日々の名残り~The Remains of the Days~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

腐敗した果実の方程式

20170626_144020310_iOS.jpg
「腐ったミカンの方程式」という言葉をご存知ですか?

1980年から1981年にかけて放送されたドラマ「3年B組金八先生」の第2シリーズで教師役の武田鉄矢が不良少年の悪影響を例えて言ったセリフで、箱の中に一つの腐ったミカンがあると、他のみかんにも腐敗が広まることから、一人の不良少年がクラス全体に悪影響を与えることを表現しています。

元日本代表監督ジーコが日本代表を揶揄して使っていたことでご存知の方も多いかもしれません。
まぁ決していい意味言葉ではありません。

金八さんが言うように、集団に悪影響を与えるのは果たして本当に一つの腐ったミカンなのでしょうか?

近年のいじめのニュースやパワハラ、セクハラが横行した会社、スキャンダラスな政治家たちから見て取れる不正や不条理な社会を見ていると一個人だけの責任、腐敗だけでは説明がつかないように思います。

もちろんその当事者に責任がないわけではありません。
当事者を庇う気なんてさらさらないければ、ルールを犯した者は罰せられてしかるべきであると思う。

だが、余りにも同じような事件、同じような過ち、同じ悲劇が焼き直したかのように繰り返され過ぎている。
多くの人々が口々に議論し、問題視される事件や大きな社会問題が徐々に「・・・またか。」と何度も繰り返される陳腐なストーリーのように人々の心に刻まれていく。

まるで、何度タイムスリープをして運命を変えようとしてもその運命にあらがうことのできない物語を見るようなそんな心持ちを誰しもの胸に抱かせる。

なぜ、同じように繰り返される。
それは、一個人、一つの小さな異物、一つの腐ったミカンだけの力だろうか?
その一つの異物を取り除けば全てが万事解決する?

そうではないだろう?
現代社会における問題は、一つの腐ったミカンでは片づけられない。

ミカンどころかミカン箱自体が腐敗してるのではないだろうか?
社会の構造、学校の構造、会社の構造、家庭の構造。
そのどこかがおかしいから問題は起こる。
そして、一つのミカンを取り除いたところで、その箱自体が腐敗しているのならば何の意味も果たさなければ、問題解決にもなりはしない。

余りにも、臭いものに蓋をするという行為が横行している。
腐敗した場所を覆い隠すように、ミカンを詰め込みそれによりさらに腐敗は進んでいく。
そんな問題解決では、腐ったミカンを悪戯に増やすだけだ。

腐ったミカンと呼ばれるものが見つかるたびに、何度もミカン箱が腐敗していないか確認する機会はあったはずだ。
しかしそうはしない。
問題を大きくしたくないからだ。
あくまでも、一つの腐ったミカンのせいにする。

いじめがあっても隠蔽する。
不正や不祥事があったら、個人の責任や会社の責任として、その会社そのものや社会全体のものにしようとはしない。
何か事件があれば、犯人は私たち一般人とは違う狂人だと報道する。
そのミカンが腐っていたのですと・・・。

一時の安心感や保身の為に行われる行為により、犠牲者は増え続ける。

決して腐敗しないミカンもなければ、決して退廃・腐朽しない箱などない。


秋田県ランキング
↑1日1クリックで応援お願いします。

にほんブログ村
↑1日1クリックで応援お願いします。














スポンサーサイト

田舎が魅力的である必要性はどこにあるのだろうか?

DSCF244967543_TP_V.jpg
そこら中で議論される都会と田舎の格差問題。
田舎は魅力的ではない。
だから、田舎を魅力的な場所にしよう。田舎の魅力を再発見しよう。

確かに、田舎には都会にない魅力があるのかもしれないが、競う必要、比較する必要性はあるのだろうか?
どうあがいても勝ち目はないのは確かだ。

何もない田舎に、いきなり大型アウトレットモールが建ったとして最初の頃はともかく永続的に人々を引き付けるものになるとは思えない。
あれば、それに越したことはないが・・・。

そもそも、田舎が魅力的である必要性なんて実はそんなないのではないか?
安定・安心・安全それが揃っていれば自然と魅力がない土地、何もない土地でも、人は集まってくる。

不景気で先行きの見えない現代においてもっとも魅力的な言葉は「安心・安全・安定」。
もちろん、そんな考えの人ばかりではない。

事実、都会に出ていく人々は後を絶えない。
都会は魅力的だ。

中には、一度都会に出て行って人でも、故郷に帰ってくることがある。
だが、そのまま故郷に居つく人が全てではない。

都会が魅力的で、田舎に魅力がないからではない。
不便で退屈だからではない。
「安心・安全・安定」がないからだ。

仕事がない。収入が安定しない。
全てはそこにつながる。

例え魅力がない土地でも、これだけネットが普及した時代安定した収入と安心できるコミュニティー、先行きに不安のない安全な未来があるのであればそこが田舎であろうと人は集まり根付くはずだ。

安定した生活をしている人間は自分の住んでいる土地を「ここは何もない土地だからと~」と笑って話せるだろうが、そうでない人間の同じ言葉には悲壮感が漂う。


秋田県ランキング
↑1日1クリックで応援お願いします。


にほんブログ村
↑1日1クリックで応援お願いします。










君が思うよりも他人の人生は素晴らしいものでもないし、君が思っているよりも君の人生は悪いもんでもないよ。

20170611_154022330_iOS.jpg

君が思うよりも他人の人生は素晴らしいものでもないし、君が思っているよりも君の人生は悪いもんでもないよ。  
                                                                   笹崎匠悟

先週からなんだかバタバタ続き!
ようやく書けました。 
そして、何も考えずアドリブで書き殴ってます。

人生はチョコレート箱のようなもの、開けてみるまで中身はわかない。って訳でもないが、予想外の出来事が多々起こる。
日々目まぐるしく運命は変わり、その都度取捨選択を迫られる。
バタフライエフェクトみたいに一つの選択により、簡単に悲劇が起き、奇跡に出くわす。
時間に追われ、時間に支配されて、年々時間の経過は自己ベストを更新する。
そして、気づけば背後に追いすがってくる。
それに追い越されまいと、必死に走り続けているといつの間にか、舞台は暗転。
自分が何を目指し、何のために生きているのか、一体どこがゴールなのか見失う。
NEKOhyoitto_TP_V.jpg
静まり返った舞台で必死に次のセリフを思い出そうとするも、考えれば考えるほどに深みにはまる。
何も言わずこちらをただ見つめる観客の視線が痛い。
舞台袖では、ほかの演者たちも同じようなこちらに視線を送る。
次第に自分の今の状況、今まで積み上げてきたものが、陳腐でありふれた愚にもつかないものに思えてくる。
自分自身を否定し、舞台を降り、この茶番を一刻も早く終わらせたいと願う。
アドリブであろうと何だろうとこのまま演じ続けるか、それとも舞台から降りるのか先ほどとはまるで違う選択に迫られる。
PP150719540I9A0165_TP_V.jpg

きっと、人生の選択に正しい解答なんてないもんはないし、答え合わせなんて無意味なんだろうな。
あのとき、あーしていればなんて言ったところで、ただの負け惜しみでしかない。
今配られたカードで次のゲームに臨むしかないないんだ。


秋田県ランキング
↑1日1クリックで応援お願いします。

にほんブログ村
↑1日1クリックで応援お願いします










もっとも優れた聞き手とは、賢い愚者を演じられる人間だ。

20080127_101057600_iOS.jpg

「もっとも優れた聞き手とは、賢い愚者を演じられる人間だ。」  笹崎匠悟

小学生低学年の時は、足の速さが最も評価される。
中学に上がると、ちょっと悪っぽいか頭の良い人間が評価される。
そして、大学生~社会人で評価されるのがコミュニケーション能力だ。
むしろ、賢く生きていくためにはコミュニケーション能力が必要不可欠となる。

コミュニケーション能力において、もっとも重要なのは「話を聞く力」だ。
それは、ただ黙って話を聞いて、薄笑いを浮かべ返事をしていればいいわけではない。
相手に気持ちよく話をさせるまではいかなくとも、会話が途切れ気まずい思いをしたり、相手に不快感を与えない程度のスキル。

たわいもない話、例えば天気や時事ネタといった、いわば上辺だけの会話ともいわれるものでも短時間の会話ならイケるであろう。
まあ、それだけでは5分や10分が限界だろうが。

話し上手な方なら、自分の話やいくつかの鉄板とも言えるエピソードを持ち乗り切れるだろう。
だが、そんな武器を持たない人はどうするべきなのか?
簡単な話、自分が話し上手ではないと思うのなら、聞き手に回ればいいだけだ。

自分のフィールドではなく、相手のフィールドであくまでも受け身で会話の波に身を委ねればいい。
話下手な人でも、自分の好きなことや得意な分野においては饒舌になることが多いし、相手も気まずい沈黙は嫌だろうから。

人は表に出さなくとも、誰しもが自分を理解してほしい、自分の好きなものはみんなが好きであってほしいなどといった承認欲求を持っている。
そして、それが認められれば誰しも悪い気はしないはずだ。

自分の興味のないものや知らない分野のスピーチを5分間しろ!と言われれば多くの人は無理だと嘆き苦痛を感じるだろうが、大勢の前でなければ自分の好きなこと、興味のあることについてスピーチしろと言われれば大きな嫌悪感を感じることは少ない。

一般的にこのような場合当たり障りのないものから探り探り自分の話をし始める。
そこで重要になるのが聴く力だ。
もしも、自分が話し始めた時に相手が全くその話題に無知だったり、全く興味のない素振りならば、あなたは話を続けるだろうか?
いや、続ける勇気があるだろうか?

答えはNOである。
興味がなくとも、当たり障りのない反応や知らない話題でも興味のある素振りを聞き手がすることで話は続いていく。
それはそれでお互い苦痛ではないとは言い切れないが・・・。

では、想像してほしい。
自分がもしも好きなことや話したい話題を語るときどんな人に聞いてほしいか。
自分に共感してくれたり、自分と同じ意見を持っている人であれば最高であるがそんな人間はごく僅かだろう。
むしろ、辺り一面にそんな人間ばかりなら気持ち悪い。

それに聴く側としても常にそれを求められるのは辛いはずだ。
そんな世の中であるのなら、皆が間違いなく引きこもる。
人と話すハードルが高すぎるもの・・・。

では、次の場合はどうだろうか?

ケース1:相手がその話題や自分の話す内容に全く興味がないまたは、無知である。

興味がない素振りはもちろん、自分が話す内容について全くの無知であれば話すのが面倒になったり、一から説明するのが億劫になってしまうだろう。それに、聞き手にあまりいい印象を感じないだろう。
例えば、幼稚園児に今の日本の政治について話をするか?

ケース2:相手がその話題や自分の話す内容を自分よりも熟知している。

これはこれで、自分の話を得意げに話している優越感がない。または、自分の無知に恥ずかしさを感じてしまうだろう。
例えば、メジャーリーガーの前で自分の草野球の話をできるか?

では、どんな聞き手が良いかと言うと、最低限、話の腰を折らない程度あるいは、話し手が相手に知っているだろうと思い話している内容を持ち合わせつつ、話し手が優越感を感じられる相手である。
それがつまり「賢い愚者」なのである。


秋田県ランキング
↑1日1クリックで応援お願いします。

にほんブログ村
↑1日1クリックで応援お願いします。















ミニマリストについての考察


昨年、ニュースやテレビ、新聞でよく耳にした「ミニマリスト」という言葉。
昨年の流行語大賞にノミネートされるほど話題になりましたが、今年はまったく聞きませんね。
IMG_8042.jpg
そもそも、ミニマリストとは、最低限度の要求を掲げる社会主義のことを指すそうです。

私がメディアで見たミニマリストは、洋服なら同じシャツ、パンツ、ジャケットのセットを3セットしか持たない。
家の中に、テーブル一つだけしか置かない。
そして、その他の物は、必要ないから捨てたと言う自称ミニマリストたちでした。

物が溢れた時代に、あえて必要最低限のものしか置かない。
それがまるで素晴らしいことであるかのように、メディアは取り上げていましたが、私は違和感しか覚えませんでした。
しかし、世の中には、そんなメディアの情報操作に踊らされ、ミニマリストの仲間入りをした人も少なくないのが事実です。
そして、自分たちの生き方こそ正しいと主張し、ミニマリストでない人を意識の低い人間と蔑み、仲間を増やし、メディアもそれに同調していました。
IMG_8038.jpg

消費をしないミニマリストが世間に浸透したら、経済に悪影響を与えることは間違いないはずであるのに、なぜメディアはミニマリストをまるで素晴らしいもののように、取り上げたのでしょうか?

これは、私なりの解釈になりますが、不景気で、物が売れない時代である現代社会において、どんなに素晴らしい新商品があっても、今現在使っているものが壊れてしまわない限り、無駄な消費と考え、新しいものを買いません。
そして、多くの家庭では、一通りの家財、家電を買ってしまえば、そこから消費は少なくなります。
IMG_8043.jpg

ならば、物が溢れた状態をリセットしてしまえばいい。
そうすれば、便利なものに慣れてしまった現代人は、物がない不便さに耐えられず、新たに買い直すだろう。
そのために、利用されたのが、「物を持たない暮らしが素晴らしい」と唄うミニマリストという生き方です。
おそらく、メディアに踊らされ、ミニマリストになった方の多くは、もう既に、物のない不便さに耐え切れず、捨てた物と同量、または、それより多い消費を重ねていることでしょう。
そして、「なくなって初めて、◯◯◯の便利さに気づいたよ。」なんて言いながら自分がまんまと踊らされたことに気づいてか、気づかずか、笑っていることでしょう。

ちなみに、画像の部屋は引っ越し途中の私の部屋です。


秋田県ランキングへ
 ↑1日1クリックで応援お願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
↑1日1クリックで応援お願いします。

Newest

Designed by Akira.
Copyright © 日々の名残り~The Remains of the Days~ All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。