日々の名残り~The Remains of the Days~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

悪役の哲学~鏡よ鏡よ鏡さん~

悪役の哲学。
光あるところに影あり。古今東西各ジャンルにおいてメインの主人公がいれば、必ず悪役がセットでいます。
また、フィクションだけでなく、歴史上や実生活においても必ず悪役と呼ばれる存在が居続けています。
あなたの人生を振り返っても、悪役とは言わなくてもあなたに敵対する人物、またはあなたの人生の妨げになる人物はいませんでしたか?
悪役の哲学では、悪役たちの性格、趣味嗜好や考え方その生き方などを考察していきたいと思います。

fffffgh.jpg
数年前からディズニーキャラの実写映画が異様に多い気がします。特にプリンセスもの。
そして、その大半がアクション要素の強い映画でディズニープリンセスが傷だらけで戦うものばかりです。
受け身で守られるばかりだったプリンセスたちが・・・。
時代の変化でしょうか?みんな王子より強くないですか?
ccsdfgfd.jpg
ディズニープリンセスが一通り終わったせいなのか、ディズニーチャンネルは現在、悪役のマレフィセント(眠れる森の美女)、ジャファー(アラジン)、女王=魔女(白雪姫)、クルエラ・ド・ヴィル(百一匹わんちゃん)の子供たちを主人公にしたディズニーの実写映画「Descendants」を制作しているそうです。
アンジェリーナ・ジョリーのマレフィセントも話題になりましたからね。
ということで、今回はそんなディズニーの悪役の中から「白雪姫」の女王=魔女について書いていきたいと思います。
rrrrrrrg.jpg
白雪姫の概要

白雪姫は、元々はドイツのヘッセン州バート・ヴィルドゥンゲンの民話で数あるグリム童話の一つとして世界に広まりました。
タイトル及び主人公の呼称の日本語訳名は「白雪姫」が一般的でありますが、原題の「Schneewittchen」雪のように白い子の意であることから、厳密に正確な日本語訳とするなら「雪白姫(ゆきじろひめ)」が正しいそうですが、なんだか語呂が悪い気がしますね。
ffffffffff_20160712163026467.jpg

あらすじ(グリム童話)
ある国に、「白雪姫」と称される容貌に優れた王女がいた。しかし彼女の継母(グリム童話初版本では実母)である王妃は、自分こそが世界で一番美しいと信じていた。彼女が秘蔵する魔法の鏡は、「世界で一番美しいのはだれか」との問いにいつも「それは王妃様です」と答え、王妃は満足な日々を送っていた。

白雪姫が7歳になったある日、王妃が魔法の鏡に「世界で一番美しい女は」と訊ねたところ、「それは白雪姫です」との答えが返ってくる。怒りに燃える王妃は猟師を呼び出すと、白雪姫を殺し、証拠として彼女の肺臓と肝臓(※作品によっては心臓となっている)を取って帰ってくるよう命じる。しかし猟師は白雪姫を不憫がり、殺さずに森の中に置き去りにする。そして王妃へは証拠の品として、イノシシの肝臓をかわりに持ち帰る。王妃はその肝臓を白雪姫のものだと信じ、大喜びで塩茹にして食べる。

森に残された白雪姫は、7人の小人(sieben Zwerge)たちと出会い、生活を共にするようになる。一方、白雪姫を始末して上機嫌の王妃が魔法の鏡に「世界で一番美しいのは?」と尋ねたところ「それは白雪姫です」との答えが返ってくる。白雪姫がまだ生きている事を知った王妃は物売りに化け、小人の留守を狙って腰紐を白雪姫に売りつける。そして腰紐を締めてあげる振りをして彼女を締め上げ、息を絶えさせる。

やがて帰ってきた7人の小人は、事切れている白雪姫に驚き、腰紐を切って息を吹き返させる。一方、王妃が再び世界一の美女を魔法の鏡に尋ねたことにより、白雪姫が生きている事が露見する。王妃は毒を仕込んだ櫛を作り、再度物売りに扮して白雪姫を訪ねる。白雪姫は頭に櫛を突き刺され倒れるが、小人たちに助けられる。
今度こそ白雪姫を始末したと上機嫌の王妃だが、魔法の鏡の答えで白雪姫の生還を悟る。王妃は、毒を仕込んだリンゴを造り、善良なリンゴ売りに扮して白雪姫を訪ねる。白雪姫は疑いもなくリンゴを齧り、息絶える。

やがて帰ってきた小人たちは白雪姫が本当に死んでしまったものとして悲しみに暮れ、遺体をガラスの棺に入れる。そこに王子が通りかかり、白雪姫を一目見るなり、死体でもいいからと白雪姫をもらい受ける。

白雪姫を棺をかついでいた家来のひとりが木につまずき、棺が揺れた拍子に白雪姫は喉に詰まっていたリンゴのかけらを吐き出し、息を吹き返す。蘇生した白雪姫に王子は喜び、自分の国に連れ帰って王妃として迎える。(ディズニー版では王子のキスで目覚める。この設定でなければ王子は死体に恋したただの変態です。)

白雪姫と王子の結婚披露宴の席。王妃は真っ赤に焼けた鉄の靴を履かされ、死ぬまで踊らされる。
~ウィキペディアより参照~
rrrrfdfg.jpg

自分の娘を執拗に何度も殺そうとする女王恐ろしいですね。原作では実母だからより怖い。
王妃はその肝臓を白雪姫のものだと信じ、大喜びで塩茹にして食べる。←完全に正気じゃないです。
王子が通りかかり、白雪姫を一目見るなり、死体でもいいからと白雪姫をもらい受ける。←どう考えてもよくない。
王妃は真っ赤に焼けた鉄の靴を履かされ、死ぬまで踊らされる。←シンデレラの継母も確か最後焼けた靴で踊らされていましたね。グリム兄弟焼けた靴踊り好きですね。
ちなみにかつて魔女裁判において、真っ赤に灼けた鉄製の靴を履かせる拷問が実際に行われていたそうです。
グリム兄弟はきっとそこからアイディアを取ったのでしょう。
そして、これが女王=魔女という説明にもなりますね。じゃあ、シンデレラの継母も・・・。
ディズニー版では、七人の小人に追い詰められ、岩を落とそうとするも落雷に打たれ、崖から転落し、その後、ロスト島という島で暮らし、イヴィという子どもを持つ親となっているそうです。
ggfdse.jpg
傲慢と嫉妬の魔女 クイーン・グリムヒルドの逸話。
あまり知られていませんが、ディズニー版の「白雪姫」の女王(魔女)には名前があります。
その名は「クイーン・グリムヒルド」。100%悪役の名前ですね。
ちなみに老婆の姿の時はウィックドウィッチというそうです。
そのグリムヒルドが女王として座っているのは「peacock throne」という金色の王座
peacockは日本語で孔雀、彼女の究極の自慢や傲慢さをその座に居座ることによってシンボル化しているそうです。
※七つの大罪において傲慢に該当する動物は孔雀。
fffhgfds.jpg
数いるディズニー作品とその悪役ですが、ディズニーの長編映画ではじめて言葉を発したのがグリムヒルドであったそうです。
それまでのディズニー映画では悪役は、言葉を発さなかったそうです。
演じた声優は女王グリムヒルドと、白雪姫に林檎を渡すウィックド・ウィッチ両方の声優を担当しました。
その際、おばあさんのしゃがれた声を出すために、虫歯を抜くことによって声質に変化を与え、セリフを録音したそうです。
美しく傲慢な女王のモデルには多くの材料を参考にしたそうです。
その中の一人が、Joan Crawford(ジョーン・クロフォード)という「ミルドレッド・ピアース」で、アカデミー主演女優賞を獲得した大女優がいます。
おそらく、グリムヒルドは白雪姫よりこだわって作られたキャラクターではないのでしょうか。
bbvc.jpg
嫉妬の炎は、より自分に近しい位置にいるものに対してほど大きく激しく燃え盛る。
人は誰しも、嫉妬と傲慢というのを潜在的に内に秘めています。
自分の立場が強くなる、上に行くほど人は心のどこかに抱えた傲慢さが顔をうかがわせます。
一方で、自分の立場が弱く、低くなるほど人は心の奥にある慢心、怠惰を引き出します。
その二つは恐ろしいもので、少しずつ本人を蝕んでいきます。
周りの人間は気づいてもなかなか自分で気づくことはできません。
そして、手遅れになった時に初めて気づくのです。
まるで鏡に映る自分が自分ではない誰かのように・・・。

gggdddd.jpg
嫉妬とは、人の本能的な感情だと思います。
誰かよりも自分が上に立ちたい、自分が幸せでいたい、あいつより自分のほうが優れている。
せめて、自分の周りの人間よりと・・・。
もしも、嫉妬という感情がなければ、人間は誰しも平和で等しく貧しかったのかもしれません。
ある程度他人を羨む羨望すること、誰かに負けたくないと負けん気を出すことは悪いことではないですが、それがマイナス方向に向かうときっと人は不幸になります。
自分が対等の位置まで上り詰めるよりも、相手を蹴落とすほうが簡単だからこそ人は嫉妬に溺れた際本来の目的すら失い他人を陥れる悪役へと自ら進んでいきます。

嫉妬という感情は自分の知らない他人や遠くにいる人間よりも自分の近しい人間やよく知る人物に対してより強くそして執拗に現れます。
なぜなら、相手をよく知る分いざ相手が自分よりも上である、自分より優れている、自分が負けてしまった場合過去や自分が劣っている部分以外を探し、なぜこんなやつに私がと相手の悪い部分や粗を探し出し、自己弁護をして相手を悪役に仕立ててしまいます。
人は誰しも、他人を値踏みし勝手に評価をつけ、その人のすべてを知らずとも、まるでそれが本当にその人自身の能力であると決めつけてしまいます。
そして、それが覆ってしまった場合素直に受けいれるどころか自分の評価が間違っているはずがないと相手の粗を探し攻撃します。
無題
この二つの感情とうまく付き合っていくことが人生を有意義に過ごすのには必要不可欠なのかもしれません。
そのためには、この二つの感情が大きくなり、取り返しのつかない状態になる前に自らの行動や相手との接し方、そして他人を色眼鏡をかけてみてないかを日頃から振り返ることが必要なのかもしれませんね。

今鏡に映るあなたの顔は傲慢や嫉妬に染まってはいないでしょうか?
MIYA16013154DSC_0717_TP_V_20160713025344e4e.jpg


秋田県ランキングへ
↑1日1クリックで応援お願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
↑1日1クリックで応援お願いします。


  



スポンサーサイト

悪役の哲学~兄より優れた弟など存在しない~

IMG_5875_20160602154913045.jpg
悪役の哲学。
光あるところに影あり。古今東西各ジャンルにおいてメインの主人公がいれば、必ず悪役がセットでいます。
また、フィクションだけでなく、歴史上や実生活においても必ず悪役と呼ばれる存在が居続けています。
あなたの人生を振り返ってみても、悪役とは言わなくてもあなたに敵対する人物、またはあなたの人生の妨げになる人物はいませんでしたか?
悪役の哲学では、悪役たちの性格、趣味嗜好や考え方、その生き方などを考察していきたいと思います。

HIRO92_tukinomieruoka-thumb-1000xauto-18044_2016041823054534cs_2016060215484142c.jpg
youはshock愛で空が落ちてくる~♪youはshock俺の胸に落ちてくる~♪
久方振りの今回は、北斗の拳に登場する悪役です。
今回の主役は、「わが生涯に一片の悔いのない方」でも、「ピラミッドを完成させることができなかったあの方」でもなく、「強い信念を持つ漢」揃いな北斗の拳において浮いた存在で物語終盤にはその存在がないものであるかのように扱われたモヒカン野郎を率いるTHE小悪党「ジャギ」です。
hhhhh.jpg
それでは、まずは北斗の拳の簡単なあらすじをどうぞ!
hhggg.png
世紀末救世主伝説・北斗の拳とは?
核戦争後の荒廃した世界で恋人ユリアと旅する北斗神拳伝承者のケンシロウ
そこに、ライバルであったシンという男が現れユリアを攫っていきます。
そのうえ、ケンシロウは胸に七つの傷までつけられます。
ユリアを捜し彷徨う中、死闘を繰り広げ、世直しやたくさんの人と出会い、一緒に旅する仲間ができ、最終的に拳王と自ら名乗り世界に君臨しようとする兄を倒すまでを描く世紀末救世主伝説です。
作中には、敵味方たくさんの拳法家が登場します。
kjhgfd_20160602175835d11.jpg
ちなみに私は北斗の拳のキャラでは断然、南斗水鳥拳のレイが好きです。(決してジャギではない・・・。そう、ジャギではないのだよ・・・。ジャギでは・・・。)
無題
北斗四兄弟三男の一生。~俺の名を言ってみろ!~
ジャギは北斗四兄弟の三兄としてラオウ、トキ、ケンシロウらと共に北斗神拳を学んだ人物。
他の兄弟たちとは違い、北斗宗家の血を引き継いでおらず、血縁関係も無い。
北斗神拳伝承者候補として最後まで残ったものの、その実力は他の兄弟達に大きく劣る
その劣等感と噛ませ犬扱いから性格が歪みその後悪行三昧へ。
「要は勝てばいい」という信念をもっており、ほかの兄弟と違い拳だけではなく、銃や含み針といった裏技を用いて戦う。(まさに外道。)
弟のケンシロウが伝承者に決まったことに怒り、銃で脅して辞退するよう脅迫したが、返り討ちに遭い、秘孔(押されるとあべし!となる体の大事な核)を突かれ、頭を覆うヘルメット無しでは生きられぬ体に。(どんな設定だよ!)
シンにユリアを奪うよう持ちかけ、自分自身の胸に七つの傷を付け、「ケンシロウ」になりきって悪行を繰り返しケンシロウの悪名を世に広める。
その後、ケンシロウに正体を突き止められ、アジトの屋上でケンシロウと対決。
ケンシロウを倒し、真の伝承者になろうとするも、拳や武器も何一つ通用せず奥の手としてガスタンクを用い、屋上を炎上させる。
これで、一旦は勝利を確信するが、シンを唆したのが自分であることを暴露してしまったことでケンシロウを怒らせてしまい、怒りの拳をくらい敗北。
拘束具が外れ、頭を破裂させた死ぬ間際に残る2人の兄が生きていることを明かし、ケンシロウのこれから辿る道が地獄である事を告げ死亡。
俗にいう「クククッ・・・。最弱の俺を倒しても第2第3の敵がお前を待ち構えている・・・。」的なテンプレートのセリフです。(いいとこ一つもない・・・。お手本のような噛ませ犬人生・・・。)
ggfff.jpg
小悪党ジャギが人気が人気の理由。
ジャギと言えば、北斗の拳における卑怯・外道・噛ませ犬の象徴ともいえる人物であります。
作中において、一切良いところがなく、いろんな問題の元凶的なろくでもないやつそう!それがジャギ!
それなのに比較的人気があるのはなぜでしょう?
yyytr.jpg
それはズバリ仮面を被っているからでしょう!
それは
超人揃いのキャラクターの中でジャギはすごく人間臭いという点にあるのではないでしょうか?
ジャギは北斗神拳伝承者に必要不可欠な「宗家の血」を持ち合わせていないのにほかの三人の化け物と並んで北斗神拳伝承者最終候補に残こりました。
さらに一度ケンシロウに敗れたことで、再戦の為に独学で北斗神拳と並ぶ南斗聖拳を覚えるほどの才能と努力を持ち合わせています。そして、勝つためには手段を選ばない。(自分のアジトに火を付けるほどに・・・。)
圧倒的な才能の前に凡人が努力をし、それでも足りないと手段を選ばず足掻くその結果及ばず現実逃避をして非行に走る。
ジャギの行動は挫折・嫉妬・現実逃避と実に俗世的です。
自分で拳王と名乗り世界征服しようとするラオウ。
悟り開きまくりの聖人トキ。
伝承者になったのに女の取り合いで北斗神拳を途絶えそうになったケンシロウ。
超人揃いの北斗四兄弟のなかで最も共感しやすいのがジャギかもしれません。

ほとんどの人が、人生において一度は挫折し、現実逃避や他人に嫉妬をし、どこにもぶつけようのない怒りややりきれない思いを抱いたことがあると思います。
そういった点においてジャギに共感を覚え、なんだか憎めない存在と思うのがジャギの人気の理由なのかもしれません。
hhh_20160602175334ff3.png
ジャギから学ぶこと~兄より優れた弟なんてありふれている~
ジャギがもし自分の弟であるケンシロウの実力を素直に認めることができていれば、彼の人生はまったく違っていたものになっていたのかもしれません。
人は、自分より年端のいかないものや弱い存在だと認識したものに対して勝手に自分の解釈で自分よりも劣った存在であると相手を評価しにその評価がまるで実際の評価や実力であるかのように思い込む傾向にあります。
例えば、年下である。子供である。女性である。社会的地位が低い。何かの分野において自分よりも劣っている。など
自分で勝手に他人に色眼鏡を掛けて見て、そのもの、その相手の本質も知らずまたは理解しようともせずに決めつけた物言いや評価を下します。
その結果、その相手が自分の想像以上の存在であったり、正当な発言や行動、評価を受けたときに素直に認めることができず勝手に自分の自尊心を傷つけられたと逆上したり、決して認めなかったり、難癖を付けたりします。

子供のほうが時に本質を突いた発言をすることがあります。
あなたが自分よりも劣っていると思っていた相手は実は爪を隠しているだけかもしれません。
全ての人間が同じ経験や生き方をしてきたわけではありません。

そんな狭い視野、狭い了見を持つのはやめませんか?
いつかそんな考え方に足元をすくわれるかもしれませんよ?

 

秋田県ランキングへ
↑1日1クリックで応援お願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
↑1日1クリックで応援お願いします。

悪役の哲学~ひとつ、人の世の生き血を啜り 、ふたつ、不埒な悪行三昧、みっつ、醜い浮き世の鬼を、退治てくれよう~

IMG_1242_20160418202312f1b.jpg
悪役の哲学。
光あるところに影あり。古今東西各ジャンルにおいてメインの主人公がいれば、必ず悪役がセットでいます。
また、フィクションだけでなく、歴史上や実生活においても必ず悪役と呼ばれる存在が居続けています。
あなたの人生を振り返ってみても、悪役とは言わなくてもあなたに敵対する人物、またはあなたの人生の妨げになる人物はいませんでしたか?
悪役の哲学では、悪役たちの性格、趣味嗜好や考え方、その生き方などを考察していきたいと思います。

HIRO92_tukinomieruoka-thumb-1000xauto-18044_2016041823054534c.jpg
昔々あるところに、おじいさんとおばあさんが住んでいました。
おじいさんは、山へ芝刈りに、おばあさんは川へ洗濯へ。
おばさんが川で洗濯しているとドンブラコ、ドンブラコと大きな大きな桃が流れてきました・・・。

hhg.jpg
日本人なら誰もが知っている昔話「桃太郎」
今日はそんな桃太郎についてです。
日本人が誰でも知っている昔話を代表するヒーロー桃太郎は本当に正義の味方なのでしょうか?
皆さん、桃太郎のストーリーはご存知だと思いますが、一応ストーリーを箇条書きでざっくりと。
昔々、子供のいないおじいさんおばあさんが二人暮らしをしていました。
おじいさんが山へ芝刈りに行っている間、おばさんが川で洗濯していると川から大きい桃が流れてくる。

おばあさん、桃を持ち帰る。

家に帰り、桃を割ると中から男の子が生まれる。桃太郎という安易な名前を付ける。

桃太郎すくすく育つ。

大きくなった桃太郎は、鬼ヶ島に悪い鬼を退治しに行くと言う。
育ててくれたおじいさんの芝刈りを手伝ったほうが親孝行ではないかな?

おばあさんは遠足に行く子供にお弁当を渡す感覚で岡山名物きび団子を旅立つ息子に渡す。
桃太郎が「えっ!これだけ・・・。日帰り旅行じゃねえんだぞ。」と思ったかは定かではない。

道端で、動物にきび団子で餌付けをし犬、猿、雉を仲間にする。岡山には現在も野生の猿が住んでるそうです。
現在の契約社員のようなもので、福利厚生皆無、報酬は全てきび団子で支払われ、命の保証はなく、労働者には大変過酷な労働環境である。ブラック企業の先駆けである。
「きび団子一つで鬼退治」これはブラック企業を揶揄する言葉である。

無事。鬼ヶ島に着き、問答無用で鬼を退治。宝を奪う。女子供も関係ないぜ!どっちが鬼だ!

お供を連れ村人が奪われた宝を持ち帰り、幸せに暮らしました。めでたし。めでたし。
「川から桃太郎」とは「棚から牡丹餅」と同じ意味で用入れられる。

etttt.jpg
鬼が悪役で、桃太郎が正義の味方というのが一般的な解釈ですが、桃太郎という昔話は実は賛否両論な意見が昔からあります。
芥川龍之介や福沢諭吉もTHE昔話のヒーロー「桃太郎」を批判しています。
福沢諭吉「桃太郎が鬼ヶ島に行ったのは宝を獲りに行くためだ。けしからん事ではないか。宝は鬼が大事にして、しまっておいた物で、宝の持ち主は鬼である。持ち主のある宝を理由もなく獲りに行くとは、桃太郎は盗人と言うべき悪者である。」
では、そんな桃太郎について検証していきましょう。
ttttg.jpg
知られざる桃太郎のあれやこれや。
IMG_1243_20160418202311f84.jpg
桃から生まれたわけではない。
「桃から生まれた桃太郎」という有名なセリフがありますが、それは子供向けのアレンジで桃太郎は桃から生まれたのではなく(そうだったら、おばあさんに包丁で真っ二つにされています。)おじいさんとおばあさんが桃を食べて、若返り毎晩ハッスルハッスルマッスルマッスルして子供が生まれたというのがオリジナルです。
この話はご存知の方も多いと思います。
これは昔から桃というのは、不老長寿を象徴しているもので、弥生時代より中国の影響を受け,神聖なものとして扱われていたのに由来しているためです。

そのほかに桃そのものが女性であったという説もあります。
おばあさんが拾ってきたのは、大きな桃ではなく、若い娘であった。桃は若い娘のお尻の象徴であります。
子供が出来ず悩んでいたおばあさんは、拾ってきた娘におじいさんの子供を孕ませ、生まれた子供をその娘から取り上げたという内容です。
ドロドロし過ぎて、子供には絶対聞かせられません。
このおばあさんは川で心の洗濯をしたほうがいいと思います。

hhhh.png
なぜ、お供は犬、猿、雉?

あなたは桃太郎です。
あなたなら、鬼退治に連れていく3匹の動物に何を選びます?
そんな心理テストありそうですね。
私なら、アフリカゾウ、コディアックヒグマ、クロサイの重量級メンバーを選びます。
確実にきび団子じゃ無理ですね。課金しなきゃです!
では、桃太郎はなぜ犬、猿、雉を選んだかというと「鬼門」の鬼に対抗して、「裏鬼門」に位置する動物(申(サル)、酉(キジ)、戌(イヌ))を率いたという説陰陽五行説で『桃』は金行に分類される。金行に当てはめられる方位は西で、まさに『申・酉・戌さる・とり・いぬ』の三支がここに分類される説、さらに儒教的解釈では、サルは智、キジは勇、イヌは仁を表し、供を連れて家に帰ることで、鬼から奪った宝だけでなく、智・勇・仁というかけがえのない宝も手に入れたという説という3つの説があるそうです。
ooooo.jpg
実は残虐非道な桃太郎さん

「桃太郎さん~桃太郎さん~♪お腰につけたきび団子~♪一つ私に下さいな~♪」で始まる有名な桃太郎の歌ですが、じつは6番まであり、鬼退治の様子を歌う4番と5番の内容
4番 ねそりゃ進め そりゃ進め
   一度に攻めて(せめて) 攻めやぶり
   つぶしてしまえ 鬼が島(おにがしま)

5番 おもしろい おもしろい
   のこらず鬼を 攻め(せめ)ふせて
   分捕物(ぶんどりもの)を えんやらや

とこのように残虐極まりなく、嗜虐的な桃太郎の一面と一方的な戦闘シーンが語られています。
鬼からしたらある日、突然、動物を従え日本一という旗を指した危険人物が襲ってきて島の民をいたぶり金品財宝を奪い去っていったのです。いい迷惑です。鬼からしたら恐怖しかありません。
桃太郎が正義の味方なのか悪役なのかわからなくなってきましたね。
では、本当の桃太郎の実態が分かったところで、桃太郎のモデルになった人物について書いていきます。
ghgfd.jpg
桃太郎のモデルになった男

桃太郎のモデルとなったと言われる吉備津彦命 (きびつひこのみこと)は古代日本の皇族です。
第七代孝霊天皇の第三子で本名を彦五十狭芹彦命(ひこいさせりびこのみこと)といいます。
日本書紀では吉備津彦命、古事記では大吉備津日子命と呼ばれ、ほかにも吉備冠者(きびのかじゃ)と呼ばれたりもします。
ggggg.jpg
岡山県において昔から広く語り継がれている伝説によると、昔、岡山に鬼がいた。
温羅(うら)と呼ばれるその鬼は、もとは百済(昔、朝鮮半島南西部にあった国)の王子だったとされています。
巨体に赤髪の異様な姿で性格はきわめて凶暴。 現在の岡山県にある吉備津神社から西北へ10キロほどに位置する片岡山に作った「鬼の城」を拠点に、暴虐の限りを尽くして人々を恐怖のどん底に陥れていた。
そして、その鬼の討伐に朝廷から派遣されたのが吉備津彦命である。

吉備津彦命は、犬飼健(いぬかいたける)・楽々森彦(ささもりひこ)・留玉臣(とめたまおみ)という3人の家来と共に鬼を倒し、その祟りを鎮めるために温羅を吉備津神社の釜の下に封じました。
家来である犬飼健を犬、楽々森彦を猿、留玉臣を雉と見立てて(犬以外適当だな。)、この温羅伝説が語り継がれるうちに昔話の「桃太郎」になったと言われています。
無題
桃太郎のモデルになった吉備津彦命は間違いなく傍若無人な鬼に恐れおののく人々を救ったヒーローですね。
それが時代が経つごとに面白おかしく脚色され現在の桃太郎と至ったということですね。
突然、桃から生まれた正体不明の男が動物三匹を連れ、悪の象徴である鬼を倒し、無事に帰還し鬼が村人から奪い取った宝でその後悠々自適に暮らすという話になり、その結果「桃太郎って本当にヒーローなの?」や「鬼ってそんなに悪い事したのかな?」、「動物三匹連れて、鬼退治とか正気じゃない!」と言われるようになってしまいます。

bbbb.png
歴史や古くから伝わることが絶対に正しいとは限りません。
歴史は勝者が語るもので、負けた者は死人に口なし状態で、勝者が賛美される内容で伝わります。
そして、古くから信じられていた事柄でも間違いだった、まったく全然見当違いの事だったという事柄は日常に溢れています。
全ての情報を正確見極めることは不可能です。
もっと身近な話で考えると誰かの噂を人から聞いたとして、それが本当かどうかなど聞かされた人間にはわかりません。
恐らく話してる本人も真実などわからないでしょう。もはや真実かどうかなんてどうでもよく話しているのかもしれません。
それでも、他人にはそれがあたかも真実のように話します。
そして、それだけに飽き足らず、ご丁寧に本来ないはずの尾ひれまで付けて。
自分に被害のない奇抜な話や誰かをあざ笑う話ほど人は好み、そしてそのような話ばかりが広まり、長く人の記憶に残っていきます。

f_20160418232210df3.png
人は自分に被害のない他人の不幸な話を楽しみ、長く娯楽とし続けてきました。
中世ヨーロッパや江戸時代、庶民にとって処刑は最も人気のある娯楽であったそうです。
中世の魔女狩りなんかもその類です。
多くの無害な人間がまったく根拠のない理由で告発され処刑されました。
喜劇王チャールズ・チャップリンは「人生は近くで見ると悲劇だが、遠くから見れば喜劇である。」という言葉を残しています。
人は、人生において繰り返し他人の喜劇の観客と自分の悲劇の主演を演じながら生きているのかもしれませんね。
IMG_1241.jpg

秋田県ランキングへ  
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

↑1日1クリックで応援お願いします。



悪役の哲学~争いの多くは状況のためではなく、人のために起る。~

IMG_4891.jpg
悪役の哲学。
光あるところに影あり。古今東西各ジャンルにおいてメインの主人公がいれば、必ず悪役がセットでいます。
また、フィクションだけでなく、歴史上や実生活においても必ず悪役と呼ばれる存在が居続けています。
あなたの人生を振り返ってみても、悪役とは言わなくてもあなたに敵対する人物、またはあなたの人生の妨げになる人物はいませんでしたか?
悪役の哲学では、悪役たちの性格、趣味嗜好や考え方、その生き方などを考察していきたいと思います。

HIRO92_tukinomieruoka-thumb-1000xauto-18044_201604122125117a3.jpg
日本には八百万の神がおりますが、ギリシャ神話にもたくさんの神が出てきます。
ギリシャ神話の神々のエピソードは人間よりも俗世に塗れたようなエピソードが多いです。
ゼウスはただの色欲ジジイだったり、昼ドラよりもドロドロしてたりどれもなかなか面白いです。
そんなギリシャ神話の中でも、特にろくでもなく人にも神にも嫌われるろくでもない神がいます。
それが今日の主役・戦争を象徴する神アレースです。
無題fg
戦いの神アレースとは?

アレースはゼウスとヘーラー(ギリシア神話に登場する最高位の女神)の子とされています。
オリュンポス山の山頂に住まうと伝えられるオリュンポス十二神の一柱の一人。
本来は戦闘時の狂乱を神格化したもので、恩恵をもたらす神というより荒ぶる神として畏怖される存在
「城壁の破壊者」という中二病患者が好みそうな二つ名を持つ。
知恵、芸術、工芸、戦略を司る女神アテーナーが戦争における栄誉や計略を表すのに対して、アレースは、戦場での狂乱と破壊の側面を表す存在。
その性格は粗野で残忍、かつ不誠実であった。
そりゃ、人に神にも嫌われますね。
唯一、戦神であるアレスが動けば、戦で死人が増え冥界も繁盛したので、冥界の王ハーデスとは交流があったそうです。
ggggh.jpg
キング・オブ・ヘタレ・アレースのヘタレエピソード!
「争いの神」「城壁の破壊者」なんてカッコイイ名前が付いていますが、アレースはヘタレエピソードばかりでアレースが活躍したり勝利したエピソードがほとんど皆無なんです。
gnhjmn.png
ヘタレエピソード1:アレース、浮気が見つかり晒し者になる。

外見だけは神の中でも1,2を争うアレス、人妻である愛の女神アプロディーテーと浮気をする。
そこへ夫のヘーパイストスは透明の網を仕掛けて、二人が裸で抱き合っているところをがんじがらめにして捕まえます。
どこぞのアイドルだった人みたいですね。
ヘーパイストスは、妻が自分には見せない色気を出していたことに怒り、神々を呼んで二人が裸で捕まっているところを見世物にした。
そしてそこに居たアポロンがヘルメスに話しかけた。
アポロン「ヘルメス、君はアプロディーテーに好意を持っているんだから、アレースと代わったら?」
ヘルメス「代わりたいのはやまやまですが、私のはアレース殿ほど、頑丈でも逞しくもございませぬ。」
その会話を聞いて神々は大爆笑したのだった。
下世話な神々たち!
開放されたアレ-スは恥ずかしさのあまり、飛ぶように自宅へ逃逃亡。
その後、アレースには多額の賠償と、謹慎が命じられた。

ヘタレエピソード2:アレース、神なのに人間に刺されて絶叫。
トロイの木馬やカッサンドラの悲劇
などギリシャ神話の中でも有名なトロイア戦争。
戦いの神アレースはトロイアに加勢していた。
アテネの勇姿ディオメーデース(人間)と一騎打ちになったが、アレスはディオメーデースの槍で下腹部を刺され絶叫し倒れてしまう。
戦いの神敗れる・・・。

ヘタレエピソード3:アレース、9歳児により壷に封印される。
海の神ポセイドンと人間の間に生まれた双子のオートスとエピアルテース(二人合わせて通称:アローアダイ)は、9歳になる頃には身長16メートル、肩幅4メートルという大巨人に成長した。
その日、人類は思い出した。ヤツらに支配されていた恐怖を・・・。鳥かごに囚われていた屈辱を・・・。進撃の双生児!!
自らを過信したアローアダイは、傲慢にも神々に戦いを挑んだが、アポロンによって討ち取られた。
しかし、アレ-スは双子に捕まり、縛られ壷に入れられ封印されていて、13ヶ月目にやっとのことで助けだされたときには衰弱して死ぬ寸前だった。
アレースは思い出した。ヤツらに支配されていた恐怖を・・・。壺に囚われていた屈辱を・・・。
ttthh.jpg
唯一まともなエピソード:アレース、世界で最初の裁判の被告になる。
アレースの娘アルキッペーが、ポセイドンの息子ハリロティオースにレイプされそうになっているのを見つけたアレスは、ハリロティオースを撲殺した。
ポセイドン一族は、アレースに何の恨みがあるんだろう・・・。
怒ったモンスターペアレント・ポセイドンはアレースを神々の裁判にかけることを提案し、実行。
そしてアレースの丘で世界最初の裁判が開かれ、世界最初の被告人となったアレースだったが、情状酌量の余地があるとして無罪になった。
それ以来、神々の裁判はアレースの丘で行われることになった。
ooool.jpg
ドラゴンボールでいうヤムチャのようなひどい扱いのアレースですが、ギリシャ神話と対を成すローマ神話では全く違う扱いなのです。
そもそも、ローマ神話は古代ローマで、ギリシア神話は古代ギリシアでそれぞれ伝えられた神話です。
元々は別々の神話だったものが、紀元前6世紀から ギリシアの影響を受けて、ローマ古来の神々をギリシア神話の神々と同一視する「ギリシア語への翻訳」が行われ、現在では神々の名前は違えどほぼ同一化されています。
ローマ神話におけるアレースと同一化されている神は、戦と農耕の神マルース(マーズ)です。
ookjj.jpg
すごいよ!マルースさん!
ローマ神話における戦と農耕の神マルース(マーズ)。
疫病神のように思われて全く良い神話のないアレースに対し、マールスは勇敢な戦士、青年の理想像として慕われ、主神並みに崇拝された重要な神であり、その勇敢さから軍神としてグラディーウゥス(「進軍する者」の意)という異称でも呼ばれる。
旧来の学説では、ローマ人が農耕民族であったため、マールスも元々は農耕神で、勇敢に戦い領地を増やしたロームルス王と像が重なり、後に軍神としても祭られるようになったと考えられていた。
だから、アレースと違い人気者なのですね。
無題
マールスは、天体の火星と同一視され、火星(マーズ)の語源であったり、スペイン語では火曜日を「martes」と呼ぶが、本来は「軍神マルスの日」を意味する語であるそうです。
さらに、マールスの名前はインド・ヨーロッパ語族とは関係のないエトルリア人に崇拝された神マリスを原型としているそうです。
また、男性の武勇や闘争心を表す比喩として用いられたり、軍神の代名詞として用いられる事も多く、性別記号で男性は「♂」と表記されるが、本来はマールスを意味する記号であるそうです。
ほんと、アレースとは大違い。
無題
ルーヴル美術館所蔵の彫刻でデッサンによく使われる石膏像「ボルゲーゼのアレス(英語版)」は、本来ならアレースであるところを「マルス」と呼ばれて親しまれている。
ここまでくるとアレースに同情してしまうのは私だけでしょうか?
yhyhy.png
ギリシャ神話では、ひどい扱いで嫌われもののアレースですが、ローマ神話ではものすごく重要な神として天体の名の元にまでなっています。
同じように、あるところでは嫌われ者であったり、ひどい扱いをされるものや人でも全く違うところや環境になれば力を発揮したり、重宝されるということもあるのかもしれません。
今の現状が良くないからと諦め、現状に絶望するのではなく、自分が輝ける場所、自分の居場所を見つけるために環境や住居を変えてみるのもいいのかもしれません。
人間は長い歴史の中で、多くの変化をして環境に順応してきた動物です。
広い地球、どこかに自分のまだ見ぬ居場所があるのかもしれません。


秋田県ランキングへ 
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
↑1日1クリックで応援お願いします。







悪役の哲学~弱者は強者の糧(かて)となるべき。糧にすらならない弱者は存在する価値すらねえ~

IMG_4881.jpg
悪役の哲学。
光あるところに影あり。古今東西各ジャンルにおいてメインの主人公がいれば、必ず悪役がセットでいます。
また、フィクションだけでなく、歴史上や実生活においても必ず悪役と呼ばれる存在が居続けています。
あなたの人生を振り返ってみても、悪役とは言わなくてもあなたに敵対する人物、またはあなたの人生の妨げになる人物はいませんでしたか?
悪役の哲学では、悪役たちの性格、趣味嗜好や考え方、その生き方などを考察していきたいと思います。
HIRO92_tukinomieruoka-thumb-1000xauto-18044_201604021210003d7.jpg
男性の皆さんは、小学校の頃、学校帰り友達と傘で必殺技の応酬をしませんでしたか?
「アバンストラッシュ!!!」「牙突ッッ!!!」「天翔龍の閃き!!!」「シルバーチャリオッツ!!!」「鬼斬り!!!」
「九頭龍閃!!!」「ブラッディースクライド!!!」「ロイヤルストレートスラッシュ!!!」

お父さんは、傘でゴルフ、男子小学生は傘で必殺技!
これは、18世紀から傘の形があまり変わらぬことに何か関係しているのでしょうか?
kjhgjk.png
そんな数ある必殺技の中でも、男子小学生が傘で真似したくなってやまなかった「るろうに剣心」
本日は、そんな「るろうに剣心」の中でも、最も人気の高い「志々真実(まこと)」について書いていきます。
その人気は、本編開始の1年前を描いた外伝漫画『炎を統べる -るろうに剣心・裏幕-』で主人公を務めるほどです。
yuuj.png
また、原作者の和月伸宏が一番気に入っているキャラクターであり、自身の悪の美学の集大成であると語るほどの愛着ぶりです。
映画では、藤原竜也が演じました。何度もいってるだろ、しんじてくれよーー!あ”あ”あ”あ”ぁ”!
無題
るろうに剣心の簡単なストーリーと志々雄
時代は、幕末から明治、主人公は、左頬に十字傷のある緋村剣心という浪人。幕末に人を殺しまくった通称:人斬り抜刀斎
あることをキッカケに二度と人を殺さない事を誓い維新達成後、逆刃刀(一般人なら平然と撲殺できる鈍器)を腰に差し、日本中を放浪する。
明治・東京で剣術道場を営む神谷薫と出会い居候となったことをきっかけに争いごとに巻き込まれつつ、不殺の精神を守りながら(たぶん何人か死んでるだろ。)悪党を倒していく明治剣客浪漫譚。
無題
剣心が抜刀斎をやめたあと、後任として幕府要人の暗殺に当たっていた2代目人斬り抜刀斎が志士雄真実。
明治維新が成功し、不要になった志々雄を明治政府が抹殺しようとします。
何とか命を取り留めた志々雄ですが、全身にやけどを負い、自分を殺そうとした新政府を倒し日本征服を企みます。
情けない新政府に頼まれ、それを阻止するために剣心や仲間達が志々雄一派に立ち向かうのが、志々雄が悪役として登場する「京都編」です。
tthhg.jpg
弱肉強食の男・志々雄真実
プロフィール
身長:170cm(ちなみに剣心は158㎝)
体重:59kg
生年月:1848年(嘉永元年)8月
星座:獅子座(志々雄だけにね)
出身地:京都府(新京都編では新月村)
血液型:O
好きな言葉:弱肉強食
嫌いな者:弱者
趣味:湯治(やけどに効く湯かな)
流派:我流

yy.png
明治政府打倒と日本征服をもくろむ一大兵団「志々雄一派」の指導者で、特攻部隊「十本刀」を軸とした精強な兵隊、大型甲鉄艦「煉獄」などの強力な兵器を有する一大組織を持つ。
「弱肉強食」を信念にしており、弱者を糧に真の強者が生き残る修羅の世界を志向している。
自身を「極悪人」「何の迷いもなく黒をとる」と語るなど、その存在と行いが悪であると自覚がしている。決して、自分の強さに酔っていない。

維新志士時代は割と男前だったが、戊辰戦争で同志により不意打ちを額に喰らい、昏倒したところに油を撒かれ火を点けられ、全身火傷を負い、以降は包帯を全身に巻いたミイラのような姿となる。
服装も独特で、片肌脱ぎに着崩した藍染の着流しに、革手袋と革靴という和洋折衷の様相をしている。おしゃれ。

全身火傷による発汗機能の死滅が原因で体温調節ができなくなり、常時人間離れした高熱を帯びている。
体が高温になるほど強くなる設定。熱血主人公っぽいな。燃焼系。
「無限刃」という刃を鋸歯状にして殺傷能力を高めつつ、刃に染みこんだ人間の脂肪を大気・刀等との摩擦で発火させる独自開発した刀が武器。
eeee.png
志々雄が愛される理由
全身包帯の極悪非道な志々雄は、なぜ人気があるのでしょうか?
その人気の秘密は、強烈な悪の中にある自分の信念と哲学そして、それを実現する行動力。
あと一歩で失敗に終わっていましたが、国盗りという大きな野望を持ち、それを実現しようとしたまさに革命の指導者であった志々雄。
自らの私怨の為だけなら、新政府を崩壊させて終わりですが、自らの理想とする世界を築くことを目標に掲げるあたりが、志々雄の器の大きさを表しています。
無題
平和になった新政府の時代ですが、幕末のような殺伐としながらも自分自身の力で名を馳せることができた弱肉強食の時代を切望したものも多かったのかもしれません。
この時代背景を考えると志々雄に賛同するものが多くても違和感ないですよね。
そして、圧倒的な力とカリスマ性を持つ志々雄に憧れる男性は多いのではないでしょうか?
同時に、その男気に心酔する女性も多いのではないでしょうか?
作中に出てくる志々雄の側に仕えて身の回りの世話をする妖艶な美女・駒形由美のように。
werthrtt.jpg
弱者を嫌う一方で、力のあるものは、味方でも敵でも認め、自分が悪であることを否定せず認め、決して迷うことなく自らの野望のために行動します。
剣心に敗れ、国盗りに失敗したものの、死後、閻魔相手に地獄の国盗りを行うと宣言し、高笑いを揚げながら本編から退場。かっこいいですね。目指した結果が失敗に終わってしまってもすぐに切り替え、新たな目標を掲げます。理想のリーダー像ですね。
これがカリスマです。
無題
志々雄の掲げる旗が悪でなく、正義のための旗であったらカリスマ溢れる熱い主人公だったのかもしれませんね。
優しい男がモテるといわれる現代ですが、実際は、志々雄のような男気溢れる男のほうが断然モテます。
表面上は、優しく穏やか内面に志々雄のような男気とカリスマ性を持つことができれば成功者になれるかもしれませんね。


最近多い、漫画原作の邦画の中では、三部作の「るろうに剣心」は大きなヒット作となりました。
しかし、三部作の最後だけ、無理やり詰め込んだ感が否めないのが、残念です。
原作であんなに苦戦し、一人ひとり見せ場があった「十本刀」が打ち切り漫画のようにものの数秒で全滅、志々雄一人に四人で同時に挑み、グダグダになりながらなんとか倒す・・・。
見終わった後のこの感じなんだろう・・・。



秋田県ランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
↑1日1クリックで応援お願いします。













Newest

Designed by Akira.
Copyright © 日々の名残り~The Remains of the Days~ All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。