日々の名残り~The Remains of the Days~

蝉しぐれへのカウントダウン

20170524_162543743_iOS.jpg
39度のとろけそうな日~♪炎天下の夢~♪
プレイボール~プレイゲーム~♪

最近ホント暑いですね。
夏の足音が日々近づいている気配がします。
ということで、冷やし中華始めました。
個人的に冷やし中華は、お店で食べるものというよりは、お家で食べる料理という認識です。
20170524_162544681_iOS.jpg
冷やし中華は昭和初期にできた料理であるそうです。
もちろん中国にはありません!
20170524_162545781_iOS.jpg
今日は雨が降り少し肌寒かったので、夕食は「鱈のムニエル」にしました♪

秋田県ランキング
↑1日1クリックで応援お願いします。

にほんブログ村
↑1日1クリックで応援お願いします。
スポンサーサイト

家のなかを整理することは、自分自身を整理すること

まるで貴婦人のようなモモ・・・玉はないけどオスです!

20170520_153858198_iOS.jpg
「家のなかを整理することは、自分自身を整理すること」  カレン・キングストン


なぜ人は、夜中や試験勉強中におもむろに掃除がしたくなるのでしょうか?
そして、縮れ毛は気づいたら部屋に散乱しているのでしょう?

後者は、おそらく妖怪ちぢれ毛散らしの仕業と私は考えます。
江戸時代以降、日本人の小豆消費量が年々低下し始めてたことで、職や生きがいを失った多くの小豆洗いまたは、小豆洗い見習い(一人前の小豆洗いになるのは険しい道のりであることを多くの方はご存知かと思います。)自らの存在意義を失う、あるいは、これから小豆洗いを目指す多くの若人のためにちぢ毛散らしやリモコン隠しへとジョブチェンジしたのでしょう。
詳しくは、「明治維新と小豆洗い」または、「西洋文化が進む日本と豆洗いの歩む」をお読みください。
syumari-img.jpg
なんとなくガスコンロ周りを徹底的に綺麗にしたいと日付が変わる時間帯からお掃除してしまいました。
20170520_154015205_iOS.jpg
ガスコンロ下まで、ピカピカです。スッキリ!
小豆繋がりで、あずきちゃんの本名ってあずきじゃなくあずさちゃんなんですね。
ちなみにあずきちゃんの好きな男の子は勇之助くんです。
そして、今調べたら最終回で勇之助くんと結婚してあずきちゃんは双子の赤ちゃんを産むようです。
f38c3b93970a0888e0169a00ee2e991a.jpg

お部屋スリッパ、スリーコインズで売ってるルームサンダルおすすめです。
20170520_153408209_iOS.jpg
足が蒸れなくて快適♪
明日も暑いみたいですね。
暑くなってくると道端の縁石に腰かけるおばちゃんが大量発生する!それが秋田県の初夏の風物詩です!
それではグンナイ~ヌ☆

秋田県ランキング
↑1日1クリックで応援お願いします。

にほんブログ村
↑1日1クリックで応援お願いします。

釣りをしている夫の姿を見たことのない女房は、自分がどれほど辛抱強い男と結婚したか気がつかない。

20170403_132956000_iOS.jpg
「釣りをしている夫の姿を見たことのない女房は、自分がどれほど辛抱強い男と結婚したか気がつかない。」
エドガー・ワトソン・ハウ
pic_tv03.jpg
今週の日曜日、天気が良ければ仕事関係の方と釣りに行こうかと考えています。
釣りなんて、小学生振りです。
まず確実に釣れないでしょう。笑
20170517_132101000_iOS.png
今のところは降らなさそうです。
もう、20度越えの天気が続き、日差しが眩しくなっていますので、帽子とサングラスは必須ですね。
帽子は好きでよく被るのですが、サングラスってあんまり得意じゃないんですよね・・・。
昔、バイクに乗っていた頃にかけてたくらいで、ここ数年全くかかわりのないアイテムとしていました。
20160130_105318000_iOS.jpg
めちゃくちゃ、偏見ですけど・・・サングラスって日本人で似合う人ってごく少数だと思うんですよ・・・。
だから・・・あまり得意じゃないです。
20160130_105218000_iOS.jpg
でも、絶対眩しいんで欲しいな~(めんどくさい)と思っていたら、ユニクロの今季発売したサングラスが話題だという記事を発見!
20170517_130513831_iOS.jpg
1620円だったので買ってみました。

日本人向けに作っている大きすぎないサイズ感の「ボストンサングラス」
人を選ばない形です。
紫外線カットは99%以上で、反射防止のコーティングがされています。
さらに、ブルーライトも軽減してくれる優れものです。
レンズは、暗すぎないブラックですので、女性ならすっぴん隠しにもいいと思います。
個人的に最近流行りのパーティーピーポーっぽいギラギラしたの苦手なのでちょうどいいです。
20170517_130512731_iOS.jpg
レイバンのサングラスみたいに折りたためるのもポイント高いです。
1620円だし、落として壊してもよいかなと思えるのも安心です。
20170517_130511628_iOS.jpg
よし!釣りに行くときはこのスタイルですね!
うん!チャラい(´・ω・`)



秋田県ランキング
↑1日1クリックで応援お願いします。

にほんブログ村
↑1日1クリックで応援お願いします。

スーパーヤサイ人・・・だと!!!

20170514_061140000_iOS.jpg
久々にランニングしていたら、番犬ならぬ、番猫が!可愛い!
20170515_140202173_iOS.jpg
最近、話題のコスパ最強野菜豆苗買ってみました。
スーパーヤサイ人・・・!カカロット…お前がナンバー1だ…!
20170515_143857739_iOS.jpg
豆苗とは、普通の八百屋さんやスーパーで売られているエンドウの若葉です。
見た目はカイワレ大根みたいな感じで、元々は、中華料理の高級素材です。
20130411_142516000_iOS.jpg
いや、説明します。
なぜ、豆苗がコスパ最強野菜かというと、
豆苗は「かいわれ大根」のように根っこ部分をカットして調理に使うのですが、その根っこの部分を水に浸しておくことで、芽を再生させることができるのです!
ピッコロみたいですね!あっ!ピッコロの腕みたいですね!
↑食品の例えとしては最低の部類です。
20170515_143834705_iOS.jpg
再収穫までの期間は約1週間~10日間ほどですが、うちのはなぜか二日で生えとるよ!怖い!
ちなみに写真のは三回目の豆苗です。
20170515_145222744_iOS.jpg
豆苗が人気の理由は、再生能力の高さだけではありません。
栄養素が豊富なんです。
私の栄養素は53万です!
20170515_143810081_iOS.png
ホウレンソウのおよそ1.2倍のβ-カロテンをはじめ、多くのビタミンを含みます。
それに、女性、特に妊婦さんには必須な葉酸が豊富です!
50gの豆苗で1日のビタミンCとビタミンK、ビタミンAと葉酸の必要摂取量を補えます。

どうです?最強の野菜でしょ!
ただ注意として、回数を追うごとに栄養素が減ることと再生したものは衛生面を考慮して火を通した状態で召し上がってください!
20170515_140204318_iOS.jpg
サラダやスープ、炒め物なんでも使える豆苗。
スーパーで見かけたら買ってみてください!
今日は、ジャーマンポテトに添えてみました。




秋田県ランキング
↑1日1クリックで応援お願いします。


にほんブログ村
↑1日1クリックで応援お願いします。









21世紀の最大の不安定化要因は人口の構造変化である。ただし、先進国における最大の問題は高齢化ではない。少子化のほうである。

「21世紀の最大の不安定化要因は人口の構造変化である。ただし、先進国における最大の問題は高齢化ではない。少子化のほうである。」
ピーター・ドラッカー
 
20170514_140837060_iOS.jpg
4月の調査で、秋田県の人口がついに100万人を切りました。
昨年の人口と例年4月の人口推移を見て、今年の4月には100万人切るだろうなと思ったらやはりそうなりました。
そして、先日の新聞記事によると、人口における子供の割合も過去最低となったそうです。
100万人を切ったことを境に今後さらなる人口減少が進むことは容易に想像できます。

資源に優れた国である北欧では、人口減少しても上手くやっていけているようですが日本ではどうでしょうか?
選挙になると地方創生を連呼していますが、大きな改革が起こったり、大きな改善は期待できるでしょうか?

人口減少は、デメリットばかりではないなんて言う専門家や本をよく見ます。
確かにそうかもしれませんが、少子高齢化とセットになると話は違います。
おそらくデメリットしかありません

人口減少について、県では1970年代は、「ちょうど今くらいの人口だったからむしろ今くらいが自然な形だ」というようなニュアンスの事を言っていますが、その頃に比べると年齢別の人口割合が全く違うので話になりません。
20170513_122729785_iOS.jpg
安易に移住者を迎えるまえに・・・。

人口が減少しているなら、他県出身者やUターンする人を増やさなくては!となるのは自然なことですが、魅力に欠ける・仕事がない状態であれば、仮にたくさんの人が秋田に移住したとしても、穴の開いてるバケツにどんどん水を入れているように人口が減ることはあっても増えることはないでしょう。
どう考えても、穴をふさぐことを最優先にするべきですよね。
20170513_122824801_iOS.jpg
穴をふさぐ=今住んでいる県民の幸福度を上げる。
特に若年層・子育て世代。
言うのは簡単ですが、この課題は非常に難しいですね。

そのために絶対外せないのは、労働環境・企業誘致・教育・育児問題・空き家や余っている土地の利用・団塊世代の年金問題などなど山積みの課題の解決・・・。

たぶん、自分が秋田県に生まれてなかった一生で秋田に行かない確率のほうが高いですもん。
そして、そう思っている人が少なくないのが今の秋田の現状。
20170514_140834877_iOS.jpg

同級生のほとんどが今県外で暮らしているというのが、普通になってしまっています。
今は、地元から出ないで一生を生まれ育った土地で過ごすほうが珍しい事になってしまっているのかもしれません。
秋田が好きで地元に残った人間・親や家族のために秋田に残った人間が不幸になっていくのだけは、避けなければなりません。




秋田県ランキング
↑1日1クリックで応援お願いします。

にほんブログ村
↑1日1クリックで応援お願いします。









Newest

Designed by Akira.
Copyright © 日々の名残り~The Remains of the Days~ All Rights Reserved.