱われていたのに由来しているためです。

そのほかに桃そのものが女性であったという説もあります。
おばあさんが拾ってきたのは、大きな桃ではなく、若い娘であった。桃は若い娘のお尻の象徴であります。
子供が出来ず悩んでいたおばあさんは、拾ってきた娘におじいさんの子供を孕ませ、生まれた子供をその娘から取り上げたという内容です。
ドロドロし過ぎて、子供には絶対聞かせられません。
このおばあさんは川で心の洗濯をしたほうがいいと思います。

hhhh.png
なぜ、お供は犬、猿、雉?

あなたは桃太郎です。
あなたなら、鬼退治に連れていく3匹の動物に何を選びます?
そんな心理テストありそうですね。
私なら、アフリカゾウ、コディアックヒグマ、クロサイの重量級メンバーを選びます。
確実にきび団子じゃ無理ですね。課金しなきゃです!
では、桃太郎はなぜ犬、猿、雉を選んだかというと「鬼門」の鬼に対抗して、「裏鬼門」に位置する動物(申(サル)、酉(キジ)、戌(イヌ))を率いたという説陰陽五行説で『桃』は金行に分類される。金行に当てはめられる方位は西で、まさに『申・酉・戌さる・とり・いぬ』の三支がここに分類される説、さらに儒教的解釈では、サルは智、キジは勇、イヌは仁を表し、供を連れて家に帰ることで、鬼から奪った宝だけでなく、智・勇・仁というかけがえのない宝も手に入れたという説という3つの説があるそうです。
ooooo.jpg
実は残虐非道な桃太郎さん

「桃太郎さん~桃太郎さん~♪お腰につけたきび団子~♪一つ私に下さいな~♪」で始まる有名な桃太郎の歌ですが、じつは6番まであり、鬼退治の様子を歌う4番と5番の内容
4番 ねそりゃ進め そりゃ進め
   一度に攻めて(せめて) 攻めやぶり
   つぶしてしまえ 鬼が島(おにがしま)

5番 おもしろい おもしろい
   のこらず鬼を 攻め(せめ)ふせて
   分捕物(ぶんどりもの)を えんやらや

とこのように残虐極まりなく、嗜虐的な桃太郎の一面と一方的な戦闘シーンが語られています。
鬼からしたらある日、突然、動物を従え日本一という旗を指した危険人物が襲ってきて島の民をいたぶり金品財宝を奪い去っていったのです。いい迷惑です。鬼からしたら恐怖しかありません。
桃太郎が正義の味方なのか悪役なのかわからなくなってきましたね。
では、本当の桃太郎の実態が分かったところで、桃太郎のモデルになった人物について書いていきます。
ghgfd.jpg
桃太郎のモデルになった男

桃太郎のモデルとなったと言われる吉備津彦命 (きびつひこのみこと)は古代日本の皇族です。
第七代孝霊天皇の第三子で本名を彦五十狭芹彦命(ひこいさせりびこのみこと)といいます。
日本書紀では吉備津彦命、古事記では大吉備津日子命と呼ばれ、ほかにも吉備冠者(きびのかじゃ)と呼ばれたりもします。
ggggg.jpg
岡山県において昔から広く語り継がれている伝説によると、昔、岡山に鬼がいた。
温羅(うら)と呼ばれるその鬼は、もとは百済(昔、朝鮮半島南西部にあった国)の王子だったとされています。
巨体に赤髪の異様な姿で性格はきわめて凶暴。 現在の岡山県にある吉備津神社から西北へ10キロほどに位置する片岡山に作った「鬼の城」を拠点に、暴虐の限りを尽くして人々を恐怖のどん底に陥れていた。
そして、その鬼の討伐に朝廷から派遣されたのが吉備津彦命である。

吉備津彦命は、犬飼健(いぬかいたける)・楽々森彦(ささもりひこ)・留玉臣(とめたまおみ)という3人の家来と共に鬼を倒し、その祟りを鎮めるために温羅を吉備津神社の釜の下に封じました。
家来である犬飼健を犬、楽々森彦を猿、留玉臣を雉と見立てて(犬以外適当だな。)、この温羅伝説が語り継がれるうちに昔話の「桃太郎」になったと言われています。
無題
桃太郎のモデルになった吉備津彦命は間違いなく傍若無人な鬼に恐れおののく人々を救ったヒーローですね。
それが時代が経つごとに面白おかしく脚色され現在の桃太郎と至ったということですね。
突然、桃から生まれた正体不明の男が動物三匹を連れ、悪の象徴である鬼を倒し、無事に帰還し鬼が村人から奪い取った宝でその後悠々自適に暮らすという話になり、その結果「桃太郎って本当にヒーローなの?」や「鬼ってそんなに悪い事したのかな?」、「動物三匹連れて、鬼退治とか正気じゃない!」と言われるようになってしまいます。

bbbb.png
歴史や古くから伝わることが絶対に正しいとは限りません。
歴史は勝者が語るもので、負けた者は死人に口なし状態で、勝者が賛美される内容で伝わります。
そして、古くから信じられていた事柄でも間違いだった、まったく全然見当違いの事だったという事柄は日常に溢れています。
全ての情報を正確見極めることは不可能です。
もっと身近な話で考えると誰かの噂を人から聞いたとして、それが本当かどうかなど聞かされた人間にはわかりません。
恐らく話してる本人も真実などわからないでしょう。もはや真実かどうかなんてどうでもよく話しているのかもしれません。
それでも、他人にはそれがあたかも真実のように話します。
そして、それだけに飽き足らず、ご丁寧に本来ないはずの尾ひれまで付けて。
自分に被害のない奇抜な話や誰かをあざ笑う話ほど人は好み、そしてそのような話ばかりが広まり、長く人の記憶に残っていきます。

f_20160418232210df3.png
人は自分に被害のない他人の不幸な話を楽しみ、長く娯楽とし続けてきました。
中世ヨーロッパや江戸時代、庶民にとって処刑は最も人気のある娯楽であったそうです。
中世の魔女狩りなんかもその類です。
多くの無害な人間がまったく根拠のない理由で告発され処刑されました。
喜劇王チャールズ・チャップリンは「人生は近くで見ると悲劇だが、遠くから見れば喜劇である。」という言葉を残しています。
人は、人生において繰り返し他人の喜劇の観客と自分の悲劇の主演を演じながら生きているのかもしれませんね。
IMG_1241.jpg

秋田県ランキングへ  
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

↑1日1クリックで応援お願いします。



人生とは嵐が過ぎ去るのを待つことではない。雨の中でどんな風にダンスするかを学ぶことだ。

IMG_5051.png
今日は、あいにくの空模様ですね。
ヨーロッパの諺に「三月の風と四月の雨で五月の花が咲く」という言葉があるそうです。
そんな言葉を聞くと雨の日の憂鬱さも少しまぎれる気がしませんか。
午後になり、雨が止んだのでえむとお出かけしようと思ってたら、突然の土砂降りそして夕方からは強風。
秋の天気は変わりやすくそんなところから「女心と秋の空」という言葉がありますが、春も「春に3日の晴れなし」という言葉があるほどに天気が非常に変わりやすく気温の変化も激しいです。
ですから、お体にはお気を付けください。
今年の春の風邪は咳が長引き、喉にも嫌な症状が出るそうですので体を冷やさないよう気を付けましょう!
IMG_4840.jpg
今日は、天気が荒れなければ、えむと桜の咲いてるところを探しに行こうと思ったんですが残念ながらホームセンターに行ってる間に天気が荒れてしまい帰宅しました。
これからの行楽シーズンに向けて1500円でイスをGETしました。
IMG_5028.jpg
IMG_5052.png
飼い主より先に座る犬。
IMG_5036.jpg
それと可愛いガーベラがあったので、購入。
IMG_5039.jpg
IMG_5042.jpg
家に帰り、さっそく大きい鉢に植え替えそれから買ったイスで外を見ながら読書。
IMG_5027.jpg
IMG_5024.jpg
IMG_5026.jpg
えむは隣で熟睡。
IMG_5037.jpg
今年の春先からミニバラも育てています。
jhgfd.jpg
夜は、昨日作ったマッシュポテトに合わせてオムライスとキノコとニンジンほうれん草のコンソメスープを作成。
jkljh.jpg
明日の朝ご飯用にワンプレートバージョンも作成。

世の中には、日曜の夜になると何となく憂鬱になる「サザエさん症候群」なるものが存在しているようですが・・・。
私は同じ時間に今日一日を振り返り、自分の女子力の高さにドン引きしてました。 
お菓子作りや手芸を始めたら末期だなぁ~と思う今日この頃でした。

秋田県ランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
↑1日1クリックで応援お願いします。





Newest

Designed by Akira.
Copyright © 日々の名残り~The Remains of the Days~ All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。