日々の名残り~The Remains of the Days~

人間である限り、誰でも過ちはある。しかし賢者や善人は、自分の過ちや失敗の中から、未来に備えるための知恵を学び取る。

20170723_143704232_iOS.jpg
人間である限り、誰でも過ちはある。しかし賢者や善人は、自分の過ちや失敗の中から、未来に備えるための知恵を学び取る。
哲学者プルタルコス

大きな災害の少ない秋田県にもついに自然の驚異が毒牙を向けた。
20170723_143659821_iOS.jpg
↑秋田市仁井田の様子

ただの鬱陶しい長雨のような雨は一夜にしてそこら中を水浸しにして、公共交通機関や主要道路に影響を与えた。
まさか・・・避難勧告が発生して、全国ニュースになるとは夢にも思わなかった
20170723_143740000_iOS.png
ここ数年の日本列島には大きな気候の変化が起きていることはも違いない。

毎年大規模な水害が起きている。
地震大国に生まれ、地震には慣れている日本人はなぜか地震以外の災害を軽視しがちだ。
20170723_143702021_iOS.jpg
↑秋田市牛島の様子

その証拠に、火災と地震にはしっかりと備えていても、水害が保障されていない家屋の保険に入っている人は案外多い。
20170723_143700925_iOS.jpg
↑大仙市大曲の様子

そもそも、昔の保険では水害が保証されないものが多く、相続で引き継いだり、親の世代が入っていた契約を信じて見直しなどしない人のほうが多いのではないだろうか。

生命保険や自動車保険に比べて、火災保険の見直しを思い立つ人は少ないはずだ。
むしろ、一生においてしない人のほうが多いかもしれない。
20170723_143703120_iOS.jpg
このような水害は、一時の自然が起こした気まぐれではなく、日本の気候の変化に合わせるように今後も同じように起こりうるものであると考えたほうが賢明だろう。

この機会に、水害についての保障を考え直すことは、杞憂的な考えではなく聡明な判断といえるだろう。


秋田県ランキング
↑1日1クリックで応援お願いします。

にほんブログ村
↑1日1クリックで応援お願いします。



スポンサーサイト

エロール・ル・カインの魔術展

20170719_125305274_iOS.jpg
7月11日より、秋田県立美術館で開催している企画展「エロール・ル・カインの魔術展」へ行ってきました。
20170719_125304166_iOS.jpg
エロール・ル・カインは、20世紀の挿絵家で47歳の若さで亡くなるまでに数々の作品を残した彼は、「イメージの魔術師」と言われています。
jhgfdsdfg.jpg
シンガポールに生まれ、インド、香港、日本で幼少期を過ごし、15歳でアニメーションを学ぶためイギリスへ渡り、絵本作家として活躍した彼の作品は東洋と西洋を融合させた幻想的で色彩豊かな美しい世界観を持ちます。
20170719_121931000_iOS.jpg
子供の想像力を駆り立てるだけでなく、大人が読みたくなる芸術性に富んだ繊細な作品は世界中から今なお高い評価を受けます。
20170719_121903000_iOS.jpg
私が子供の頃、見たことのある作品も多数ありました。
エロール・ル・カインが亡くなった1989年は私の生まれた年なので、全く関係ないですが勝手に運命的な何かを感じます。



秋田県ランキング
↑1日1クリックで応援お願いします。


にほんブログ村
↑1日1クリックで応援お願いします。



雨の日は紅茶と良書を片手に、家で過ごすべきです。

雨の日は紅茶と良書を片手に、家で過ごすべきです。 
ビル・ウォーターソン

いつからか子供の頃あんなに憂鬱に感じた雨が嫌いではなくなった。
特にシトシトと静かに優しい雨が降り注ぐ日は心が安らぐ。
20170701_032809370_iOS.jpg
雨で外出が億劫に感じるこの時期は、音楽でも聴きながら読書をしてそのまま眠気に誘われ、微睡とともに眠りにつくのが至福。

先週から今週にかけて悪童日記の続編と最近よく読む恩田陸を読み進めています。
20170704_140753753_iOS.jpg
20170704_140754859_iOS.jpg

週末も家でまったり読書ができればいいな♪

にほんブログ村
↑1日1クリックで応援お願いします。

秋田県ランキング
↑1日1クリックで応援お願いします。


腐敗した果実の方程式

20170626_144020310_iOS.jpg
「腐ったミカンの方程式」という言葉をご存知ですか?

1980年から1981年にかけて放送されたドラマ「3年B組金八先生」の第2シリーズで教師役の武田鉄矢が不良少年の悪影響を例えて言ったセリフで、箱の中に一つの腐ったミカンがあると、他のみかんにも腐敗が広まることから、一人の不良少年がクラス全体に悪影響を与えることを表現しています。

元日本代表監督ジーコが日本代表を揶揄して使っていたことでご存知の方も多いかもしれません。
まぁ決していい意味言葉ではありません。

金八さんが言うように、集団に悪影響を与えるのは果たして本当に一つの腐ったミカンなのでしょうか?

近年のいじめのニュースやパワハラ、セクハラが横行した会社、スキャンダラスな政治家たちから見て取れる不正や不条理な社会を見ていると一個人だけの責任、腐敗だけでは説明がつかないように思います。

もちろんその当事者に責任がないわけではありません。
当事者を庇う気なんてさらさらないければ、ルールを犯した者は罰せられてしかるべきであると思う。

だが、余りにも同じような事件、同じような過ち、同じ悲劇が焼き直したかのように繰り返され過ぎている。
多くの人々が口々に議論し、問題視される事件や大きな社会問題が徐々に「・・・またか。」と何度も繰り返される陳腐なストーリーのように人々の心に刻まれていく。

まるで、何度タイムスリープをして運命を変えようとしてもその運命にあらがうことのできない物語を見るようなそんな心持ちを誰しもの胸に抱かせる。

なぜ、同じように繰り返される。
それは、一個人、一つの小さな異物、一つの腐ったミカンだけの力だろうか?
その一つの異物を取り除けば全てが万事解決する?

そうではないだろう?
現代社会における問題は、一つの腐ったミカンでは片づけられない。

ミカンどころかミカン箱自体が腐敗してるのではないだろうか?
社会の構造、学校の構造、会社の構造、家庭の構造。
そのどこかがおかしいから問題は起こる。
そして、一つのミカンを取り除いたところで、その箱自体が腐敗しているのならば何の意味も果たさなければ、問題解決にもなりはしない。

余りにも、臭いものに蓋をするという行為が横行している。
腐敗した場所を覆い隠すように、ミカンを詰め込みそれによりさらに腐敗は進んでいく。
そんな問題解決では、腐ったミカンを悪戯に増やすだけだ。

腐ったミカンと呼ばれるものが見つかるたびに、何度もミカン箱が腐敗していないか確認する機会はあったはずだ。
しかしそうはしない。
問題を大きくしたくないからだ。
あくまでも、一つの腐ったミカンのせいにする。

いじめがあっても隠蔽する。
不正や不祥事があったら、個人の責任や会社の責任として、その会社そのものや社会全体のものにしようとはしない。
何か事件があれば、犯人は私たち一般人とは違う狂人だと報道する。
そのミカンが腐っていたのですと・・・。

一時の安心感や保身の為に行われる行為により、犠牲者は増え続ける。

決して腐敗しないミカンもなければ、決して退廃・腐朽しない箱などない。


秋田県ランキング
↑1日1クリックで応援お願いします。

にほんブログ村
↑1日1クリックで応援お願いします。














本日は、お日柄もよく

天気がいいので、近所を散歩していると花々が咲いておりました。
20170623_054653148_iOS.jpg
6月と言えばやっぱりアジサイ
20170623_054655329_iOS.jpg
日差しが眩しい晴天
20170623_052715026_iOS.jpg
秋田県、今年は普通に梅雨入りしましたね。
数年前までは、梅雨入りだ~毎日雨だ~って感じでしたが、近年は存在感がなくなってきていますね。

毎日シトシト、ジメジメ降る長雨は少なくなりましたが、突発的なゲリラ豪雨が増えて厄介です。
これは日本の気候がどんどん亜熱帯気候に変わって来ているということなんでしょう。

日本の大半は亜寒帯湿潤気候温暖湿潤気候と四季がある気候帯に分類されていますが、それも今後大きく変わるのかもしれません。

私が願うのは秋田から雪が少なくなることだけです!

天気の話といえば、結婚スピーチの定番「本日は、お日柄もよく」は天気とは関係がないので、外が雨のときに挨拶に使っても差し支えないそうです。
日柄とは空模様のことではなく、六曜のいう吉兆を指しているからです。大安とか仏滅とかの。

秋田県ランキング
↑1日1クリックで応援お願いします。

にほんブログ村
↑1日1クリックで応援お願いします。

Newest

Designed by Akira.
Copyright © 日々の名残り~The Remains of the Days~ All Rights Reserved.